Huawei Watch GT 2にはHarmony OSが搭載されている可能性あり

投稿日:

Pocket

Huaweiは8月、自社が開発した『Harmony OS』ををリリースしました。数日前Huaweiはイギリスのロンドンでメディア用のイベントを開催し、そこでHuaweiのシニアグローバルプロダクトマネージャーである『Peter Gauden』は『Harmony OS』の未来展望について話しました。

『Harmony OS』はテレビから車まで、様々な製品をシームレスに動作させることが出来る未来型のプラットフォームです。『Harmony OS』を異なるデバイスで利用すると、情報の通信と共有が容易に。

さらに、ユーザーインターフェースはEMUIと互換性があり、OS自体はマイクロカーネル(ソフトウェアに最小限の機能のみ搭載)に基づき作成されているので非常に安全であると主張。また、『Harmony OS』が世の中に浸透するまでには5~10年期間がかかるともし、まずは『Honor Smart Screen』の発売、その後に海外市場に参入し、『スマートウォッチ』や『ラップトップ』のリリースを順次開始する予定とのこと。

Huaweiがリリース済みのスマートウォッチ『Huawei Watch GT』には、すでにHuaweiが独自開発した軽量版OSが搭載されています。その軽量版には『Harmony OS』の要素がすでにいくつか使われているので、最新作となる『Huawei Watch GT 2』には『Harmony OS』が搭載されている可能性があります。

Huawei Watch GT 2の画像がリーク!バッテリー増量でベゼルレス化、ディスプレイ大きめに

続きを見る

スマートフォンにはAndroidベースのEMUIが今後も採用される予定でしたが、ライセンス契約がストップしたままの状態だと、『Harmony OS』がスマートフォンにも早い段階で搭載されることになります。しかしまずは、スマートウォッチなどの小物でその挙動を確かめたいところ。

早ければ今日にでもリリース予定の『Huawei Watch GT 2』。OSに注目です!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.