Xiaomiがついにスマホで日本参入!?2020年は荒れそうだ!

Pocket

ついに『Xiaomiがスマートフォンで日本市場参入』というニュースが出た。しかもソースは日経新聞。海外企業だから実際にXiaomiのスマホが投入されるまでは噂段階に過ぎないけど、それでも『日経が報じた』という事実はやはりインパクトがある。

元々Xiaomiの日本嫌いは有名な話で、『日本語を学んでいる人間は必要ない、出ていけ』というブラックジョークを採用説明会で飛ばしたのは記憶に新しい。勿論一部の社員がそういう意識を持っているだけで企業の経営方針は変わったのかもしれない。

経営方針が変わったとしても納得は出来る。ここ最近、日本市場自体が大きく変わった。まず通信と端末が分離販売となり、無理やり『docomo専用端末』や『au専用端末』として縛ることが出来なくなった(まだ悪あがきをしているが)。SIMフリー化の義務付けは海外企業からすると追い風と言えるだろう。そしてHuaweiがほぼ撤退を余技なくされている。実はこれが何より大きいかもしれない。

現に日本参入当初は存在感が無かった『OPPO』も人気SIMフリースマホランキングの常連となり、さらには全く無名であった『UMIDIGI』なども廉価スマホで販売数を伸ばしている。でも正直、Xiaomiがこの2社に負けるとは到底思えない。

ハードウェアのスペックで言えばOPPOと遜色ないかもしれないが、ソフトウェアの面では圧倒的にXiaomiが有利。そしてUMIDIGIは残念ながら比較対象にすらならないだろう。2年前であればちょっと面白い端末として興味が持てたけど、その2年でXiaomiは大きく進化し過ぎてしまった。同じ価格帯のものをXiaomiも出しているので、UMIDIGIユーザーには是非Xiaomiのエントリーモデル『Redmi 8』、4眼カメラを持ちながら1万円台で買える『Redmi Note 8』辺りを使ってもらい、感想を聞きたい。

また、Xiaomiの日本参入がAppleユーザーを発狂させることは間違いなく、『パクリメーカー出ていけ!』の大合唱となるだろう。実際に使ってみて、ただのパクリメーカーでは無いことに気づく人がどれくらいいるか、見ものである。

【超最安値 11/22】Xiaomi Mi Note 10『55239円』1億画素、光学5倍、5260mAh、30W充電

続きを見る

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 11/22】OnePlus 7T『53,223円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 11/22】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【72,959円】

続きを見る

【超最安値 11/22】Xiaomi Mi A3『19886円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 11/22】Xiaomi Redmi Note 8『16351円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 11/22】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 11/22】Xiaomi Redmi Note 8 Pro 『24,562円』AI4眼カメラ、4500mAh

続きを見る

【超最安値 11/22】Xiaomi Mi 9T Pro【36373円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値 11/22】OnePlus 7【44192円】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 11/22】OnePlus 7 Pro【65182円】UFS3.0、有機EL90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 11/22】ROG Phone 2が58544円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【超最安値 11/22】ASUS ZenFone 6【59658円】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.