XiaomiとHuamiはすでに『Mi Band 5』の開発に着手している

Pocket
Facebook にシェア

今世界で一番売れているスマートウォッチ、それがXiaomiの『Mi Band 4』です。Mi Band 4はMi Band 3のデザインを踏襲しつつも、ディスプレイが大幅に進化。『カラー』『大型化』『高解像度化』と確実にコストが上がるスペックアップぶり。

カラーディスプレイになり、フェイスデザインを自由自在に変えることも。これがまた楽しいんです。

Xiaomi Mi Band 4 の文字盤をカスタム出来るアプリが登場(超簡単)!

続きを見る

また、カラーになり電力消費が高まるので電池の持ちが短くなりそうですが、そこもしっかり考慮して電池を増量。最大20時間の長時間駆動を実現しています。さらに心拍センサーも刷新。6軸加速センサーも搭載され、水泳時などにより正確なトラッキングが可能になりました。

これだけスペックアップをてんこ盛りにしておいて価格は据え置かれたのだから、そりゃ売れるはずです。

現在Xiaomiと協業関係にあるスマートウォッチメーカーの『Huami』は、すでに『Xiaomi Mi Band 5』の開発に取り組んでいると、HuamiのCEOである『Huang Wang』が公言しています。

Mi Band 5ではカラーディスプレイがさらに進化。電池の持ちや心拍センサーの精度向上が期待されます。家電はどんなカタチであれ必ずスペックアップが求められます。開発をする側からしたら、楽しくもあり苦しくもある環境ですね。待つ側は期待しかありませんが!

現在開催中のハイガジェ祭ver.2+では、Xiaomiのスマートウォッチが大幅にプライスダウンする専用クーポンを配布しています。スマートウォッチを欲しいと思っている人には是非みてほしい!必ず欲しいモデルがみつかります!ハイガジェ祭は8月31日まで。

ハイガジェ祭 Ver.2+の会場はコチラ

Osmo Pocket / Osmo Actionが復活!Xiaomiの時計が大量追加!ハイガジェ祭 は今日まで!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

ハイガジェ注目トピックス

楽天スーパーDEALに最新モデルmoto g PRO、moto g9 playが登場。モトローラスマホ祭り状態に!

ReadMore

楽天お買い物マラソンがスタート!OPPO Reno3 A、OPPO Reno AがスーパーDEALに!凄い還元率だ!

ReadMore

省エネ思考なら『OPPO A73』『OPPO Reno3 A』がお勧めな理由。有機ELディスプレイを目一杯活用しよう!

ReadMore

ブラックフライデー、サイバーマンデーでFire TV StickとEcho買った人は今すぐホームシアター接続!音が劇変!

ReadMore

NTTドコモがahamoを投入しても格安SIMの構図は大して変わらない理由。響くのは極一部。20GBで値下げは意味なし!

ReadMore

4日20時からポイント最大44倍の楽天お買い物マラソン!買いまわりはスマホアクセがお勧め!iPhoneやiPadもお得に

ReadMore

SHARP AQUOS sense 4着弾!Antutuスコアはミッドレンジごぼう抜き!凄いのは処理能力だけじゃなかった

ReadMore

今なら6万円台のZenFone 7とiPhone 12 miniのメイン性能を比較!買うべき5G対応スマホはどっちだ!

ReadMore

オリコン格安SIM満足度調査でBIGLOBEモバイルが1位を獲得!契約月は通信利用料金無料!一番オトクなのは今だ!

ReadMore

最高のレジェンドスマホOPPO Reno Aが未だに現役バリバリな理由とは。23日までは5300円!過去最安値で買える!

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.