OnePlusが今年の後半にニューモデルをリリース!『OnePlus 7T』『OnePlus 7T Pro』か

Pocket
Facebook にシェア

OnePlusは今年の5月14日にフラッグシップモデル『OnePlus 7』と『OnePlus 7 Pro』をリリースしました。OnePlusが2つのモデルを同時に出したのははじめて。

OnePlus 7はOnePlus 6Tのデザインをそのまま採用しつつも、中身は完全に刷新。世界最速ストレージ『UFS 3.0』を採用し、SocもSnapdragon 845から855にアップデート。カメラのソフトウェアもOnePlus 7 Pro用に集められた専門部署が作り込みを行なっていることから、画質もアップデートの度に向上しています。

OnePlus 7 ProはOnePlusの全てを注ぎ込み、他メーカーを圧倒する仕上がりに。ディスプレイには約16億円もの開発費を投じ、有機ELながら90Hzの高速表示に対応。ストレージはOnePlus 7と同じく『UFS3.0』で最速仕様。SocももちろんSnapdragon 855です。

また、ポップアップカメラを採用したことでディスプレイにはノッチが無くなっているので、OnePlusの最高性能を思う存分楽しむにはやはりOnePlus 7 Proを購入すべきでしょう。私は現在OnePlus 7を使っていますが、その性能の高さに魅了されすっかりOnePlusの虜に。そうなるとやはり使ってみたいのはOnePlus 7 Proなのです。

OnePlusのCEO、Pete Lauは、先日行われたインタビュー内で、今年の後半にOnePlusがニューモデルをリリースすることを明らかにしています。このニューモデルは、市場の予想からすると5Gに対応し、Snapdragon 855+を搭載した『OnePlus 7T』『OnePlus 7T Pro』になる可能性が高いです。

5G対応モデルは他メーカーからもリリースされていますが、部品の単価が割高な為か、価格が高騰する傾向にあります。日本ではまだその価格に見合った通信の整備が行われていないので、5Gモデルのコスパは悪い印象です。当分はOnePlus 7 Proがスマホのキングとして降臨することになりそうです。

OnePlus 7シリーズのリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.