Xiaomi Mi Note 10が変える『フラッグシップモデル』の定義

Pocket

先日リリースされたばかりのXiaomiのニューモデル『Mi Note 10』。これまで『フラッグシップモデル』と呼ぶには処理能力の核となる『Soc』が基準となっていました。しかしMi Note 10に搭載されているSocは『Snapdragon 730G』これはミッドレンジモデルに搭載されているSocです。

しかしDxOMarkが評価したカメラのスコアはHuawei Mate 30 Proと並んで世界一。もちろんミッドレンジモデルでここまで高いスコアを叩き出したスマートフォンは他にありません。ここで一つの疑問が生まれます。『フラッグシップモデル』という概念は『Socを基準にすべきなのか?』ということ。

『求めている人が最も多いカテゴリー』において、最も性能の高いモデルが『フラッグシップモデル』だと私は考えます。それがこれまでは『処理能力』でした。スマートフォンのカメラはデジタルカメラに敵う筈も無く、あくまでもSNSに投稿する為のもの。『ヌルヌルサクサク動く』事こそがフラッグシップモデルの証明なのだと。

しかし近年、ミッドレンジモデルの性能が飛躍的に向上しました。Mi Note 10に搭載されているSnapdragon 730Gで言えば、Antutuのベンチマークでは20万を超え、ブラウジング等の一般的な操作では、フラッグシップモデルと遜色ないほどに。このレベルになってくると、少し考え方が変わってきます。

例えば、最高時速300キロ出せる車があるとします。しかし実際に普段走っているスピードは60キロ程度。残りの240キロは余分な性能という事になります。今スマートフォンはこの域に達しているのでは無いでしょうか。

Xiaomiは市場調査力に優れたメーカーなので、恐らくその事に気づき始めたのでしょう。フラッグシップモデルの様なミッドレンジモデル『Xiaomi Mi 9T』をリリースした時にその事は感じました。

そして今回、『Mi Note 10』をリリースした時にそれは確信へと変わりました。このメーカーはフラッグシップの概念を根底から変えようとしていると。市場が求めているのはすでに余分な処理能力ではなく、『カメラ機能』にシフトしているのだと。

5万円を超えるミッドレンジモデル、日本だったら売れるかもしれませんが、海外だったら高すぎて売れません。それでも世界中が注目し、発売と同時に売れまくっている『Mi Note 10』。これはボリュームゾーンの変化が見てとれます。

カテゴリーすら逸脱しようとしているXiaomiのマーケティング力。これはメーカーとしての開発力だけで補えるものではありません。沢山のモデル、そしてスマートフォン以外にも多くの機器をを出し、本来であれば開発が大味になりそうなもの。そうならず世界のトップに君臨し続ける、まだ創業から10年経たない『Xiaomi』というメーカーに恐怖すら感じます。

Xiaomi Mi Note 10に関するリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/31】Xiaomi Mi Note 10/Pro『42,027円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

AnkerがANC対応TWS、Soundcore Liberty Air 2 Proをリリース!本気度MAXな仕上がりに

バッテリーメーカーとしても有名なAnkerが、TWSの最新モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』をリリースしました。 Soundcore Liberty Air 2 Proは ...

Xiaomi Redmi K40シリーズはDimensity搭載モデルも登場するぞ!1月20日の最新Soc発表に注目

Snapdragon 888を搭載し、2月中にリリースされる事が公式にアナウンスされているXiaomiのサブブランドRedmiの最新シリーズ『K40』。同社のゼネラルマネージャーLu Weibingは ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.