マリオカート ツアーにオススメなスマホは『ハイパワー』『冷却機能搭載』『長時間駆動』なXiaomi Mi 9T Pro!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomi Mi 9T ProにはXiaomiが独自開発した冷却システムが搭載

Xiaomi Mi 9T Proには、Xiaomiが独自開発した冷却システムが採用されています。前面には8層のグラファイト(熱伝導率の高い炭素)を使用し、放熱効率は1層と比較し約650%も上昇させています。

さらに背面にはゲル(液体)、グラファイト(炭素)、銅素材を使用することでCPUの温度は一般的な冷却システムと比較して8度低い温度を保ちます。低い温度を保つことでCPUはベストパフォーマンスを維持。ゲーム時に高いフレームレートを指定しても、安定してプレイすることが出来ます。

Xiaomi Mi 9T Proの冷却システムはあくまで補助的な役割。高負荷なゲームを長時間プレイするにはハイスペックなSocが必要

冷却システムはあくまで補助的なものと考えた方が無難です。Xiaomi Mi 9TとMi 9T Proでは搭載しているSocが違います。Xiaomi Mi 9TはSnapdragon 730、Mi 9T ProはSnapdragon 855。端末の処理能力を示すAntutuのスコアでは、Mi 9Tが『218,625』、Mi 9T Proが『368,803』とその差は1.68倍。軽自動車と高級車レベルの差はあるでしょう。

もっとも、Mi 9T Proの性能は世界最高レベルなので、高級車では無く『F1』です。Mi 9Tは普通の『セダンカー』といったところですね。F1はスピードや燃費など、全てにおいて最高のスペックが求められます。それがスマートフォンのフラッグシップモデルです。

実際にMi 9T Proに搭載されているSnapdragon 855は、前モデルとなるSnapdragon 845と比較してCPUシングルコアのパフォーマンスが45%上昇。ゲーム速度が25%上昇しています。Mi 9Tが搭載しているSnapdragon 730よりSnapdragon 845の方が高性能なので、その差は歴然と言えます。

3Dの高画質なゲームをプレイするためには、急傾斜な上り坂をトップスピードで走らなければなりません。低馬力の車と高馬力の車では、どちらに負荷がかかり続けるかは明白です。極端な話、原付であれば途中で止まってしまいますよね。発熱してスマートフォンが急に落ちるのはあれと同じ原理です。

マリオカートツアーをするなら無駄なストレスを感じずにすむMi 9T Proがオススメ

マリオカートのような動きの激しいゲームは端末に負荷がかかり続けます。上記で説明している通り、長時間負荷がかかり続けるゲームをするのであれば間違いなく最新のハイスペックな端末を選ぶべきです。最新モデルを選ぶ理由は、処理能力が高まっているだけでなく、電力効率がどんどん上がっているからです。電池の持ちが驚くほど良くなっています。

これは最新のフラッグシップモデルを使った人にしか分からない感覚です。端末への負荷が気になってゲームに集中出来ないというのはとてもストレスに。それなら最初に少し高いお金を支払ってそのストレスを解消させた方が間違いなく良いです。Mi 9TとMi 9T Proの価格差。想定していたより小さいものでした。性能差を考慮すれば、コスパが高いのは間違いなくMi 9T Proの方。

Xiaomiのスマートフォンは他メーカーと比較して圧倒的に電池持ちが良い

gsmarenaが公表している駆動時間の検証結果は以下の通り。

【Xiaomi Mi 9T Pro】 連続通話時間:33時間23分 WEBブラウジング:13時間33分 動画再生:20時間33分
【Xiaomi Mi 9T】  連続通話時間:33時間20分 WEBブラウジング:11時間35分 動画再生:17時間19分

2つのモデルは同じ電池容量(4,000mAh)なので、ここでもやはりSoc性能の差が出ています。通話時間は変わらないのに対し、WEBブラウジング時間で約2時間、動画再生時間で約3時間の差が。ゲームに近いのはWEBブラウジングと動画再生の方なので、ゲーム時の連続駆動時間は確実にXiaomi Mi 9T Proの方が長くなります。ハイパワーでありながら駆動時間も長いということで、やはりマリオカートツアーにはMi 9T Proの方がオススメですね。

ちなみに他メーカーの駆動時間も比較対象としてのせておきます。

【Googl Pixel 3a XL】 連続通話時間:23時間43分 WEBブラウジング:13時間28分 動画再生:16時間43分
【Samsung Galaxy S10+】 連続通話時間:24時間00分 WEBブラウジング:11時間49分 動画再生:14時間53分
【Apple iPhone XS】 連続通話時間:14時間00分 WEBブラウジング:10時間20分 動画再生:11時間21分
【Apple iPhone XS Max】 連続通話時間:16時間08分 WEBブラウジング:11時間06分 動画再生:13時間43分

Xiaomiのスマートフォンがどれだけ電池性能に優れているかが良く分かる検証結果です。iPhoneとの差は約2倍程度。たまにiPhoneを使っている人が『iPhoneは電池の持ちも良いよね~』と言ってるのを聞くのですが、iPhoneしか使って無いのでしょうね。未だにモバイルバッテリー持ち歩いてるのでしょうか。

Xiaomi Mi 9T Proはマリオカートツアー以外のゲームにも超オススメ

Xiaomi Mi 9T Proの処理能力と電池の持ちが最高レベルであることは分かっていただけたかと思います。そしてMi 9T Proでゲームをすることを、さらにオススメしたいもう一つの理由があるのです。それは専用コントローラーがリリースされていること。

マリオカートツアーは片手持ち推奨なので恐らくコントローラー不要ですが、PUBGなどFPS系では大活躍すること間違いなし!オンラインショップでの取り扱いもそろそろ始まろうとしているこの専用コントローラー。ゲームするなら必ずゲットすべきアイテムですよ!

Xiaomi Mi 9Tシリーズのリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値04/08】Xiaomi Mi 9T【29,164円】有機EL、ノッチ無、冷却機能、3眼カメラ、大容量電池

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

Xiaomiに関する関連記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.