ZenFone 6 動画撮影検証!ジンバル要らずな予感。フリップカメラを使った撮影がも面白い!

Pocket

ASUSのフラッグシップモデル『ZenFone 6』。そうです。世界一の自撮りスマホです。私は自撮りをしないので、持つことによってその価値は半減してしまうかもしれないのですが・・・自撮りが世界一だということは、DxOMarkが証明してくれているので、逆に自撮り以外の部分でどれだけZenFone 6がすごいかを探っていければと思っています。

まだ箱から出したばかりなのですが、カメラを使ってみたいので早速試写に。私が気になっていたのは、動画撮影時の手ブレ補正精度と、フリップレンズを動かしてどんな映像が撮れるか。撮影サンプルは今後増やしていこうと思いますが、ひとまず撮って出しをご覧ください!

自撮り棒にZenFone 6をつけて公園を歩き回ってみた

まずは手ブレ補正から。芝生から土の上、アスファルト、階段の上り下りを行っています。最初はかなりブレていますが、20秒程度経過してからはどんどんブレが少なくなります。最初は調整が入るのでしょうか。階段の上り下りも非常に滑らか。振動が伝わってきません。実際相当揺れてるんですけどね・・・

ちなみに自撮り棒を持ってスマホで動画撮影したのは初めてです。恐らく慣れてくれば、もう少しうまく撮れるようになるでしょう。あくまでも『ド素人が撮ってこのレベル』という意味で参考にしていただければ幸いです!

ZenFone 6のフリップカメラは自撮り以外でもかなり楽しめそう

続いてはフリップカメラ。ZenFone 6のカメラはご存じの通り、リアカメラで自撮りも出来るように、後ろから前に回転します。カメラ撮影時にON/OFFボタンを押すと、手動でその回転角度を調整することが出来るんです。これ、かなり面白くて便利です。その機能を使って、目の前を通過する車の動きを追うことが出来るかどうか、試してみました。

結果、私のようなド素人でも簡単に追いかけることが出来ました。そしてレンズだけ回転しているので、当然手ブレも殆どありません。電動ジンバルで撮っているかの様な滑らかさ。

手振れ補正機能、フリップレンズ共に、思っていた以上に活躍してくれそうです。これなら本当にジンバルは要らないかもしれませんね!自撮りだけにZenFone 6を使ってる人、勿体ないですよ!

今回使っているZenFone 6はGearbestから購入したもの。グローバルモデルはau非対応だと思っていたのですが、念のため使えるか、SIMをさしてみました。すると・・・

APNの設定をする必要すらなく、普通に繋がってしましました。調べてみると、グローバルモデルには何通りかあり、au回線が使えるものはフルバンド対応のようですね。これはすごい!

ZenFone 6に関するリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 12/13】ASUS ZenFone 6【60387円】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はこちら

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.