あのOnePlus 7 Pro(8GB/256GB)が7万切ってるとか。これ過去最安値でしょ!

更新日:

Pocket

スマートフォンの性能を表す世界一有名なベンチマークアプリ『Antutu』で世界一のスコアを獲得している最強のスマートフォン『OnePlus 7 Pro』。使っている人のレビューを見ると総じて絶賛の嵐。Galaxy Sシリーズから乗り換えた人をも圧倒的に満足させるクオリティ、そしてコスパ。

スナドラ855を搭載しているという意味で一番コスパが高いのはXiaomiの『Mi 9』でしょう。しかしストレージやディスプレイ性能、トータルで見るとやはりOnePlus 7 Proは他のスマートフォンの群を抜きます。フラッグシップだけを作り続けたら頭一つ抜け出してしまいました。この後の記事で書いていますが、iPhoneと比較してもその強さは圧倒的です。

最高のスマートフォンの、しかも8GB/256と容量も十分な1番人気モデルが『7万』より安いんです。流石に安すぎる。毎日使うことを考慮すれば十二分に元がとれる価格です。はじめて使ったら誰もが感動するスマートフォンブランドOnePlus。

スマートフォンの性能を明確に分かりやすく知りたいならAntutuベンチマークが一番

世界で一番有名な、スマートフォンの性能を知る上で参考になるベンチマークが『Antutu』です。なぜそのスコアがそこまで評価されているのかというと、Antutuのスコアはハードウェアとなる『Soc(CPU/GPU)』『メモリ/ストレージ』『UX(作業スピード/使いやすさ)』をトータルで数値化してくれるからです。

車と運転手の両方が優秀でこそはじめて最高速度で走ることが出来る

ハードウェアを車とすると、ソフトウェアは運転手です。車が最高スペックのものでも、運転手が優秀じゃなければレースで勝つことは出来ません。車と運転手両方が優秀、つまりスマートフォンとして最も優れているという証明をしてくれるのがAntutuのベンチマークなのです。

今回は現在Antutuがサイトで公開しているランキングを元に、スマートフォンの価格と性能を調べていきたいと思います!せっかくなので、iOSとAndroid混合で。

Android Antutuトータルスコアランキング(世界市場)

iOS Antutuトータルスコアランキング(世界市場)

上記が8/26時点でAntutuが公開している最新のランキングになります。iPad系はタブレットなので別枠と考えて、スマートフォンのみで順に並べていましょう。価格に関しては最低容量モデルの最安値を参考にすることに。

Android/iOS Antutuトータルスコア TOP10(価格あり)

【1】OnePlus 7 Pro 371,610 65,339 円(6GB/128GB)
【2】Xiaomi Mi 9 369,572 36,395 円(6GB/64GB)
【3】Xiaomi Black Shark 2 36,6874 53,784 円(6GB/128GB)
【4】Xiaomi Redmi K20 Pro(中国版、グローバルモデルはXiaomi Mi 9T Pro) 365,410 43,199 円(6GB/64GB)
【5】OnePlus 7 363,673 48,599 円(8GB/256GB)
【6】iPhone XS 351,647 105,000円(4GB/64GB)
【7】iPhone XS Max 351,179 116,854 円(4GB/64GB)
【8】Xperia 1 346,054 103,032 円(6GB/64GB)
【9】LG ThinQ 5G 340,433 104,850円(6GB/128GB)
【10】iPhone XR 340,199 86,800円(3GB/64GB)

Xiaomi Mi 9のコスパが高すぎることが明らかに

TOP10は上記のようになりました。Xiaomiの圧倒的な安さが浮き彫りに。iPhoneやXperia比較だと3分の1程度ということになります。そしてOnePlusは最新モデル2モデルがどちらもTOP5に入るという強さ。しかしこれだけ安いと品質が心配になる人が多いと思いますが、そういう人にこそ一度Xiaomiの端末を使ってみていただきたい。1台使えば不安は吹き飛びます。私もそうでした。

グローバルモデルは完全日本語対応。アプリストアも日本と同じに使える

まずグローバルモデル自体使ったことが無かったので、そもそも日本語表示になるのかわからなかったですし、Googleのアプリストアが日本で売ってるスマートフォンの様に使えるのかもわからない。SIMもそうです。

今はグローバルモデルしか使わなくなったので、結論から言うとグローバルモデルは日本語表示対応。Googleのストアも当然日本語で使えます。SIMはSoftbank回線の格安SIMが最強で、その次がdocomoですね。auに対応しているかは端末によりけりといった感じです。

上記のランキングに入っている端末で、クーポンが配布されているものが数モデルあります。限定クーポンなので限定枚数に達すると使えなくなります。その点はご了承ください。

AntutuスコアランキングTOP 10スマートフォン用クーポン&セール情報

【超最安値 9/17】Xiaomi Mi 9『35,825円』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 9/17】Xiaomi Mi 9T Pro【38,673円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値 9/17】OnePlus 7 Pro【64,638円】UFS3.0、有機EL90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 9/17】OnePlus 7【47299円】UFS3.0、有機EL6.41、Antutu37万、IMX586

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.