SONYがXperia 5をリリース。サイズを小さくして微妙にスペックダウンも価格は9万越え・・・

Pocket
Facebook にシェア

世界のビッグマーケットから縮小傾向にあるSONYのXperiaシリーズ。IFA 2019で最新のフラッグシップモデルをリリースしました。名称は『Xperia 2』になるかと思いきや『Xperia 5』でした。Xperia 5は92,000円程度で10月から発馬いが開始されます。一部ヨーロッパでは来週から電話予約を開始。

しかし92,000円ですか。さぞかし素晴らしいスペックなのでしょう。なんたってOnePlus 7 Proより高いですからね。見た目はXperia 1とあまり変わらず、大きさが一回り小さくなって、カメラ位置が移動したくらいでしょうか。

しかしこれではXperia 1の『より情報を見やすく沢山表示できるディスプレイ』という最大のウリが弱まってしまっているような。比率は21:9と変わらず、サイズが6.5から6.1インチにダウンしています。解像度もQHD+からFHD+にダウン。

カメラは位置が変わっただけで仕様は変わらず。全てのレンズが1200万画素。メインカメラ、超広角カメラ、望遠カメラといった組み合わせ。iPhoneもXperiaもこの路線を貫きますね。DxOMarkの評価は散々だったのに・・・

そして撮影機能は同じだと思ったのですが、スーパースローモーション撮影のレートが960fpsから120fpsに落ちるという・・・Xperiaのスローモーション動画はかなり綺麗に撮れるイメージだったので残念ですね。電池容量は3,140mAh。6.1インチだったら3,500mAhくらい積みましょうよ。

そしてこのタイミングだと他のメーカーはSnapdragon 855 Plusを搭載しているのにSnapdragon 855のままというのも悲しきことかな。

XperiaもiPhoneも、もうお金かけてメディアを独占してれば売れる時代では無くなったのです。いつまでも古いスタイルを踏襲していると最終的には消えるのみ。

最新の数量限定セール情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.