Xiaomi Amazfit GTR開封レビュー!格好良さと機能性の融合を確認!スポーティークラシックな新ジャンルを開拓

Pocket

Xiaomi Amazfit GTR:パッケージデザイン

Amazfit GTRのパッケージはデザイナーズ雑貨風

Amazfit GTRはデザインがオシャレなスマートウォッチ。プレゼントにも最適です。しかしパッケージが格好悪かったら、いくら本体のデザインが良くても台無しに。しかしご安心を。マットでやや光沢のある紙に黒で黒のプリント。オシャレです。完全にデザイナーズ。スマートフォンのパッケージとは違い、思い切り雑貨色ですね。

Amazfit GTRの外箱の中にはしっかりとしたBOXが

黒いパッケージを開けると中から白い箱がボックスてきます。高級時計にありそうな作り。箱自体かなりしっかりとしているので、配送の際に外からの衝撃からも守ってくれるでしょう。上部分には『Amazfit』のロゴがシルバーでシンプルにプリントされていて、それがまたオシャレです。

Amazfit GTRの白いボックスを開けるといよいよ本体の登場

白いボックスを開けるとそこには想像通りのビジュアルが登場です。固定されたその姿もかっけぇ・・・ディスプレイには傷の保護も兼ねてシールが貼ってあるのですが、シールのデザインすらオシャレなので、中々剥がしたくありませんでした。そうやって使わずじまいになってしまうものがたまにありますね・・・今回はなりませんが!

Xiaomi Amazfit GTR:ボックスの中に入っているもの(本体以外)

Amazfit GTRの充電器はマグネット式

充電はスマートウォッチに多いマグネットタイプのもの。ここは汎用的なUSB Type-Cであって欲しかったですね。

本体に充電器を取り付けるとこんな感じに。マグネットとコネクタが吸着し、しっかりと接続します。

充電中のAmazfit GTR。フチが蛍光緑色に光り、円が一周すると充電完了です。分かりやすいし格好良い・・・

Amazfit GTRの説明書は多国語対応

しっかりとした説明書が同梱。設定は日本語に対応したアプリを使って行うので読む必要は恐らくないと思いますね。ちなみに日本語もきちんと用意されています。日本発売はまだ決定していないのにありがたいですね。それだけ輸入して買っている人が多いということなのか。

Xiaomi Amazfit GTR:本体について

Amazfit GTRは信じられない軽さ

ボックスから出した時に一番驚いたのはその軽さです。実際に持ってみるとあまりに軽いので『安っぽい』と感じてしまう人も多いでしょう。しかし冷静にもう一度腕から外して本体をじっと見てください。『格好いい。重厚感あり』。そして腕につけると『軽すぎる。安っぽい』。それは安っぽいではなく、恐らく『軽い』のです。

ブルガリのアルミニウムを着けた時に近いような。素材もアルミですね。私のモデルは47mmと大型なのでNixonなどとも近い雰囲気があります。私はNixonを使っていたこともあるので、猶更見た目とのギャップで軽く感じてしまいます。

Amazfit GTRが実際にどれくらいの重量なのか測ってみた

バンドを着けた状態で51.69g。47mmの大きさ、410mAhの電池容量を考えるとやはり軽いでしょう。ちなみに普通に使ってて24日間程度電池が持つんです。充電はUSB Type-Cが良かったと言いましたが、実際充電する機会は殆ど無さそうですね。

Amazfit GTRの高解像度ディスプレイは視認性がよく目も疲れない

元々仕様で解像度が高いのは知っていましたが、実際にディスプレイをONにしてみると驚きます。めっちゃ高精細。綺麗です。有機ELなので発色も綺麗。これ、低解像度でドットが見えると目は疲れるしげんなりするんですよねえ。

Amazfit GTRのディスプレイが高解像度だから出来るこのデザイン

高解像度だということは表示を細かく出来るということ。低解像度の場合は文字などがつぶれてしまい、認識できなくなくなるので無理です。Amazfit GTRの高解像度を活かしたディスプレイデザインがこちら。小さい文字やアイコンまでクッキリと表示されています。美しい・・・

Amazfit GTRのバンドは見た目から実用性までしっかりと研究されている

表面はレザーで裏面は撥水性の良さそうなゴム素材といった凝った作りです。Amazfit GTRは見た目こをシックな作りですが、主な用途はスマートウォッチ。計測機能もしっかりしています。運動してなんぼという側面も。汗をかいてもこの作りであればレザーが汚れてしまう心配もありません。

Amazfit GTRの付属のレザーバンドは機能性重視。レザー感を高めたい場合は別途ベルト購入をオススメ

ちなみにこのバンドも軽さと機能性を重視して作られているので、人によっては安っぽいと感じてしまうかもしれません。別途ガッチリした本革ベルトを用意しても雰囲気がさらに上がりそうです!

Amazfit GTRのバンドループには刻印あり

外側のループ部にはAMAZFITとの刻印あり。ブランド感を高めます。金具部分は時計に合わせて黒メッキ加工が施されています。

Amazfit GTRの本体背面には心拍センサーと充電端子

Amazfit GTRにはリアルタイムで心拍数を測定する機能が備えられています。背面を見るとかなりしっかりしたセンサーが搭載されていることが確認できます。マグネット充電コネクタは、真ん中の金色の端子部分に接続して行います。

Amazfit GTRのデザインはとにかくイカす

スポーツとクラシックの融合という新ジャンルを開拓

ずっと着けていたい時計というのはクラシックであることが絶対条件です。スポーツとクラシックは相反するところになるので、本来スマートウォッチのデザインをクラシックに作るなど不可能。しかし素材にも改良を重ねクラシックに仕上げたのがAmazfit GTRです。

 

Amazfit GTRの管理アプリ

Amazfit GTRのアプリは日本語対応で完成度も秀逸

最初名前が違ったので焦りましたが、中身はそのまま『Mifit』です。完全に日本語化された完成度の高いアプリケーション。設定画面もとても分かりやすいです。Googleアカウントでログインすると『Mi Band 3』が同期された状態になっていたので、内容だけでなくデータも継続されるようです。便利ですね。

Xiaomi Amazfit GTRも激安なスマートウォッチリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 10/13】Xiaomi Mi BandやAmazfitスマートウォッチが激安!限定クーポン&セール情報!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.