OSMO MOBILE 3はiPhone向き!Androidには『OSMO POCKET』『OSMO ACTION』がオススメ

更新日:

Pocket

DJIが、数日前から情報がリークされていた最新式のジンバル(スタビライザー)、『OSMO MOBILE 3』をリリースしました。OSMO MOBILE 3は前モデルと比較して軽量化、さらに折りたたみ式になったことで、課題となっていた持ち運び安さを実現。さらにジンバルを身近なものとしました。

しかしこのOSMO MOBILE、2もそうでしたが、全ての機能を使う為には 「DJI MIMO」という独自アプリの利用が必要に。「DJI MIMO」を使うことで、被写体追従機能『Active Truck』や、コントローラーを使ったスムーズなズームが可能となります。

しかしここで注意が必要なのは、「DJI MIMO」が完全対応しているのは『iOS』のみ。つまりiPhoneが必要に。Androidでは端末により対応が異なり、細かく見ていくとiOS並みに完全対応しているものはありません。なので、正直Androidユーザーにはあまりオススメ出来ないのです。

しかしAndroidユーザーがDJIの高度な動画撮影技術を使えないかと言えばそうではありません。『OSMO MOBILE 3』よりさらに小さくて持ち運び可能な『OSMO POCKET』や、Go Proを独壇場から押し退けた高性能アクションカメラ『OSMO ACTION』があります。

この2つであれば、カメラがついているので単体で撮影が可能。iPhoneに囚われず、Androidユーザーでも思う存分超絶動画を撮影出来ます。編集などに関しても、サードパーティ製のものがいくらでもあるので代用可能です。OSMOがどうしても使いたくなるとiPhone を買ってしまいそうになりますが、そうなるとコスパが悪すぎるのでストップ!

現在『OSMO POCKET』と『OSMO ACTION』は、ハイガジェ祭の目玉商品として、『33,000円程度』という信じられない安さで販売中。Androidユーザーはこちらを購入した方が後々後悔せずにすみます。

ハイガジェ祭は8月20日まで。台数は100台限定で、無くなり次第終了です。

ハイガジェ祭関連リンクはコチラ

Osmo Actionで撮れるオリジナル映画!ハイガジェ祭で33,073円だ!!【100台限定20日まで】

OSMO MOBILE 3はiPhone向き!Androidには『OSMO POCKET』『OSMO ACTION』がオススメハイガジェ祭でOsmo祭りが開催中!『Osmo Action』が台数限定! ...

続きを見る

DJI 『Osmo Mobile 3は405g』『Osmo Pocketは116g』ハイガジェ祭で『33,073円』は100台限定20日まで!!

OSMO MOBILE 3はiPhone向き!Androidには『OSMO POCKET』『OSMO ACTION』がオススメ『軽すぎOsmo Pocket』『驚愕画質Osmo Action』がブッチ ...

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.