iPhone XS Maxを凌ぐ性能。Androidスマホが3~4万で買えるって知ってた?

Pocket

iPhoneは最も高性能なスマートフォン・・・でした。iPhone 8くらいまではそうだったかもしれません。なので価格も高くて当然。iPhoneさえ買っていれば間違いなしというのもあながち間違ってはいなかったんです。

しかしスティーブジョブズの没後、どうも様子がおかしいApple。急激に方向性を見失ったというか、開発力にも陰りが見え始めました。逆にGoogle擁するAndroid、最も強力なSocとなるSnapdragonが一気に攻勢を強めます。XiaomiやOnePlus、Samsungといったスマートフォンメーカーがさらにその力を巨大なものに。ついにiPhoneを抜き去りました。

そしてハイスペックな部品の大量生産体制さえ整ってしまえば価格がどんどん下がります。iPhoneを遥かにしのぐ高性能モデルが、Xiaomiブランドであれば3万台で買うことが出来ます。安かろう悪かろうでは無いんです。沢山売っているからこそできる高品質、低価格。Xiaomiのフラッグシップモデルは、ユニクロが出すドメスティックブランド的なイメージでしょうか。

iPhone1強時代はとっくに終わっています。パソコンだって色々なメーカーが使われる時代。スマートフォンだって一緒です。価値のあるものを選びましょう!

※記事の後半にiPhone XS Max以上の性能を持つフラッグシップモデルのセールリンクを掲載しています。

スマートフォンの性能を明確に分かりやすく知りたいならAntutuベンチマークが一番

世界で一番有名な、スマートフォンの性能を知る上で参考になるベンチマークが『Antutu』です。なぜそのスコアがそこまで評価されているのかというと、Antutuのスコアはハードウェアとなる『Soc(CPU/GPU)』『メモリ/ストレージ』『UX(作業スピード/使いやすさ)』をトータルで数値化してくれるからです。

車と運転手の両方が優秀でこそはじめて最高速度で走ることが出来る

ハードウェアを車とすると、ソフトウェアは運転手です。車が最高スペックのものでも、運転手が優秀じゃなければレースで勝つことは出来ません。車と運転手両方が優秀、つまりスマートフォンとして最も優れているという証明をしてくれるのがAntutuのベンチマークなのです。

今回は現在Antutuがサイトで公開しているランキングを元に、スマートフォンの価格と性能を調べていきたいと思います!せっかくなので、iOSとAndroid混合で。

Android Antutuトータルスコアランキング(世界市場)

iOS Antutuトータルスコアランキング(世界市場)

上記が8/26時点でAntutuが公開している最新のランキングになります。iPad系はタブレットなので別枠と考えて、スマートフォンのみで順に並べていましょう。価格に関しては最低容量モデルの最安値を参考にすることに。

Android/iOS Antutuトータルスコア TOP10(価格あり)

【1】OnePlus 7 Pro 371,610 65,339 円(6GB/128GB)
【2】Xiaomi Mi 9 369,572 36,395 円(6GB/64GB)
【3】Xiaomi Black Shark 2 36,6874 53,784 円(6GB/128GB)
【4】Xiaomi Redmi K20 Pro(中国版、グローバルモデルはXiaomi Mi 9T Pro) 365,410 43,199 円(6GB/64GB)
【5】OnePlus 7 363,673 48,599 円(8GB/256GB)
【6】iPhone XS 351,647 105,000円(4GB/64GB)
【7】iPhone XS Max 351,179 116,854 円(4GB/64GB)
【8】Xperia 1 346,054 103,032 円(6GB/64GB)
【9】LG ThinQ 5G 340,433 104,850円(6GB/128GB)
【10】iPhone XR 340,199 86,800円(3GB/64GB)

Xiaomi Mi 9のコスパが高すぎることが明らかに

TOP10は上記のようになりました。Xiaomiの圧倒的な安さが浮き彫りに。iPhoneやXperia比較だと3分の1程度ということになります。そしてOnePlusは最新モデル2モデルがどちらもTOP5に入るという強さ。しかしこれだけ安いと品質が心配になる人が多いと思いますが、そういう人にこそ一度Xiaomiの端末を使ってみていただきたい。1台使えば不安は吹き飛びます。私もそうでした。

グローバルモデルは完全日本語対応。アプリストアも日本と同じに使える

まずグローバルモデル自体使ったことが無かったので、そもそも日本語表示になるのかわからなかったですし、Googleのアプリストアが日本で売ってるスマートフォンの様に使えるのかもわからない。SIMもそうです。

今はグローバルモデルしか使わなくなったので、結論から言うとグローバルモデルは日本語表示対応。Googleのストアも当然日本語で使えます。SIMはSoftbank回線の格安SIMが最強で、その次がdocomoですね。auに対応しているかは端末によりけりといった感じです。

上記のランキングに入っている端末で、クーポンが配布されているものが数モデルあります。限定クーポンなので限定枚数に達すると使えなくなります。その点はご了承ください。

AntutuスコアランキングTOP 10スマートフォン用クーポン&セール情報

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

グローバル(インターナショナル)モデルとは

世界の言語に対応したモデルの総称です。もちろん日本語にも対応しています。Googleプレイストアも日本のものが普通に使えます。日本はUIデザインが各社で独自にカスタマイズされていますが、グローバルモデルはとてもシンプルでスタイリッシュなデザインです。雑貨でいうところの『無印良品』的な感じ。コテコテしたデザインが苦手な人にはかなりオススメです。

クーポンコードの入力方法 【GoogleかFacebookアカウントを使って購入する場合】

スマートフォンとパソコンからでクーポンコード入力までの操作が若干異なります。パソコンでの操作の方が分かりやすいので、スマートフォンでも出来れば『PC表示』に切り替えてご利用ください。

  1. スマホの場合PC表示に切り替える
  2. クーポンコードをコピー
  3. セール会場への掲載リンクへアクセス
  4. カートに追加を選択
  5. 右上のサインインからGoogleかFacebookのアカウントにログイン
  6. カートを選択
  7. 購入する製品にチェックを入れる
  8. 清算に進むを選択
  9. クーポンを使うを選択し、クーポンコードを入力して適用
  10. 注文する

※スマートフォンから入って価格が円表示にならない場合は、PC表示に切り替えてみてください。

※送料が高目に表示される場合は、配達先が『遠隔地』に設定され、転送料が含まれてしまっているからです。受け取りの住所を変更することで送料が大幅に下がる可能性があるので是非お試しください。また、番号により荷物は追跡できるので配達状況の把握も可能。

OnePlusのスマートフォンはコチラ

OnePlus 7 Pro 6GB/128GBを最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

OnePlus 7 Pro 6GB/128GB(灰)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

OnePlus 7 Pro 8GB/256GB(青)を最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

OnePlus 7 Pro 8GB/256GB(青)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

OnePlus 7 Pro 12GB / 256GB(青)を最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

OnePlus 7 Pro 12GB / 256GB(青)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

OnePlus 7 8GB / 256GB(灰)を最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

OnePlus 7 8GB / 256GB(灰)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

OnePlus 7 8GB / 256GB(赤)を最安値で購入する

 

【格安SIM対応状況】

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

OnePlus 7 8GB / 256GB(赤)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

OnePlus 7 P 12GB / 256GB(灰)を最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

OnePlus 7  12GB / 256GB(灰)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

Xiaomiのスマートフォンはコチラ

クーポンが更新されました!今なら最安値で手に入れるチャンス!!!クーポンはすぐに無くなりますよ!

Xiaomi Mi 9 6GB / 64GB(黒)を最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:△

Xiaomi Mi 9 6GB / 64GB(黒)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi 9 6GB / 64GB(青)を最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:△

Xiaomi Mi 9 6GB / 64GB(青)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi 9 6GB / 128GB(青)を最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:△

Xiaomi Mi 9 6GB / 128GB(青)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi 9 6GB / 128GB(黒)を最安値で購入する

【格安SIM対応状況】

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:△

Xiaomi Mi 9 6GB / 128GB(黒)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi 9T Pro(青) を最安値で購入する

Xiaomi Mi 9T Pro(青)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi 9T Pro(赤) を最安値で購入する

Xiaomi Mi 9T Pro(赤)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi 9T Pro(黒) を最安値で購入する

Xiaomi Mi 9T Pro(黒)が最安値になる超限定クーポンコードをコピーする

 

最新の限定セール情報はコチラ

ahamo、SoftBank on LINE、povoにもお勧めなOnePlus 8 Proの12GBが83,908円!

通信キャリアの格安プラン、NTTドコモの『ahamo』、Softbankの『SoftBank on LINE』、auの『povo』、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT V』を利用するには ...

AQUOS sense4 Plusが乗り換え特価20,800円で買えるのは1月12日まで!90Hz表示&スナドラ720G

格安SIMの『OCN モバイル ONE』では、1月12日(火)の午前11時まで限定で『AQUOS sense4 Plus』の特別セールを開催中。期間内であれば、Amazonでの販売価格が『50,600 ...

楽天モバイルがRakuten Handの実質0円キャンペーン開始!Antutu27万超え、長時間駆動のスリムスマホがお得

楽天モバイルが1月7日(木)から、『Rakuten Hand』が実質『0円』になるキャンペーンを開始しました。詳細は以下の通り。 キャンペーン開催期間について Web:2021年1月7日(木)9:00 ...

格安SIMのOCNモバイルONEが最大1万3千円のキャッシュバックキャンペーンを開始!1月31日までの期間限定!

NTTコミュニケーションズが運営している『格安SIM』の『OCN モバイル ONE』では、1月5日(火)~1月31日(日)までの期間限定で、最大『13,000円』のキャッシュバックキャンペーンを開催中 ...

置きやすい画面付スマートスピーカーEcho Show 5がAmazonの初売りで5,980円!テレビ電話も楽しめる!

ついにスタートした2021年。Amazonでは年が明けて間もないにも関わらず最大級のセールイベント『初売り』がスタートしています。『初売り』には2020年に行われた『プライムデー』で最も売れたAmaz ...

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

AnkerがANC対応TWS、Soundcore Liberty Air 2 Proをリリース!本気度MAXな仕上がりに

バッテリーメーカーとしても有名なAnkerが、TWSの最新モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』をリリースしました。 Soundcore Liberty Air 2 Proは ...

Xiaomi Redmi K40シリーズはDimensity搭載モデルも登場するぞ!1月20日の最新Soc発表に注目

Snapdragon 888を搭載し、2月中にリリースされる事が公式にアナウンスされているXiaomiのサブブランドRedmiの最新シリーズ『K40』。同社のゼネラルマネージャーLu Weibingは ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.