Xiaomi CC9より高性能だけど安くなった『Xiaomi Mi 9 SE』が超絶ねらい目!

Pocket
Facebook にシェア

ついにリリースされたXiaomiのニューブランド発の『Xiaomi CC9』『Xiaomi CC9e』『Xiaomi CC9 Meitu Edition』の3モデル。カメラにフォーカスして若者をターゲットにしています。

『Xiaomi CC9』『Xiaomi CC9e』『Xiaomi CC9 Meitu Edition』いよいよデビュー!全部見せます。

続きを見る

若者をターゲットにする上で一番大切なのは『価格を下げること』です。上位モデル『Xiaomi CC9』より高性能で画面サイズは『Xiaomi CC9e』より(解像度はフルHD+なのでCC9eより画面が綺麗)なのが『Xiaomi Mi 9 SE』。Xiaomiを代表するフラッグシップモデル『Xiaomi Mi 9』の下位モデルとしてリリースされ、ミッドレンジモデルとして爆発的な売り上げを記録しています。

iPhone XSとほぼ同じサイズ感なので、iPhoneからの機種編にもオススメのこのモデル。『Xiaomi CC9』がリリースされた後に感じるお得感は半端ないです。処理能力とカメラ性能で上回ってて、しかもこのデザインで価格が殆ど変わらないってどういうこと!?

Mi 9 SEはMi 9と同時リリースされたミッドレンジモデルで、5.97インチとiPhone Xより少し大き目な有機ELディスプレイを搭載。

有機ELなので、今後ダークモードがトレンドとなるスマホ市場では大活躍間違いなし。電池の持ちが格段に良くなり、目の疲れ軽減に加えクールなビジュアルを手に入れます。

 

また、Mi 9 SEは『Snapdragon 712』を搭載し、Antutuのトータルスコアでは『187,626』というフラッグシップに迫るスコアを記録。

Snapdragon 712は710のアップグレードモデルで、クロック周波数は2.2GHzから2.3GHzに上昇。充電技術には最新のQuick Charge4+を採用。安全かつ超高速な充電環境を実現しています。

そしてMi 9 SEはミッドレンジモデルながらトリプルレンズ。カメラセンサーにはSONYのIMX586をいち早く採用。最新カメラセンサーの搭載により、メインレンズは4,800万画素の超高解像度をサポート。1,300万画素の超広角レンズ(F2.4)と800万画素のズームレンズ(F.2.4)により、ミッドレンジなカメラスマホとしてはかなり高めなスペックに。

さらに忘れてはならないのは、背面に指紋認証がありません。つまり、上位機種のMi 9と同様に、指紋認証はディスプレイ内に埋め込まれています。これだけでフラッグシップ気分。

処理速度、カメラ性能共にフラッグシップ並み、さらにディスプレイ内指紋認証まで搭載したミッドレンジモデル『Mi 9 SE』が緊急プライスダウン。30,000円で手に入るというのだから驚きです。

前述している通り、Xiaomi CCシリーズは若者をターゲットにしているので、価格を下げるためにスペックを全体的に落としています。スペックで上回り価格で安いのが『Xiaomi Mi 9 SE』。カメラスペックSoc性能などにおいてXiaomi CC9より優れます

グローバルモデルを最も買いやすいお店がGearBest。日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません

なので他のオンラインショップより価格は少し高目な筈・・・なのですが、たまにフラッシュセールで他のお店より安く販売していることがあるのです。絶対に買った方が良いタイミングは、Mi 9 SEが『フラッシュセール』になっている時。ただし『フラッシュ』なので、一定数量を超えると、価格がセール価格では無くなるのでご注意ください!

【格安SIM対応状況】

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:△

 

最新の限定セール情報はコチラ

Xiaomiに関する最新情報はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

続きを見る

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.