【過去超最安値】OnePlus 7 Pro / 7が爆発SALEに登場!iPhone 11に完全勝利宣言!今日で終わり!

Pocket
Facebook にシェア

爆発SALEは大好評の内に終了しました!現在ハイパーガジェット専用クーポンの配布を開始しています。そちらをご利用ください。

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

フラッグシップモデル専用スマートフォンメーカーの『OnePlus』。車であれば高級車というか、F1しか作ってないような本格志向しか持たない拘り集団。実際にOnePlusの端末を使うとその素晴らしさを実感できます。OnePlus 7シリーズが搭載しているSocはSnapdragon 855ですが、同じSnapdragon 855搭載端末と比較しても動きが速いです。それは恐らく世界最速ストレージUFS3.0が影響しているのでしょう。

私が所有しているのはOnePlus 7ですが、上位モデルのOnePlus 7 Proはさらに90Hzの高速ディスプレイ。これよりさらに速いのか!!と興味津々です。そしてその最強端末がそろって爆発セールに登場!どちらも1番人気の8GB/256GBモデルです!そして過去最安値を記録。安さ爆発しています。OnePlus 7もそうですが、OnePlus 7 Proが手の届く価格で買えるというのが信じられません。だって6万台突入ですもん・・・iPhoneの半額ですよ。本当に一度で良いから使って欲しいOnePlus。性能だけじゃなく見た目もメチャクチャ格好良いです。言葉で伝えきれないのが残念です!!

爆発セールの過去最安値クーポンはこの記事内で配布しています。限定50台なので瞬殺の可能性あり!そしてセールは今日で終わりです!ご注意ください。

グローバル(インターナショナル)モデルとは

世界の言語に対応したモデルの総称です。もちろん日本語にも対応しています。Googleプレイストアも日本のものが普通に使えます。日本はUIデザインが各社で独自にカスタマイズされていますが、グローバルモデルはとてもシンプルでスタイリッシュなデザインです。雑貨でいうところの『無印良品』的な感じ。コテコテしたデザインが苦手な人にはかなりオススメです。

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

OnePlusの端末はとにかく日本の電波に強いです。フルバンド対応で国内販売端末と同様に使えます。同様な筈がありません。国内端末以上に使えます。

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話/通信に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

Banggood OnePlus 7 Pro 価格一覧 9月12日 8:30

オンラインストア『Banggood』とは

海外のガジェットを最も買いやすいお店の一つがBanggood。日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合

OnePlus 7【3日間限定爆発SALE専用】

OnePlus 7  8GB/256GB 【グレー/レッド】 47,151円 【3日間限定爆発SALE専用クーポン】

OnePlus 7 8GB/256GB のクーポンコードをコピーする

 

nePlus 7  12GB/256GB 【グレー/レッド】 57,170円 【3日間限定爆発SALE専用クーポン】

OnePlus 7 12GB/256GB のクーポンコードをコピーする

 

OnePlus 7 Pro【3日間限定爆発SALE専用】

OnePlus 7 Pro 8GB/256GB 【グレー、ブルー】 69,149円 【3日間限定爆発SALE専用クーポン】

OnePlus 7 Pro 8GB/256GBのクーポンコードをコピーする

 

OnePlus 7 Pro 8GB/256GB 【ゴールド】 70,423円 【3日間限定爆発SALE専用クーポン】

OnePlus 7 Pro 8GB/256GBのクーポンコードをコピーする

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.