【超最安値 10/11】Xiaomi Air 2『7,064円』ハイレゾ対応の超高音質Bluetoothイヤフォン!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiが新たにリリースした分離型のBluetoothワイヤレスイヤフォン『Xiaomi Air 2』。Bluetoothながら『ハイレゾ』認定を受けた高音質モデルです。

Xiaomi Air 2はここがオススメ

  • 日本オーディオ協会が策定した『ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ』認定製品
  • SBCと比較して3倍以上のデータ伝送が可能
  • ケースと組み合わせることで最大14時間の長い連続駆動時間を実現
  • 14.2mmの大型ドライバー採用で音声出力改善
  • ケースから取り出すと同時にペアリングしたスマートフォンと自動的に同期
  • 環境ノイズ低減サポート機能
  • どちらのイヤフォンにもマイクを搭載するデュアルマイク仕様
  • ケースは僅か1時間でフル充電

Banggood Xiaomi Air 2 価格一覧

オンラインストア『Banggood』とは

海外のガジェットを最も買いやすいお店の一つがBanggood。日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合(会員登録は予め終わらせておいてください)

Xiaomi Air 2をBanggoodで購入する

Xiaomi Air 2 (パールホワイト、フォレストグリーン)7,064円【20台限定】

Xiaomi Air 2のクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Air 2はこんなBluetoothイヤフォン

Mi AirDots Pro 2はBluetooth 5.0及びLHDC(Low latency and High-Definition audio Codec)、ボイスコントロール、ENC(Environment Noise Cancellation)環境ノイズ低減機能付きデュアルマイクをサポート。

LDHCは台湾の半導体メーカー『Savitech』が開発したBluetooth用オーディオコーデックで、SBCと比較して約3倍以上のデータ伝送を可能としています。

また、今年の9月に日本オーディオ協会により『ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ』に認定。

『ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ』の認定方法は以下の通りです。

  1. JASが提供するテスト信号と評価ツールで検証し、十分な性能であることを検証する
  2. JASが定める方法、評価者、場所において試聴評価を行い、十分な音質であることを確認する
  3. コーデックのライセンス条件などビジネス面での条件が明確であり、すべてのハイレゾオーディオのライセンシーにライセンス可能であること
  4. コーデックの提案者は、JAS会員であり、コーデックのIP保持者かその代理人であること

また、音声出力を改善する為に14.2mmの大型ドライバーを採用し、低音をより深く、高音は透明かつシャープに。

ケースを開いてイヤフォンを取り出すことで、ペアリングしたスマートフォンと自動的に同期されます。

イヤフォン片方の重さは僅かに4.5g。充電器は50gです。一度フル充電すると4時間のリスニングが可能となり、充電器に収納し充電すれば14時間まで延長することが出来ます。

充電器はUSB Type-Cポートに対応し、充電自体は僅か1時間で完了します。

Xiaomiの最安値リアルタイム情報はコチラ

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値05/08】Xiaomi Mi 9T【26,730円】有機EL、ノッチ無、冷却機能、3眼カメラ、大容量電池

続きを見る

【超最安値 10/13】Xiaomi Mi BandやAmazfitスマートウォッチが激安!限定クーポン&セール情報!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.