iPhone 11 Pro MaxがDxOMarkに登場!Xiaomi、Huaweiに次いで世界第3位に!

Pocket
Facebook にシェア

iPhoneの最上位モデルとなる『iPhone 11 Pro Max』。発売から約2ヶ月が経過し、ついにカメラベンチマーク『DxOMark』のスコアが発表されました。

カメラ画質には自信と定評のあるiPhoneの最新モデルは、世界トップランクとなる『117』という高いスコアを獲得しました。このスコアは先日リリースされたばかりの『Mi CC9 Pro Premium Edition』と『Huawei Mate  30 Pro』に続き世界第3位。

写真スコアが『121』で動画スコアは『102』。写真に関しては『Mi CC9 Pro Premium Edition』と『Huawei Mate  30 Pro』に及ばないものの、動画に関してはMate 30 Pro以上、Mi Note 10と並び世界トップクラスの評価を得ています。

iPhone 11 Pro Max

 

Xiaomi Mi Note 10

Huawei Mate 30 Pro

写真スコアの詳細を見ると、iPhone 11 Pro Maxは『露出』『色の精度』『オートフォーカス』性能に優れていることがわかります。苦手分野は極端に光が少ない場所で、これはカメラのセンサーサイズが影響を及ぼしており、アルゴリズムでは暗い場所での画質を補えきれなかったということですね。

『Mi CC9 Pro Premium Edition』とMate 30 Proはハード面にも力を入れているので、カメラセンサーサイズも大きめ。特にMi Note 10に関しては、スマートフォンに搭載するのが難しいレベルのサイズを採用。1億800万画素という現実離れした解像度も、このセンサーありきで実現しています。

高評価を得たのはiOS13.2から搭載された『Deep Fusion』は、ソフトウェアベースの最新機能。。人物写真であれば肌の質感、髪の毛までをしっかり捉え、離れたら距離にある建物のデティールなども高精細に写し出します。

動画に関しては色表現が正確に行われており、HDRを使用することにより、細部の撮り込みがより素晴らしいものになるとしています。手ブレ補正機能にも優れ、全ての面において前モデルとなるiPhone XS Maxを遥かに凌ぎます。動画に関しては『ジンバルが要らないレベルにスゴイ』というレビューが各方面から聞かれており、実際クオリティが高いのでしょう。

iPhone 11 Pro Maxと同じ評価を受けているMi Note 10。どんな動画が撮れるのか楽しみで仕方ありません。

iPhone 11 Pro Maxのカメラは確かに素晴らしい性能を持っているようです。しかしやはり、カメラの命であるセンサーが、Mi CC9 Pro Premium EditionやMate 30 Proには圧倒的に敵わないこと。ズーム機能が弱いことに焦点を当てると、非常に勿体ない端末であるとも言えます。しかし今の状態で価格は税込みで131,780円。ハード面を強化すれば余裕で15万は超えてきてしまうでしょう。そう考えるとこれが限界なのかもしれません。

ちなみに3機種の価格(11/09現在)は以下の通り。

Xiaomi Mi Note 10:8GB/256GB 54,000円

Huawei Mate 30 Pro:8GB/128GB 116,357円 

Apple iPhone 11 Pro Max:4GB/64GB 131,780円

こうして並べてみると、やはりMi CC9 Pro Premium Editionが圧倒的に安いということが良く分かります。半額以下ですからね・・・。これまでもスマートフォン市場の常識を何度も打ち破ってきたXiaomi。Mi CC9 Pro Premium Editionがまた新たな歴史を作ります。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 04/08】Xiaomi Mi Note 10/Pro『46,199円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 04/08】OnePlus 7T『69,847円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 04/08】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【70,399円】

続きを見る

【超最安値 04/08】Xiaomi Mi A3『20393円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 04/08】Xiaomi Redmi Note 8『15848円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 04/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【22439円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【終了】OnePlus 7 Pro【在庫切れ】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 04/08】ROG Phone 2が57749円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.