ZenFone 6 動画撮影検証!ジンバル要らずな予感。フリップカメラを使った撮影がも面白い!

Pocket

ASUSのフラッグシップモデル『ZenFone 6』。そうです。世界一の自撮りスマホです。私は自撮りをしないので、持つことによってその価値は半減してしまうかもしれないのですが・・・自撮りが世界一だということは、DxOMarkが証明してくれているので、逆に自撮り以外の部分でどれだけZenFone 6がすごいかを探っていければと思っています。

まだ箱から出したばかりなのですが、カメラを使ってみたいので早速試写に。私が気になっていたのは、動画撮影時の手ブレ補正精度と、フリップレンズを動かしてどんな映像が撮れるか。撮影サンプルは今後増やしていこうと思いますが、ひとまず撮って出しをご覧ください!

自撮り棒にZenFone 6をつけて公園を歩き回ってみた

まずは手ブレ補正から。芝生から土の上、アスファルト、階段の上り下りを行っています。最初はかなりブレていますが、20秒程度経過してからはどんどんブレが少なくなります。最初は調整が入るのでしょうか。階段の上り下りも非常に滑らか。振動が伝わってきません。実際相当揺れてるんですけどね・・・

ちなみに自撮り棒を持ってスマホで動画撮影したのは初めてです。恐らく慣れてくれば、もう少しうまく撮れるようになるでしょう。あくまでも『ド素人が撮ってこのレベル』という意味で参考にしていただければ幸いです!

ZenFone 6のフリップカメラは自撮り以外でもかなり楽しめそう

続いてはフリップカメラ。ZenFone 6のカメラはご存じの通り、リアカメラで自撮りも出来るように、後ろから前に回転します。カメラ撮影時にON/OFFボタンを押すと、手動でその回転角度を調整することが出来るんです。これ、かなり面白くて便利です。その機能を使って、目の前を通過する車の動きを追うことが出来るかどうか、試してみました。

結果、私のようなド素人でも簡単に追いかけることが出来ました。そしてレンズだけ回転しているので、当然手ブレも殆どありません。電動ジンバルで撮っているかの様な滑らかさ。

手振れ補正機能、フリップレンズ共に、思っていた以上に活躍してくれそうです。これなら本当にジンバルは要らないかもしれませんね!自撮りだけにZenFone 6を使ってる人、勿体ないですよ!

今回使っているZenFone 6はGearbestから購入したもの。グローバルモデルはau非対応だと思っていたのですが、念のため使えるか、SIMをさしてみました。すると・・・

APNの設定をする必要すらなく、普通に繋がってしましました。調べてみると、グローバルモデルには何通りかあり、au回線が使えるものはフルバンド対応のようですね。これはすごい!

ZenFone 6に関するリアルタイム最安値情報はコチラ

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はこちら

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Androidマグネット充電
Androidも磁石でピタっと充電!Mag Dartに対応するスマホrealme Flashと充電器の画像がリーク!

7月26日、realmeは『COMING FLASH』というキャッチコピーが書かれた1枚のティーザー広告を公式Twitterに投稿しました。 This newcomer is totally goin ...

Apple Music Android Lossless
Apple MusicがAndroidへのロスレス配信対応!それでもAmazon Music HDがお勧めな4つの理由

記事に書かれている内容1 Apple Musicは2021年6月からハイレゾロスレス音源の配信を開始2 Android端末でApple Musicのロスレスハイレゾ音源を聴く為の設定方法3 Apple ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

記事に書かれている内容1 Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン2 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの処理性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A ...

レンズカバーガラスとEDレンズがスマホの画質を上げる
レンズカバーガラス『Gorilla® Glass with DX』と『EDレンズ』がスマホカメラの画質をワンランク上に

スマートフォンのディスプレイに使われているガラスで最も代表的なのはコーニング社の『Gorilla® Glass』。7月22日、同社は2018年にリリースしたガラス複合材『Gorilla® Glass ...

Xiaomi MIUI 13ではRAMを3GB拡張出来るらしい!仮想メモリを快適に使えるスマホはどれかを検証してみた!

先日weiboで人気の情報提供者『Panda is bald』が、Xiaomiの次期ファームウェア『MIUI 13』に関する情報を投稿しました。その内容は下記の通り。 weiboより フローティングウ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Asus Zenfone 6, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信