5G非対応で高価格のiPhone 11は中国市場に受け入れられることが出来るのか

Pocket
Facebook にシェア

AppleはiPhoneの最新モデル『iPhone 11』『iPhone 11 Pro』『iPhone 11 Pro Max』をリリースしました。しかし一部のアナリストの間では、Appleが過去の失敗を学ばなかったと痛烈に批判しています。それは高価格帯の維持について。

新しいiPhoneはいずれも5G回線をサポートしませんでした。世界第2位の経済大国となる中国は、今Appleにとって最も重要なマーケットです。しかしアメリカとの貿易関係と共に状況が悪化。Counterpoint Researchの調査によると、Appleの中国市場シェアは、今年の第二四半期に最低レベルまで下落。iPhoneの出荷自体も減少傾向にあります。

そして不満となる一番の原因は価格設定が高すぎること。中国の消費者は、アメリカの価格と比較してiPhone 11は10.5~12.5%、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxに関しては18.6~23%多く支払う必要があります。最もこの価格設定は、前モデルのiPhone XRに設定されていた28%と比較するとかなり下がっています。

一見かなり安くなっているように見えますが、前モデルに関しては最初中国市場で全く売れず、小売業者が値下げを慣行。それでも動きが鈍かったので、最終的にApple自体が中国市場での値下げをするハメになりました。今回はその教訓を活かしての価格設定の筈ですが、まだ納得できるレベルのものではなく、特にiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxに関しては高すぎるとのこと。

中国の様に格差の激しい国では、モデルによって価格設定をはっきりと分けることは売り方としてはアリかもしれません。しかし、富裕層に5G非対応端末がどこまで普及するかは疑問です。中国では絶大なシェアを誇るHuawei。5G対応モデルを放つMate 30シリーズにシェアをとられることは明らか。

今後のAppleの未来を左右する中国市場。シェアをこれ以上落とすと黄色信号がともります。

現在開催中の最新SALE情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.