OnePlus 7TとOnePlus 7T Proが『11(良い)買い物の月』で安さ爆発中!最新モデルなのにいいのかよ!

Pocket
Facebook にシェア

いよいよ年末シーズンに突入。年末と言えばセールシーズン。11月は年に一度の『11(良い)買い物の月』です。プライスダウン率はMAX!欲しい商品が揃って安くなります。

最高スペックのフラッグシップモデル専門メーカー『OnePlus』の最新作『OnePlus 7T』『OnePlus 7T Pro』もそのMAXセールの対象に!

OnePlus 7Tは前モデルとなるOnePlus 7から大幅にスペックアップ。本来Tシリーズはマイナーアップデートに留まるのですが、OnePlus 7Tは完全にやりすぎ。勿論ユーザーにとっては良い意味でですが。ディスプレイが『90Hz』の高速表示になったほか、カメラの数が2つから3つに。画質が向上しただけでなく、撮れるシーンが広がりました。そしてSocには現行Android用で最高スペックの『Snapdragon 855 Plus』を搭載。Antutuのベンチマークは40万を超えています。このスペックのフラッグシップモデルが5万台だ買えるというのは、ガジェット好きからすると発狂レベル。

OnePlus 7T Proは、前モデルとなるOnePlus 7 Proのスペックが高すぎたので、大きなアップデートとしてはSocが『Snapdragon 855 Plus』に、充電技術が『Warp Charge 30T』に対応といった主要部分の強化に留まっています。しかしどうせ買うのなら最高の端末『OnePlus 7 Pro』の更に上をいく『OnePlus 7T Pro』でしょう。所有欲を満たしてくれるのも間違いなくこの端末です。

『11(良い)買い物の月』で最も買うべき端末はこの両モデルのどちらかかもしれません。それくらい魅力が詰まった超コスパ端末です。ただし、あまりの人気で注文がパンクしている様子。つまり、注文が遅れた分発送も遅れます・・・。

ハイパーガジェット通信では、『11(良い)買い物の月』の最安値情報を毎日更新中!最高の端末を最安値で手に入れてくださいね!

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

ハイガジェ注目トピックス

オリコン格安SIM満足度調査でBIGLOBEモバイルが1位を獲得!契約月は通信利用料金無料!一番オトクなのは今だ!

ReadMore

最高のレジェンドスマホOPPO Reno Aが未だに現役バリバリな理由とは。23日までは5300円!過去最安値で買える!

ReadMore

ついにXiaomiのスマホがりんごを食べた!世界TOP3に躍進。2位のHuaweiを抜く勢い。圧倒的コスパが市場に浸透!

ReadMore

完璧過ぎるスマホAQUOS sense 4をお得に購入する方法。ランニングコストも考えるとコレがベスト。但し売り切れ注意

ReadMore

シャオミ Redmi Note 9Sのカメラは動画撮影も優秀!PROモードのUIが驚く程使い易い!これなら誰でも映画監督

ReadMore

月初めに契約すると超お得な格安SIMはココ!音声SIM3GBが2年換算で月々1356円!スマホには20000円相当還元!

ReadMore

シャオミの1番人気スマホ!買うべきRedmi Note 9Sと買うべきではないRedmi Note 9Sの違いとは。

ReadMore

SHARPの元ザウルスユーザーにお勧めしたいmoto g pro。格安SIMの大感謝スマホSALEなら23日まで9千円!

ReadMore

Air Podsより長い7時間駆動&ワイヤレスチャージ対応!Soundcore Liberty Air 2が7,999円

ReadMore

動画視聴、音楽観賞、ビデオ通話がコレ1台。Echo Show 8がサイバーマンデーで7,490円!12月1日まで限定価格

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.