OnePlus 7Tが軽すぎる!無敵のOnePlus 7から更なる進化。F1スマホの異名を確かなものに

Pocket
Facebook にシェア

私が現在メイン機として使っているのが『OnePlus 7』です。理由は動作が安定していて軽いから。作業用にメイン機として使うには、その要素がとても重要です。ヘビーユーザーであれば猶更ですね。

しかしそのOnePlus 7を余裕で超えてきたのが新モデルの『OnePlus 7T』です。OnePlus 7Tの第一印象はとにかく『軽い』!OnePlus 7より明らかに軽い。これは『90Hz高速表示ディスプレイ』と『Snapdragon 855 Plus』の恩恵なのか。いや・・・それだけじゃない。軽いと感じさせているのは、手に持った時の『重量的な重さ』も関係している様な。

しかしOnePlus 7TはOnePlus 7と比較して電池容量が増量されています(3,700mAh→3,800mAh)。ディスプレイサイズも拡大(6.41インチ→6.55インチ)。さらに、カメラがデュアルレンズからトリプルレンズに、2個から3個に増えています。つまり物理的にはどう考えても重くなっている筈なんです。しかしなぜか軽く感じる・・・私の感覚がおかしくなったのか・・・

気になって眠れません。もうこれは測って確かめるしかねぇ!スペックを調べればすぐに出てきそうですが、折角を本体を持っているので測ってみることに。

まずはOnePlus 7から。開封レビューの時に確か一度測ってますが、忘れてしまいました。『195.4g』。なるほど。またすぐに忘れてしまうと思いますが・・・

次にOnePlus 7Tを測ります。通常であれば200gを超えてきて当然ですね。しかし・・・『191.1g』だと!!??

やはり私の感覚は間違っていませんでした。きちんと4.3gの感覚を掴んでいました。しかしどうしたら軽くなるんだ!近年のベゼルレス化等が影響しているのでしょうか。しかしOnePlus 7も十分ベゼルレスだしなあ・・・不思議です。

手に持った時の『軽さ』は、動作的な『軽さ』と同じくらい重要です。『電池容量が増えて』『画面が大きくなって』『カメラが増えて』=-4.3g。これはすごい事だと思うんですよね。

F1の世界でも『高速化』『軽量化』にはどのメーカーもしのぎを削っています。OnePlusはスマホという違う世界で、F1の様なスマートフォンを作ろうとしています。流石フラッグシップモデル専門メーカー。インドという世界第2位のスマートフォン市場で、フラッグシップモデルのポールポジションを勝ち取ったのも納得。

来年はこのまま独走態勢に入るのか。それとも他メーカーが追従する事になるのか。業界の先頭を牽引するトップスピード!OnePlus 7Tはそれが体感出来る端末です。

OnePlus 7T シリーズのリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.