XiaomiのDLPプロジェクターは3秒オートフォーカスで楽々設定!20台限定で6万5千円だ!

更新日:

Pocket

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターはココがすごい!

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは面倒なピント合わせも自動で行ってくれる

プロジェクターで動画を見る時に、面倒なのがピント合わせです。微妙にピントがあっていないと、せっかく高画質な機材、データを用意してもモヤっとしてしまい台無しに。Xiaomi Mijia DLPプロジェクターはその面倒なピント合わせをオートで行ってくれます。スマホカメラで写真を撮る時にピントを自動で合わせてくれるオートフォーカス、アレと同じです。しかもオートフォーカス速度は僅かに3秒。3秒で最高の環境が手に入るなんて素晴らしすぎる。これでもうピント合わせに手間取ることはありません。

Xiaomi Mijia プロジェクターは207万枚の極小鏡による高精細で美しい描写能力

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターにはDLP(Digital Light Processing)という技術が使われています。DLPは小さな鏡一つ一つに情報を投射して映像を映し出します。一つの鏡が1ピクセルとカウントされるので、イメージとしては有機ELに近いでしょう。そして鏡の数が増えるほど高解像度ということに。Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは、0.47インチ対角マイクロミラーを207万枚使用。マイクロミラーは毎秒数百万回の反転を繰り返し、細部まで高精細に映像を投射します。

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは最短距離98cmから投影可能

部屋が小さいとプロジェクターの投影可能距離が大きなネックに。Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは最短投影距離が98cm。98cmで40インチの大きさに投影できます。投影距離に応じた投影サイズは以下の通り。

  • 98cm 40インチ
  • 195cm 80インチ
  • 244cm 100インチ
  • 294cm 120インチ
  • 366cm 150インチ

通常のテレビの2倍程度となる80インチは195cm。120インチでは294cmの投影距離が必要です。購入する前に距離を測っておきましょう。

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは部屋が明るくても映画が見れる輝度を実現

プロジェクターで重要になるスペックの一つが輝度です。輝度が低すぎると、昼間に映画を見ようとしても、映像が薄くなってしまい、まともに見ることが出来ません。Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは新たな光路設計を採用し、輝度を5%向上させることに成功。小型サイズながらも最大輝度は800ルーメンに。これは部屋の電気をつけていても映像をしっかり認識できるレベルに相当します。もっとも、せっかく映画を見るのであれば、カーテンを閉めたり電気を消して映画館気分を味わいましょう!その方が没入感も高まります。

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは光源にOSRAM社のLEDモジュールを採用

LEDの寿命は10年間と言われています。勿論最大で10年。それまでに使えなくなってしまう可能性の方が高いです。しかしつけっぱなしにしていて10年です。想像できますか?10年間プロジェクターで映画を見続けるというのは実際に不可能。新しい規格も登場し買い替えもしているでしょう。

ということは、まず寿命を迎えることはあり得ません。買い替えるまでにLEDが寿命を迎えることは無いに等しいでしょう。さらにXiaomi Mijia DLPプロジェクターが採用しているLEDは高品質。ドイツの大手照明メーカーOSRAM社のOsram P1W/Aは、画像の歪みを防ぐ効果も。品質にもとことんこだわるのはスマートフォンだけではありません。

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは120インチの大画面出力に対応

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは投影距離に応じて40インチ~120インチの大画面まで幅広い出力(フルHDの高解像度)に対応。一般的な家のテレビは30~40インチ程度。単純にその3~4倍の大きさで映画を見れることになります。完全に家が映画館に。好きな人にはたまらない環境ですよね。ゲームを出力することだって可能。120インチの超巨大スクリーンでプレイするゲームは、これまでとは違った世界観を得ることができるでしょう。

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターはHDR10規格に準拠

スマートフォンではフラッグシップモデルが対応している『HDR 10』規格。HDR 10に対応することで対応する動画の再生が可能となり、濃淡のクッキリしたハイコントラストな描写を実現します。HDR 10に対応しているプロジェクターと非対応のプロジェクターではその描写力は雲泥の差。HDRに対応していることが、最新のプロジェクターでは必須と言えるかもしれません。それくらいハッキリとした差が出ます。

Xiaomi Mijia プロジェクターは45度の台形補正に対応

台形補正可能な角度は45度。補正できる角度はプロジェクターによって異なるのですが、45度というのはかなり優秀な部類。スクリーンに対して真正面にプロジェクターを置けない場合は、台形補正をかけて歪みを整えましょう。

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは最新チップの搭載により細かい情報をクッキリ明瞭に表示

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターには TI(テキサス・インスツルメンツ)の強力な DLP チップが採用されています。最新チップの搭載により、細かい文字やディティールをより鮮明で明瞭に表示。DLP Cinema® テクノロジーは、アカデミー賞を獲得しており、プロジェクションの分野では常に高い評価を受けています。

Xiaomi Mijia プロジェクターは画質だけじゃなく音もすごい!

HDR 10への対応や最新チップの搭載で画質にとことんこだわっているXiaomi Mijia DLPプロジェクター。本来プロジェクターは写すことがメインなので、本体の音はスカスカなものが多いです。音量も小さく聞けたものでは無いので、殆どの場合は外部スピーカーを別に接続する必要があります。

しかしXiaomiのDLPプロジェクター。やはり他とは違います。2インチの10W出力に対応した高出力なスピーカーを搭載。さらにダブル・パッシブ・ラジエーターを備えることで、伸びのある低音域の再生を可能としています。音響を完備している人は外部出力すれば良いと思いますが、単体でも十分に活躍してくれるでしょう!

Xiaomi Mijia プロジェクターが対応するポート

動画の入力は汎用的なHDMI 2.0ポートを使って行います。また、USBポートのバージョンは3.0。Android OSを搭載しているので、USBメモリースティックを接続して画像や動画を再生することも。さらに3.5mmのオーディオポートはデジタル出力にも対応しています。

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターは買いなのか!?

画質がどうこうというのは関係ないのですが、プロジェクターはインテリアの一つとしても重要な要素を持ちます。正直言ってデザイン性の優れたプロジェクターは殆ど見た事がありません。Xiaomi Mijia DLPプロジェクターはまず見た目が◎。部屋に置きっぱなしにしていても逆にステータスが上がるレベル。

そしてHDR 10に対応しているという、映画好きには無くてはならない基準点をクリア。そして最新のDLPチップの搭載によりさらにその画質はクッキリ鮮やかに。画質については文句の無いレベルでしょう。さらに本格的なスピーカーまで搭載。外部スピーカーを持っていない場合でも、臨場感あふれる音響を楽しむことが出来ます。そして3秒オートフォーカス機能!便利過ぎでしょ。もうこれだけで本当は買い!!!総じてコスパが高いプロジェクターだと思います。

一つ難点があるとすれば、操作画面は中国語のようです。メインは映画を見るためのものなので、操作に慣れてしませば問題は無いですが、最初は少し戸惑うかもしれません。そこさえクリアすればパーフェクト!

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターの仕様

 

ブランド Xiaomi
画面タイプ DLP
解像度 1920 x 1080
入力サポート 4K
最大輝度 3500 lux (800 ANSI lumens)
コントラスト比 500:1
投影距離 0.5 - 4m
出力サイズ 40 - 120 inch
出力比率 16:9,4:3
インターフェース 3.5mm Audio,HDMI,USB
無線規格 Bluetooth、Wi-Fi
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothバージョン bluetooth 4.1
ランプの種類 LED
ランプ出力 70 - 130W
ランプ寿命 30000h
メモリー 2GB DDR3
ストレージ 16G EMMC high-speed flash memory
システム MIUI TV
Androidシステム
Android version 6.0
3D対応
画像フォーマット JPG / PNG / BMP
動画フォーマット MPG / AV / TS / MOV / MKV / DAT / MP4 / VOB
オーディオフォーマット MP3 / WMA / AAC / AC3
電源 200-240V / 50 - 60Hz

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターを最安値で購入するにはコチラから

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

※スマートフォンから入って価格が円表示にならない場合は、PC表示に切り替えてみてください。

※送料が高目に表示される場合は、配達先が『遠隔地』に設定され、転送料が含まれてしまっているからです。受け取りの住所を変更することで送料が大幅に下がる可能性があるので是非お試しください。また、番号により荷物は追跡できるので配達状況の把握も可能。

Xiaomi Mijia DLPプロジェクターを最安値で購入するにはコチラから

最新の限定セール情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.