OnePlus 7Tが軽すぎる!無敵のOnePlus 7から更なる進化。F1スマホの異名を確かなものに

Pocket

私が現在メイン機として使っているのが『OnePlus 7』です。理由は動作が安定していて軽いから。作業用にメイン機として使うには、その要素がとても重要です。ヘビーユーザーであれば猶更ですね。

しかしそのOnePlus 7を余裕で超えてきたのが新モデルの『OnePlus 7T』です。OnePlus 7Tの第一印象はとにかく『軽い』!OnePlus 7より明らかに軽い。これは『90Hz高速表示ディスプレイ』と『Snapdragon 855 Plus』の恩恵なのか。いや・・・それだけじゃない。軽いと感じさせているのは、手に持った時の『重量的な重さ』も関係している様な。

しかしOnePlus 7TはOnePlus 7と比較して電池容量が増量されています(3,700mAh→3,800mAh)。ディスプレイサイズも拡大(6.41インチ→6.55インチ)。さらに、カメラがデュアルレンズからトリプルレンズに、2個から3個に増えています。つまり物理的にはどう考えても重くなっている筈なんです。しかしなぜか軽く感じる・・・私の感覚がおかしくなったのか・・・

気になって眠れません。もうこれは測って確かめるしかねぇ!スペックを調べればすぐに出てきそうですが、折角を本体を持っているので測ってみることに。

まずはOnePlus 7から。開封レビューの時に確か一度測ってますが、忘れてしまいました。『195.4g』。なるほど。またすぐに忘れてしまうと思いますが・・・

次にOnePlus 7Tを測ります。通常であれば200gを超えてきて当然ですね。しかし・・・『191.1g』だと!!??

やはり私の感覚は間違っていませんでした。きちんと4.3gの感覚を掴んでいました。しかしどうしたら軽くなるんだ!近年のベゼルレス化等が影響しているのでしょうか。しかしOnePlus 7も十分ベゼルレスだしなあ・・・不思議です。

手に持った時の『軽さ』は、動作的な『軽さ』と同じくらい重要です。『電池容量が増えて』『画面が大きくなって』『カメラが増えて』=-4.3g。これはすごい事だと思うんですよね。

F1の世界でも『高速化』『軽量化』にはどのメーカーもしのぎを削っています。OnePlusはスマホという違う世界で、F1の様なスマートフォンを作ろうとしています。流石フラッグシップモデル専門メーカー。インドという世界第2位のスマートフォン市場で、フラッグシップモデルのポールポジションを勝ち取ったのも納得。

来年はこのまま独走態勢に入るのか。それとも他メーカーが追従する事になるのか。業界の先頭を牽引するトップスピード!OnePlus 7Tはそれが体感出来る端末です。

OnePlus 7T シリーズのリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

続きを見る

【初月無料】値下げしたBIGLOBEモバイルの契約は月前半が一番お得!今なら最大3万円相当超の期間限定特典まで受けられる

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!2 BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを実際に利用したらYouTubeを480pまで快適に観れた! ...

続きを見る

1億カメラ&120Hz有機ELスマホRedmi Note 10 Proが3万円で登場!33W充電対応デュアルスピーカー

記事に書かれている内容1 3万円で1億カメラにリフレッシュレート120Hzの有機ELディスプレイ!Xiaomi Redmi Note 10 Proは超実用的なスペックが詰まったスマホ!2 Xiaomi ...

Samsung HM2搭載!Xiaomi Redmi Note 10 Pro Maxは1億カメラが使えて2万円台の激安!

記事に書かれている内容1 2万円台でHM2センサーが使える奇跡!Xiaomi Redmi Note 10 Pro Maxはカメラだけで買いなスマホ2 Xiaomi Redmi Note 10 Pro ...

IIJmioに乗り換えでシャオミ、OPPO、モトローラのスマホが110円に!4月から電話番号付きSIMが月額780円!

2月24日に新料金プランを発表し、4月1日からは通信容量2GBで780円(税込:858円)~という信じられない安さで電話番号付きの音声通話SIMを利用出来るIIJmio。4月1日前に契約を行っても、無 ...

AQUOS sense5GのSIMフリーモデルが3月12日から発売開始!AQUOS sense4との違いを比較検証!

SHARPが3月12日から発売を開始するAQUOS sense5GのSIMフリーモデル(SH-M17)。見た目はAQUOS sense4と同じAQUOS sense5G。一体どこが違うのかスペックを比 ...

最上位モデルGalaxy S21 UltraがDxOMarkに登場もS20 Ultraを下回る低スコア!中望遠画質が劣化

スマートフォンのカメラ画質を独自の検証によりスコア化している世界一有名なサイトDxOMark。今回新たに追加されたのはGalaxyの最上位モデルGalaxy S21 Ultra。トータルスコアは121 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.