Huaweiの5G製品は2020年度、中国市場の5割のシェアを獲得予定。脱アメリカ&TSMCとの連携強化が加速

Pocket

中国当局は、今年の6月に商用5Gライセンスの発行を開始しました。現在中国国内で発売されている5G対応のスマートフォンは11台。2020年は5G対応モデルと基地局が更に増え、世界最大の5Gネットワークがいち早く構築されると予想されています。

Express Technologyのレポートによると、Huaweiが5G基地局、通信機器、スマートフォン(特に5G対応モデル)の展開を積極的に行うことにより、2020年、Huaweiは中国5Gスマートフォン市場のシェアを5割獲得するとのこと。

Huaweiはサーバーも主要分野で、現在中国国内では17~19%のシェアを持ち、シェア率は第2位。米国の圧力が強まる中、今後は米国以外の企業からのサポートに焦点を当て、5Gネットワークのサプライチェーンとなっていた米国メーカーは除外する予定。

今後取引が活発になるのは台湾に拠点を置く『TSMC』。TSMCの高度な半導体プロセステクノロジーは、すでに最新Soc Kirin 990と搭載されている5Gプロセッサで実証済み。今後は5nm製造プロセスの高速化が当面の課題となります。2020年、TSMCの総収益の13%は5G関連となる予定。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 12/7】Xiaomi Mi A3『18853円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 12/7】Xiaomi Redmi Note 8 Pro 『24,367円』AI4眼カメラ、4500mAh

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 12/7】Xiaomi Mi 9T Pro【38149円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値 12/7】OnePlus 7【44027円】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 12/7】OnePlus 7 Pro【64986円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 12/7】ROG Phone 2が56448円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【超最安値 12/7】ASUS ZenFone 6【76574円】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.