XiaomiとHuamiはすでに『Mi Band 5』の開発に着手している

更新日:

Pocket

今世界で一番売れているスマートウォッチ、それがXiaomiの『Mi Band 4』です。Mi Band 4はMi Band 3のデザインを踏襲しつつも、ディスプレイが大幅に進化。『カラー』『大型化』『高解像度化』と確実にコストが上がるスペックアップぶり。

カラーディスプレイになり、フェイスデザインを自由自在に変えることも。これがまた楽しいんです。

Xiaomi Mi Band 4 の文字盤をカスタム出来るアプリが登場(超簡単)!

続きを見る

また、カラーになり電力消費が高まるので電池の持ちが短くなりそうですが、そこもしっかり考慮して電池を増量。最大20時間の長時間駆動を実現しています。さらに心拍センサーも刷新。6軸加速センサーも搭載され、水泳時などにより正確なトラッキングが可能になりました。

これだけスペックアップをてんこ盛りにしておいて価格は据え置かれたのだから、そりゃ売れるはずです。

現在Xiaomiと協業関係にあるスマートウォッチメーカーの『Huami』は、すでに『Xiaomi Mi Band 5』の開発に取り組んでいると、HuamiのCEOである『Huang Wang』が公言しています。

Mi Band 5ではカラーディスプレイがさらに進化。電池の持ちや心拍センサーの精度向上が期待されます。家電はどんなカタチであれ必ずスペックアップが求められます。開発をする側からしたら、楽しくもあり苦しくもある環境ですね。待つ側は期待しかありませんが!

現在開催中のハイガジェ祭ver.2+では、Xiaomiのスマートウォッチが大幅にプライスダウンする専用クーポンを配布しています。スマートウォッチを欲しいと思っている人には是非みてほしい!必ず欲しいモデルがみつかります!ハイガジェ祭は8月31日まで。

ハイガジェ祭 Ver.2+の会場はコチラ

Osmo Pocket / Osmo Actionが復活!Xiaomiの時計が大量追加!ハイガジェ祭 は今日まで!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.