Xiaomi Redmi Note 8に搭載されるSocはHelio G90だと!?ゲーミングカメラスマホの誕生か

Pocket
Facebook にシェア

これはちょっとすごいニュースが飛び込んできました!8月29日にXiaomiのサブブランド『Redmi』がリリースする『Redmi Note 8』『Redmi Note 8 Pro』。その両モデルに搭載されるSocが完全に予想外のものに。

Redmi Noteシリーズに搭載されてきたSocはQualcomm社のSnapdragonシリーズです。Redmi Note 7シリーズに搭載されたのも勿論Snapdragonです。今回も当然その流れが継続すると思われていました。しかし!その予想を打ち砕く情報を公開したのが、台湾の半導体メーカー『Media Tek』です。

『Media Tek』はQualcommとHuaweiに次ぎ、スマートフォン市場においてSocでは3番目のシェアを持ちます。Media TekのSocイメージはメインモデルに使われているイメージはなく、どちらかと言えばコストを抑えるために搭載されていたというのが正しいでしょう。性能的にもSnapdragonやKirinより少し劣っていたのは事実。

しかし新たに開発された最新Soc Helio G90シリーズは、Qualcommのハイミッドレンジ用SocとなるSnapdragon 730を上回るパフォーマンスを上回るとしています。実際Antutuのトータルスコアは22万台。そもそもゲーミングスマホを目的として作られているSocなので、処理能力は極めて高いのです。そしてRedmi Note 8に搭載されればゲーミングカメラスマホが誕生することに。これはやべぇ・・・

Snapdragon 730のAntutuトータルベンチマーク

Helio G90トータルベンチマーク

リークされているスコアはHelio G90のものなので、クロックアップモデルとなるHelio G90Tではもう少し高目のスコアになることが予想できます。

今までSnapdragonとKirinの影に隠れていたHelioですが、Redmi Note 8シリーズに搭載されて爆発的な売り上げを上げれば、一気にスターダムに上り詰める可能性も。5Gモデム一体型のSocをいち早く開発するなど、動きが活発化しているMedia Tek。Xiaomiと共に次のレベルに到達できるか!

最新の数量限定セール情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.