OnePlus 7のストレージが本当に爆速かテストしてみた!UFS 3.0の実力が明らかに!

Pocket

OnePlus 7にはUFS3.0という世界最新規格であり、最速のストレージが搭載されています。スマートフォンのストレージには元々eMMC(組み込み型マルチメディアカードフラッシュストレージ)が使われていて、UFS自体がそれよりも新しい規格です。そしてそのUFSの中でも最新なのがUFS3.0。まだ搭載されている端末はフラッグシップモデルでも殆どありません。

公表されている数値を見ると、UFS3.0は前バージョンとなるUFS2.1と比較して速度が2倍程度に上がっているとのこと。しかし実際にどうなのか。せっかくなのでテストしてみることに!

OnePlus VS PocoPhone F1 VS Xiaomi Mi 9 VS Redmi Note 7 ストレージ比較

スコアの測定にはPCMARK.for Androidのアプリを利用しています。なんだかOnePlus VS Xiaomiみたいな構図になってしまいました。OnePlus 7、Pocophone F1、Xiaomi Mi 9はフラッグシップなのでUFSですが、ミッドレンジのRedmi Note 7 はeMMCを採用しています。UFSとeMMCの比較を見ても面白いかもしれません。

OnePlus 7 ストレージスコア(UFS 3.0)

Pocophone F1 ストレージスコア(UFS2.1)

Xiaomi Mi 9 (UFS2.1)

※Xiaomi Mi 9はPC MARKのストレージ測定と相性が悪いらしく、何度かエラーになりました。UFS2.1なので1万を超えるスコアが出るはずもなく、正しい数値では無いですね。一部を参考にしてください。

Redmi Note 7(eMMC 5.1)

OnePlus 7、Pocophone F1、Xiaomi Mi 9、Redmi Note 7のストレージ速度を実際に比較してみて

UFS 3.0、UFS 2.1そしてeMMC 5.1との比較となりました。Xiaomi Mi 9のスコアは少しバグってしまってますが、OnePlus 7とPocophone F1を比較すると、UFS 3.0の読み書き速度がUFS 2.1の2倍程度の速度であることが分かります。eMMC 5.1はUFS 2.1から少し劣るスコアに。

UFS2.1とeMMC 5.1のスコアはそこまで大きく離れていませんが、消費電力が大きくなるのはeMMC 5.1です。大きなデータを何度もやりとりすることで電池の減りが早くなるのは明らか。USFは高速+低消費電力というのが特徴です。OnePlus 7が搭載しているUFS 3.0は超高速かつ低消費電力という圧倒的な高性能。使えば使うほどその優秀さを実感できるでしょう。実際に今使ってますけど、本当にコレはちょっと想像以上。凄いです。

OnePlus 7 を最安値突破クーポンで購入するにはコチラから

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

グローバル(インターナショナル)モデルとは

世界の言語に対応したモデルの総称です。もちろん日本語にも対応しています。Googleプレイストアも日本のものが普通に使えます。日本はUIデザインが各社で独自にカスタマイズされていますが、グローバルモデルはとてもシンプルでスタイリッシュなデザインです。雑貨でいうところの『無印良品』的な感じ。コテコテしたデザインが苦手な人にはかなりオススメです。

OnePlus 7 操作画面

OnePlus 7 操作画面

OnePlus 7の詳細はハイパーガジェット通信で! https://gadgets.evolves.biz/

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

OnePlusの端末はとにかく日本の電波に強いです。フルバンド対応で国内販売端末と同様に使えます。同様な筈がありません。国内端末以上に使えます。

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

OnePlus 7シリーズのリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE(限定セール中)、IIJmio、BIGLOBEモバイ ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE(限定セール中)。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました( ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

NFCに対応するスマートフォンなら1万円台から購入可能!
Visaのタッチ決済が出来るNFC対応のAndroidSIMフリースマホ5選!おサイフケータイ対応モデルより断然安い!

スマートフォンを利用した簡単決済サービスと言えば、代表的なのがおサイフケータイ。しかしおサイフケータイを利用するにはFeliCaチップを搭載したスマートフォンが必要になります。通信キャリアが発売してい ...

moto g30で楽天モバイルのSIMは使えない?使えるようにする超簡単な方法をわかりやすく解説!1GBまでなら0円運用

先日、Motorolaのmoto g30で楽天モバイルのSIMが使えるか試したところ、デフォルトの状態だと4Gアイコンが半透明になり通信不能。 勿論APN設定は完了しています。VoLTEも点灯している ...

OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活!これがラストチャンスの可能性!

5月11日(火)午前11時から発売記念特価SALEをスタートし、その数時間後には品切れになってしまったRedmi Note 10 Proとmoto g30。前回のセールと同様の動きでした。当日中に在庫 ...

Apple Payで使えるようになったVisaのタッチ決済はAndroidでも使える
Apple PayがVisaのタッチ決済に対応!AndroidだとFeliCaチップ非搭載のNFC対応端末で使えちゃう!

Appleが提供するデジタル決済サービスApple PayがVisaのタッチ決済に対応しました。Visaのタッチ決済はレジに用意されているカードリーダーを用いて支払いを行います。一定の利用料金までは暗 ...

日本で発売されているSIMフリースマートフォンの中で最高のコスパを持つRedmi Note 10 Pro
Xiaomi Redmi Note 10 Pro日本発売モデルがお勧めな7つの理由。SIMフリースマートフォンの最高峰!

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proがお勧めな理由その1『スマートフォンではなくカメラとして買っても満足出来るレベルの高画質』2 Redmi Note 10 Proがお勧めな理 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.