XiaomiとHuamiはすでに『Mi Band 5』の開発に着手している

更新日:

Pocket

今世界で一番売れているスマートウォッチ、それがXiaomiの『Mi Band 4』です。Mi Band 4はMi Band 3のデザインを踏襲しつつも、ディスプレイが大幅に進化。『カラー』『大型化』『高解像度化』と確実にコストが上がるスペックアップぶり。

カラーディスプレイになり、フェイスデザインを自由自在に変えることも。これがまた楽しいんです。

Xiaomi Mi Band 4 の文字盤をカスタム出来るアプリが登場(超簡単)!

続きを見る

また、カラーになり電力消費が高まるので電池の持ちが短くなりそうですが、そこもしっかり考慮して電池を増量。最大20時間の長時間駆動を実現しています。さらに心拍センサーも刷新。6軸加速センサーも搭載され、水泳時などにより正確なトラッキングが可能になりました。

これだけスペックアップをてんこ盛りにしておいて価格は据え置かれたのだから、そりゃ売れるはずです。

現在Xiaomiと協業関係にあるスマートウォッチメーカーの『Huami』は、すでに『Xiaomi Mi Band 5』の開発に取り組んでいると、HuamiのCEOである『Huang Wang』が公言しています。

Mi Band 5ではカラーディスプレイがさらに進化。電池の持ちや心拍センサーの精度向上が期待されます。家電はどんなカタチであれ必ずスペックアップが求められます。開発をする側からしたら、楽しくもあり苦しくもある環境ですね。待つ側は期待しかありませんが!

現在開催中のハイガジェ祭ver.2+では、Xiaomiのスマートウォッチが大幅にプライスダウンする専用クーポンを配布しています。スマートウォッチを欲しいと思っている人には是非みてほしい!必ず欲しいモデルがみつかります!ハイガジェ祭は8月31日まで。

ハイガジェ祭 Ver.2+の会場はコチラ

Osmo Pocket / Osmo Actionが復活!Xiaomiの時計が大量追加!ハイガジェ祭 は今日まで!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.