SIMフリー端末一番人気の『ZenFone Max Pro ( M2 ) 』128GBが数量限定3万切りセール!

Pocket

日本のSIMフリースマートフォン市場で一番人気のZenFone Max Pro ( M2 )。1番人気だけあり大きな値引きはされず、どちらかと言えば品薄状態に。その超人気端末が数量限定で3万切り!しかも安くなるのは128GBモデルです。これは日本からの注文が殺到する事間違いなしです。

※国内モデルに関しては不具合が発生しましたが、グローバルモデルに関しては不具合が起きていません。

※一番人気端末の超限定セール会場へのリンクはこの記事の後半に記載します。

ZenFone Max Pro ( M2 )はどんなスマートフォン?

Snapdragon660によるバランスのとれたコントロール機能

ZenFone Max Pro (M2)はSocにミッドレンジ向けでAI機能が強化されたSnapdragon660を搭載。タスク管理やゲームプレイ時に優れた能力を発揮します。前モデルから比較するとグラフィック性能は33%も向上し、滑らかで美しいディスプレイ表示を実現します。

スタミナスマホ最高レベルの連続駆動時間

バッテリー容量はタブレット並みの5,000mAh。電力消費の激しい動画鑑賞やゲームも思う存分楽しむことが出来ます。ネットを使って調べものが多い時でも電池切れを心配する必要はありません。目安としては、4G接続における最大待ち受け時間は『35時間』、連続通話時間は最大『31時間』、Webブラウジングは最大『23時間』と、電池切れが想像できないレベル。モバイルバッテリー要らずなスマホライフを。

AIカメラで誰でも簡単にベストショット

ZenFone Max Pro (M2)に搭載されたインテリジェントシステムは、カメラを構えるだけで、高度なアルゴリズム分析技術により13種類のシーンから最適な設定を瞬時に導き出します。シャッターを切る度に最高の1枚が撮れるので、これまでは写真に興味が無かった人でも撮影が楽しくなります。

高感度撮影に強いカメラセンサー搭載

カメラセンサーには光の少ない場所での高感度撮影に強いSonyのIMX486を採用。メインレンズはF1.8と明るめ。ピクセルサイズも1.25µmと大きいので瞬間に取り込める光の量が大きくなります。さらにオートフォーカス速度僅か0.03秒の『位相差オートフォーカス』と『電子式手ブレ補正』を組み合わせることで、夜間の手持ち撮影時もブレの少ない鮮明な画像を描写します。

深度測定機能を搭載し距離を正しく測定

深度測定用のカメラを搭載し、ポートレート撮影時には高精度な美しいボケ表現を可能に。被写体と背景の距離をしっかりと捉えることで、ボケが不自然になりません。今使っているスマートフォンで撮った写真の背景ボケが不自然だと感じている人は、深度測定カメラを持ったZenFone Max Pro (M2)をお試しください。

色鮮やかな美しい大画面ディスプレイ

フルHD+解像度(2,280×1,080)の6.3インチ大画面ディスプレイはコントラスト比1500:1。メリハリのあるはっきりとした表示が特徴です。正しい色表示領域を示すNTSC色域は94%。性格な色表現により情報を正しく表示。最大輝度は450nitsで、曇り空など画面が見づらい場面で活躍します。

本格的なスピーカーに専用アンプも搭載

独自の音響技術を採用し、音質にも拘ったZenFone Max Pro (M2)。5つのマグネットスピーカーにメタルボイスコイルの採用で低音も強化。さらにNXP Semiconductors社が開発したスマートフォン用の専用アンプも搭載し、動画や音楽再生時の楽しみはさらに膨らみます。

汎用性が高いトリプルスロット

通常のスロットはMicro SDカードを使うとSIMが1枚しかさせないのに対し、ZenFone Max Pro (M2)はSIM2枚+Micro SDカード1枚での運用が可能。Mico SD カードは最大容量2TBまでサポートするので、高画質な動画を好きなだけ保存して持ち運べます。

Gearbestの超お得な限定セール開催中!ZenFone Max Pro (M2)を最安値でゲットしよう!

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

ZenFone Max Pro (M2)はとにかく日本の電波に強いです。フルバンド対応で国内販売端末と同様に使えます。

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:◎

ZenFone Max Pro (M2) 128GBモデルを数量限定価格で購入

最新の限定セール情報はコチラ

AnkerがTWSの最上位モデルSoundcore Liberty Air 2 Proを発売開始!今なら実質1万円!

AnkerがCES2020で海外リリースしたばかりのTWS最上位モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。日本での発売開始になるのはまだ少し先かと思いきや、なんと1週間も経たぬ ...

ahamo、SoftBank on LINE、povoにもお勧めなOnePlus 8 Proの12GBが83,908円!

通信キャリアの格安プラン、NTTドコモの『ahamo』、Softbankの『SoftBank on LINE』、auの『povo』、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT V』を利用するには ...

AQUOS sense4 Plusが乗り換え特価20,800円で買えるのは1月12日まで!90Hz表示&スナドラ720G

格安SIMの『OCN モバイル ONE』では、1月12日(火)の午前11時まで限定で『AQUOS sense4 Plus』の特別セールを開催中。期間内であれば、Amazonでの販売価格が『50,600 ...

楽天モバイルがRakuten Handの実質0円キャンペーン開始!Antutu27万超え、長時間駆動のスリムスマホがお得

楽天モバイルが1月7日(木)から、『Rakuten Hand』が実質『0円』になるキャンペーンを開始しました。詳細は以下の通り。 キャンペーン開催期間について Web:2021年1月7日(木)9:00 ...

格安SIMのOCNモバイルONEが最大1万3千円のキャッシュバックキャンペーンを開始!1月31日までの期間限定!

NTTコミュニケーションズが運営している『格安SIM』の『OCN モバイル ONE』では、1月5日(火)~1月31日(日)までの期間限定で、最大『13,000円』のキャッシュバックキャンペーンを開催中 ...

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアー ...

Xiaomi POCO X3で楽天モバイルとUQモバイル(au回線)のSIMを使ってみた!設定方法から電波状況まで

先日、久々にグローバルモデルを購入しました。XiaomiのサブブランドPOCOの『POCO X3』です。Socにはハイミッドレンジ用のSnapdragon 732Gを搭載し、スマートフォンの性能を示す ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.