Huawei Watch GT 2の画像がリーク!バッテリー増量でベゼルレス化、ディスプレイ大きめに

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiがスマートウォッチのニューモデル『Huawei Watch GT 2』をリリース予定。その最新画像を『WinFuture』がリークしました。Huawei Watch GT 2のコードネームは『Latona』で、製品番号には『LTN-B19』がつけられています。

Huawei Watch GT 2は画像から判断すると前モデルと比較してベゼルが薄くなり、その分ディスプレイ占有率が向上しています。さらにリーク情報によると電池が445mAhに増量され、GPSモジュールが内蔵されます。GPSモジュールの搭載により位置情報の測定が正確に。光学式心拍モニターや運動のモニタリング機能も従来通り備えます。

さらにマイクスピーカーが搭載され、時計から直接電話をすることも可能に。スマートフォンとの接続はBluetoothにより行われ、e-SIMなどの4G回線に対応するかは今のところ不明です。

革バンドモデルめっちゃ格好良いですね・・・バッテリー容量増やしてベゼルレス化とか魅力的すぎ。Huawei Watch GTは独自OSを採用しているのでGoogleとの関係云々を心配する必要はありません。Wear OSじゃなくて良かったですね。

Huawei Watch GT 2は9月5日から開催のIFA 2019内か、9月19日にMate 30シリーズと同時にリリースされます。どちらにしてもあと少し。楽しみです!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

【超最安値 10/13】Xiaomi Mi BandやAmazfitスマートウォッチが激安!限定クーポン&セール情報!

続きを見る

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.