Huawei Mate 30シリーズが9月19日にリリース決定!色々どうなる!

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiの最新フラッグシップモデルとなる『Mate 30 Pro』のリリース情報が公式から正式に発表されました。リリース日は9月19日となります。

広告に使われているサークル状の画像は、カメラ部分を表しているのでしょう。そうなると、現在リークされている画像の信憑性が高まります。

 

Mate 30シリーズは継続的にAndroidのオープンソースを元にしてOSが作られていますが、Googleからライセンス認証が与えられない状況なので、Google PlayやGメール、Google Mapsといった基本的なアプリが利用できません。しかし中国では元々Google Play自体が使われていないので、中国内の市場に関しては影響を及ぼさないでしょう。

問題はグローバル市場です。Googleアプリが使えないAndroid OSではかなり中途半端。売り上げは確実に下がるでしょう。すでに独自開発の『ハーモニーOS』がリリースされているので、デュアルOSの様な状態になればそれはそれで面白いですが。もしくは途中からライセンスが復活し、Googleアプルが使えるようになる可能性もあります。妙なスリルが味わえますね。

Mate 30シリーズは9月19日にドイツのミュンヘンで行われるプレゼンテーション内でリリースされます。色々な意味でワクワクします!

現在Mate 30 Proに関してリークされている情報は以下の通り

  • 有線による最大55W超急速充電及びワイヤレスによる最大25W充電。バッテリー容量は4,000mAh
  • 90Hz表示に対応した高速ディスプレイ。画面サイズは6.71インチで解像度はQHD+。ノッチあり
  • ディスプレイ内指紋センサー
  • SocはHisilliconのKirin 990
  • クアッドレンズカメラ。光学4倍ズーム搭載、ToFセンサー、光学5倍ズーム、50倍デジタル(ハイブリッド)ズーム
  • Android 9 Pie(EMUI 10) ※Googleライセンスはなし
  • 6GB/128GB、8GB/256GB Micro SDサポート
  • IP68の防水防塵性能あり
  • 11万6800円~

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.