OnePlusがテレビ事業に参入!9月のリリースが確定!フラッグシップクオリティが炸裂か!

Pocket
Facebook にシェア

フラッグシップスマートフォンメーカーのOnePlus。そのOnePlusがテレビ市場に参入するという噂が最近後を絶ちません。そしてついに、OnePlusのCEOである『ピート・ラウ』がテレビ開発事業に取り組んでいることを公式フォーラム内で認めました。

ラウ氏によれば、テレビサービスの開発は非常にやりがいのあるものだとしています。さらに、最初の発売先をインドに選んだ理由は国内のコンテンツプロバイダーとの関係性にあるとのこと。インドは人口の多い国なので、コンテンツプロバイダーとうまく取引をできれば、一気に莫大な利益を得ることが出来るでしょう。

OnePlusは世界で2番目に巨大なインド市場においてすでにフラッグシップモデルのシェアは第一位。テレビ事業で成功することによって、企業としての認知度も上がります。

ラウ氏はインド市場で成功した場合、さらにサービスを北米、ヨーロッパ、中国と拡大する予定。さらにテレビ自体は素晴らしい画質と音質を提供できるとし、デザインも最高のものになると述べました。

スマートフォンにおいてすでに最高のディスプレイと完成されたデザインを提供しているOnePlus。その技術を活かしたOnePlus TVのクオリティはいかに!公式からの情報で、OnePlus TVは9月にリリースされることが確定しています。楽しみですね!

OnePlusが発売している最高のフラッグシップモデル『OnePlus 7』と『OnePlus 7 Pro』が現在超限定セール中です。最近スマートフォンのコストが上がる中での限定セール。今後値段が上がる可能性も否定はできません。この価格で購入できるチャンスは当分無いかも!?

OnePlus 7、OnePlus 7 Proのセール情報はコチラ

そのスマホ最速につき。ハイガジェ専用クーポン投下で12GBモデルが30台限定で最安値に。

続きを見る

そのスマホ最高につき。OnePlus 7 Pro 256GBが7万セール開始!限定50台。手に入れるラッキーは誰だ!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.