Xiaomi Mi Note 10にフィルムを貼ったら気泡だらけになった

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomi Mi Note 10の魅力の一つ、それは『立体的なディスプレイ』です。見た目がとにかく格好良い。そして操作性と没入感は向上、高級感も増し、所有欲を満たしてくれます。と、良いところばかりだと思いきや・・・一つだけ問題があります。

それはフィルム問題。通常のガラスフィルムだと、立体部分までガードする事が出来ないんです。出来たとしてもフチから浮いてきてしまうものが殆ど。そこで登場するのがTPU素材の吸着フィルムです。透明の膜をディスプレイの表面に貼るイメージ。全面的に保護出来るのが特長です。

全面保護は傷を防げるだけでなく、見た目も当然スッキリして見えます。フィルムのフチがディスプレイ上に見えているのはかなり格好悪い。折角のMi Note 10のデザインが台無しになります。そこで私はTPU素材のフィルムを注文しました。

Amazonに国内発送のXiaomi Mi Note 10用アクセサリーがようやく登場!

続きを見る

早速貼ってみたのですが、不器用な私が貼ったらこうなりました。

気泡だらけです。湿気のあるところで貼ると良いらしいなど、後から分かったのですが・・・折角の格好良いデザインが台無しに。そうならないためにTPUを買ったのに・・・テンションが下がりました。こんな筈では・・・

フィルムを買いなおそうかとも思ったのですが、時間が経つと気泡が消えていくとの書き込みもあったので、しばらく待つ事に。2日程度待っても、まだ気泡は消えませんでした。もうダメか・・・やはり買い直すか・・・

しかし!4日、5日と経つと・・・

気泡が見事に消えました!これはすげぇ!何も貼ってないかの様にすべっすべピカピカです!

滑りが悪くなるかと思いましたが、ガラスと遜色ない感じです。最強か!Mi Note 10のフィルムを探してる方がおられましたら、間違いなくTPU素材のものをオススメします!そしてもし気泡が入ってしまっても、とにかく待つべし!待つと気泡が抜けていきます。寝て起きてどれだけ気泡が抜けているか見るのも、楽しみの一つになりますよ!

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 07/31】Xiaomi Mi Note 10/Pro『42,027円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.