OnePlus 7のストレージが本当に爆速かテストしてみた!UFS 3.0の実力が明らかに!

Pocket
Facebook にシェア

OnePlus 7にはUFS3.0という世界最新規格であり、最速のストレージが搭載されています。スマートフォンのストレージには元々eMMC(組み込み型マルチメディアカードフラッシュストレージ)が使われていて、UFS自体がそれよりも新しい規格です。そしてそのUFSの中でも最新なのがUFS3.0。まだ搭載されている端末はフラッグシップモデルでも殆どありません。

公表されている数値を見ると、UFS3.0は前バージョンとなるUFS2.1と比較して速度が2倍程度に上がっているとのこと。しかし実際にどうなのか。せっかくなのでテストしてみることに!

OnePlus VS PocoPhone F1 VS Xiaomi Mi 9 VS Redmi Note 7 ストレージ比較

スコアの測定にはPCMARK.for Androidのアプリを利用しています。なんだかOnePlus VS Xiaomiみたいな構図になってしまいました。OnePlus 7、Pocophone F1、Xiaomi Mi 9はフラッグシップなのでUFSですが、ミッドレンジのRedmi Note 7 はeMMCを採用しています。UFSとeMMCの比較を見ても面白いかもしれません。

OnePlus 7 ストレージスコア(UFS 3.0)

Pocophone F1 ストレージスコア(UFS2.1)

Xiaomi Mi 9 (UFS2.1)

※Xiaomi Mi 9はPC MARKのストレージ測定と相性が悪いらしく、何度かエラーになりました。UFS2.1なので1万を超えるスコアが出るはずもなく、正しい数値では無いですね。一部を参考にしてください。

Redmi Note 7(eMMC 5.1)

OnePlus 7、Pocophone F1、Xiaomi Mi 9、Redmi Note 7のストレージ速度を実際に比較してみて

UFS 3.0、UFS 2.1そしてeMMC 5.1との比較となりました。Xiaomi Mi 9のスコアは少しバグってしまってますが、OnePlus 7とPocophone F1を比較すると、UFS 3.0の読み書き速度がUFS 2.1の2倍程度の速度であることが分かります。eMMC 5.1はUFS 2.1から少し劣るスコアに。

UFS2.1とeMMC 5.1のスコアはそこまで大きく離れていませんが、消費電力が大きくなるのはeMMC 5.1です。大きなデータを何度もやりとりすることで電池の減りが早くなるのは明らか。USFは高速+低消費電力というのが特徴です。OnePlus 7が搭載しているUFS 3.0は超高速かつ低消費電力という圧倒的な高性能。使えば使うほどその優秀さを実感できるでしょう。実際に今使ってますけど、本当にコレはちょっと想像以上。凄いです。

OnePlus 7 を最安値突破クーポンで購入するにはコチラから

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

グローバル(インターナショナル)モデルとは

世界の言語に対応したモデルの総称です。もちろん日本語にも対応しています。Googleプレイストアも日本のものが普通に使えます。日本はUIデザインが各社で独自にカスタマイズされていますが、グローバルモデルはとてもシンプルでスタイリッシュなデザインです。雑貨でいうところの『無印良品』的な感じ。コテコテしたデザインが苦手な人にはかなりオススメです。

OnePlus 7 操作画面

OnePlus 7 操作画面

OnePlus 7の詳細はハイパーガジェット通信で! https://gadgets.evolves.biz/

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

OnePlusの端末はとにかく日本の電波に強いです。フルバンド対応で国内販売端末と同様に使えます。同様な筈がありません。国内端末以上に使えます。

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

OnePlus 7シリーズのリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.