OnePlus 7TのディスプレイはGalaxy Note 10を凌ぐ高評価!表示が速くて画質は最高だ!

Pocket
Facebook にシェア

OnePlus 7の後継機としてリリースされた『OnePlus 7T』。『Soc』『ディスプレイ』『カメラ』『バッテリー』といったメインとなるハードウェアがほぼ全てアップデート。1ランク上のフラッグシップモデルとして生まれ変わりました。

全てがランクアップしているのですが、その中でも特に注目したいのがディスプレイです。殆どのスマートフォンのリフレッシュレートが50~60Hzなのに対し、OnePlus 7Tのディスプレイは90Hz。これは最上位モデルとなる『OnePlus 7 Pro』から引き継がれた最新技術。1秒間に60コマ表示だったのが90コマに。30コマ分滑らかに表示する事が可能になりました。

Googleの最新モデル『Pixel 4』も90Hz表示に対応していますが、電池容量が2,800mAhと少なすぎるのでオススメ出来ません。OnePlus 7Tは前モデルの3,700mAhから3,800mAhに電池容量を増量。90Hzでは電池の消耗が激しくなるので、それに合わせてきました。

そしてOnePlue 7Tのディスプレイは高速化しただけではありません。『Android Authority』が行ったGalaxy Note 10とのディスプレイ比較では、5項目中4項目でハイスコアを獲得。特にディスプレイ性能の上で最も重要な『Color Accuracy(色再現精度)』では『1.7』もスコア差をつけており圧倒的。また、最大輝度は1000nitにも及び、その部分に関しても高い評価を得ています。

ディスプレイ製造メーカーであり、最高品質のディスプレイを生産しているSamsung。そのSamsungがリリースしているフラッグシップモデルの中でも最高峰に位置するGalaxy Note 10。ディスプレイ比較での勝利は、世界トップクラスのディスプレイである証明と言えるでしょう。

OnePlus 7Tに関するリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.