Xiaomiが30W出力のワイヤレス充電技術『Mi CHARGE TURBO』を正式発表!

投稿日:

Pocket

Xiaomiが新しいワイヤレス充電技術『Mi CHARGE TURBO』を正式にリリースしました。これまで最速だった20Wのスピードを30Wまで大きく引き上げ、さらにこの技術端末から端末への双方向充電にも対応します。このタイミングでの発表。今更双方向充電をウリにしようとしているiPhoneを狙ってますね。

ちなみにiPhone XS MaxMaxは7.5Wのワイヤレス充電に対応。30分で充電できるのは最大20%。69分で39%程度。Mi CHARGE TURBOであれば4,000mAの大容量バッテリー搭載機を69分で充電完了します。4,000mAhってiPhone XS Maxより大容量ですね。

また、Mi CHARGE TURBOにはマルチストランド構造による巻線技術と5層ナノクリスタルが使用され、充電効率を高めつつ、熱の放散率も高めています。高出力なのでこの辺りは徹底的に研究されつくしていることでしょう。

しかし30Wのワイヤレス充電となると、流石に有線による充電から移行する人が増えるでしょうね。そもそも大概の有線充電よりハイスピード。しかしあまりにスピードが速すぎて、別の端末を充電する時はし過ぎないように注意が必要ですね。あっという間に吸い取られてしまいそうです。イヤフォンや歯ブラシなんかは一瞬ですね。

Mi CHARGE TURBOテクノロジーを使ったデモ映像も公開されています。なんか早いってだけじゃないですよねこれ。自動的に充電スポット移動してくれるのか。未来すぎる・・・

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.