Amazfit GTRのディスプレイ解像度はAppleも驚きの『Retina』だった

Pocket

『326ppi』と聞いて、何のことだか分かる人は少ないでしょう。これはディスプレイの解像度を示す値です。Xiaomiがリリースした新しいスマートウォッチ『Amazfit GTR』の解像度がこの『326ppi』なのです。しかし数字だけ聞いてもピンときませんよね。

最も身近なもので分かりやすいのが、Apple製品のディスプレイ解像度表現に使われている『Retina』です。iPhoneやiPadに使われているディスプレイは、美しく精細なイメージを持たせることから『Retina Display』と名付けられ、Appleユーザーの間にはしっかりと浸透しています。

その『Retina Display』の解像度が丁度『326ppi』なのです。『Amazfit GTR』のディスプレイは、まさに『Retina Display』という事に。いえ、厳密にはそうではありません。

『Amazfit GTR』のディスプレイには有機ELが使われています。『Retina Display』は液晶。つまり『Amazfit GTR』の方が高性能なディスプレイを搭載しているということに。

スマートウォッチのディスプレイ解像度はかなり重要です。低解像度だと単純に目が疲れますし、何よりドットが目立ちすぎて美しくありません。Retina 解像度の『Amazfit GTR』であれば、その心配も不要。

スマートウォッチをこれまで以上に時計らしく。高解像度ディスプレイがそれを実現してくれます。

※数量限定セール会場へのリンクはこの記事の後半に記載します。

Amazfit GTRはこんなスマートウォッチ

Xiaomi AMAZFIT GTRは『革バンドに合うスマートフォンデザイン』を新たに提起。その美しい見た目に留まらず、文字盤デザインにも拘りました。ディスプレイ解像度は326ppi(454×454)と高く視認性も抜群。まさに『デジタル』と『アナログ』の融合です。

『AMAZFIT GTR』は今だけ最安値セール価格からさらに1,100円割引(カートに追加すると割引が表示されます)!元々16,500円程度まで値下がりしており、それでも十分安かったのですが・・・15,399円。安すぎるので在庫がすぐに無くなってしまう恐れが。実際Mi Band 4と同じくらいの勢いで売れてます。

Amazfit GTR スペック

AMAZFIT GTR
ディスプレイ 47mm:1.39インチ
共通:Gorilla Glass 3、AMOLED
サイズ 47 mm:47.2 x 47.2 x 10.75 mm
42 mm :42.6 x 42.6 x 9.2 mm
電池容量
(連続駆動時間)
47 mmモデル:410mAh(24日間)
42 mm:195mAh(12日間)
防水防塵機能 IP68
ソフトウェア Amazfit OS、Android 5.0およびiOS 10以上と互換あり
接続性とセンサー 加速度センサー
GPS/Glonass
気圧センサー
心拍測定(脈波式センサー)
NFC

Amazfit GTRは42mmと47mmの2サイズが用意されています。

どちらのモデルにも強化ガラスのGorilla Glass 3が利用されており、ディスプレイは有機ELです。また、5気圧防水で最大50mの潜水が可能。

42mmモデルは電池容量が少な目なので重さはたったの25.5g。女性に向けられたモデルです。高級感を高めたアルミモデルは36g。47mmモデルはスチール製が36g、チタン製は40gと比較的軽めです。

スマートウォッチとしての豊富な機能。充電要らずな長い連続駆動時間

Amazfit GTRはアウトドアなスポーツシーンに重点を置いて作られており、『加速度センサー』『GPSとGlonass両対応』『気圧センサー』『心拍測定(脈波式センサー)』『NFC』といった様々な機能を搭載。

また、運動に合わせて『水泳』『サイクリング』『ランニング』といった12のカテゴリーに自動調整し、高精度な計測を行います。

47mmモデルは1度のフル充電で最大24日間と1ヵ月近い連続駆動時間を実現。42mmは重さを軽くする為に電池容量を小さめにしていますが、それでも最大12日間は連続利用が可能です。

Amazfit GTRは買いなのか?

最大24日間連続駆動(47mmモデルの場合)する超お洒落なスマートウォッチ。希望する価格とみあえばそれだけで買いでしょう。高度なトラッキング機能に加え位置情報も的確。5気圧防水にも対応と、モニタリング用途としての使い勝手も万全です。『メカっぽくないのでお洒落な恰好にもぴったりはまる』新ジャンルのスマートウォッチです。

Amazfit GTR Smart Watch

More at - https://miot-global.com/ Amazfit GTR smartwatch will be embraced with various sports modes. Moreover, the water-resistance approach will allow you to wear it freely in the rain or swimming. Amazfit GTR Smartwatch will consist of an AMOLED touchscreen for better user-interface.

Gearbestの超お得な限定セールで、最新のガジェットを最安値でゲットしよう!

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

Amazfit GTR(47mm)を数量限定価格で購入

最新の限定セール情報はコチラ

AnkerがTWSの最上位モデルSoundcore Liberty Air 2 Proを発売開始!今なら実質1万円!

AnkerがCES2020で海外リリースしたばかりのTWS最上位モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。日本での発売開始になるのはまだ少し先かと思いきや、なんと1週間も経たぬ ...

ahamo、SoftBank on LINE、povoにもお勧めなOnePlus 8 Proの12GBが83,908円!

通信キャリアの格安プラン、NTTドコモの『ahamo』、Softbankの『SoftBank on LINE』、auの『povo』、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT V』を利用するには ...

AQUOS sense4 Plusが乗り換え特価20,800円で買えるのは1月12日まで!90Hz表示&スナドラ720G

格安SIMの『OCN モバイル ONE』では、1月12日(火)の午前11時まで限定で『AQUOS sense4 Plus』の特別セールを開催中。期間内であれば、Amazonでの販売価格が『50,600 ...

楽天モバイルがRakuten Handの実質0円キャンペーン開始!Antutu27万超え、長時間駆動のスリムスマホがお得

楽天モバイルが1月7日(木)から、『Rakuten Hand』が実質『0円』になるキャンペーンを開始しました。詳細は以下の通り。 キャンペーン開催期間について Web:2021年1月7日(木)9:00 ...

格安SIMのOCNモバイルONEが最大1万3千円のキャッシュバックキャンペーンを開始!1月31日までの期間限定!

NTTコミュニケーションズが運営している『格安SIM』の『OCN モバイル ONE』では、1月5日(火)~1月31日(日)までの期間限定で、最大『13,000円』のキャッシュバックキャンペーンを開催中 ...

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアー ...

Xiaomi POCO X3で楽天モバイルとUQモバイル(au回線)のSIMを使ってみた!設定方法から電波状況まで

先日、久々にグローバルモデルを購入しました。XiaomiのサブブランドPOCOの『POCO X3』です。Socにはハイミッドレンジ用のSnapdragon 732Gを搭載し、スマートフォンの性能を示す ...

MediaTekが6nmのDimensity 1200/1000をリリース!Realmeが搭載モデルのリリースを告知!

昨年QualcommからSocの世界シェア第1位を奪還したMediaTekが、最新モデル『Dimensity 1200』『Dimensity 1100』をリリースしました。両モデルはこれまでMedia ...

AnkerがTWSの最上位モデルSoundcore Liberty Air 2 Proを発売開始!今なら実質1万円!

AnkerがCES2020で海外リリースしたばかりのTWS最上位モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。日本での発売開始になるのはまだ少し先かと思いきや、なんと1週間も経たぬ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.