Xiaomiがフラッグシップな『スマホ』じゃなくて『イヤフォン』をリリース!まさかのハイブリッド式だぞ!

Pocket

Xiaomiが本気で作っているものと言えばスマートフォンが浮かびます。フラッグシップモデルと言えば『Mi 9』や『Mi 9T Pro』。しかし今回リリースしたのはスマートフォンのフラッグシップモデルではありません。イヤフォンです。本業のイヤフォンメーカーもタジタジのフラッグシップモデルを、Xiaomiが出してしまったのです!

これまでXiaomiがリリースしてきたイヤフォンは1万円以下の買いやすい価格帯のもの。私は3千円くらいのXiaomiのイヤフォンを使っていましたが、品質では2倍以上の価格をするイヤフォンに負けていませんでした。日本発売もされているので、Xiaomiイヤフォンファンはそれなりに増えてきたはず。

今回リリースしたイヤフォンはこれまでのモデルとは別次元。ダイナミックドライバーユニットが2つ、バランスドアーマチュア(BA)ユニットが2つと、2種類の異なるドライバーユニットを採用する『ハイブリッド式』。

ダイナミックドライバーユニットはヘッドフォンやスピーカー等にも使われているもので、音域が広く、特に低音域を得意とします。バランスドアーマチュアユニットは高音、中音域を得意とし、音の解像が精細で透明感のあるクリアな音質を奏でます。つまり2つのドライバーユニットを持つハイブリッド式こそ『最強のフラッグシップイヤフォン』と言えます。

コネクタ接続部分には金メッキ加工が施し導電性を向上。コネクタはMMCX規格に準拠し、ケーブルの交換が容易なのも特長です。

ケーブルもOFC(無酸素銅)にシルバーコーティングを施す本格仕様。信号伝送ロスが少なくなり、電動効率が上がり電流ノイズが低減。ワイヤーは強度のあるケブラー素材で包まれ、さらに外側には透明なTPU素材を採用。音質に拘るだけでなく、耐久性についても十分に考慮されています。ケーブルは通常の3.5mmオーディオコネクタタイプが2本(短め、長め)、USB Type-Cタイプが1本と3本も付属。

もうこれだけで十分すぎるのに、まだ付属するものが。それはBluetoothアダプタです。このイヤフォン、Bluetooth5.0による無線接続も可能なんです。しかもアダプタはハイレゾ音源をダウンコンバートせずに送る事が出来る、SONYのLDACをサポート。アダプタだけ別売りにしてほしいレベル。

そして当然と言えば当然なのですが、日本オーディオ協会が認定する『Hi-Res Audio(ハイレゾ)』にも対応しています。玄人が音を聞いてみたくて仕方なくなりそうなXiaomiのハイブリッドフラッグシップイヤフォン。

すでにMi.comでは予約が開始中で、受付期間は11月10日まで。先行販売価格は15,000円程度となっています。ハイブリッドイヤフォンとしては明らかに安いですが、Xiaomiとしては高目な価格設定。余程音に自信があるのでしょう。10万超えのイヤフォンと聞き比べてみたい!

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 12/13】Xiaomi Mi A3『17475円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 12/13】Xiaomi Redmi Note 8『15152円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 12/13】Xiaomi Redmi Note 8 Pro 『21,898円』AI4眼カメラ、4500mAh

続きを見る

【超最安値 12/13】Xiaomi Mi 9T Pro【37382円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値 12/13】OnePlus 7【43864円】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 12/13】OnePlus 7 Pro【64035円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 12/13】ROG Phone 2が58175円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【超最安値 12/13】ASUS ZenFone 6【60387円】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.