Xiaomi日本参入第一号は『Xiaomi Mi Note 10』で確定か!5つの眼が見渡す日本市場の風景はいかに

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiが12月9日に日本参入。そして新製品をリリースします。Xiaomi Japanは本日、リリースに先駆け『皆さんには内緒で1つ目に発表する製品を公開します!みんなでどの製品かRTして当ててみよう!』というやや謎めいたツイートを配信。

公開された画像の中には、モロにヒントが隠されていました。アイコンには5つのカメラが。5つのカメラを搭載するXiaomi端末は1台しかありません。そうです、リリースされるのは『Xiaomi Mi Note 10』です!

Xiaomi Mi Note 10は『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』『デュアル光学手ブレ補正機能』『立体ディスプレイ』『最新技術を用いた指紋認証』など、未発売の日本でも大きな話題となっている超注目モデル。最初は様子見で安い価格帯のものから攻めてくるかと思いきや、インパクト勝負できましたね。カメラ特化型は日本の市場ともマッチしているので、それなりの売り上げが期待出来るでしょう!

ただし新参メーカーである事は間違いないので、最初のマーケティングでどこまでしっかりとブランドを認知させる事が出来るかは、かなり重要なミッションに。Mi Note 10で撮影した画像がSNSで拡散されるだけでもそれなりのインパクトはあると思いますが、単純に綺麗に撮れるスマートフォンは他にも色々あります。差別化したいのであれば、ASUSが台湾で行っていたような、カメラ教室的なセミナーを開いてそれぞれのカメラの使い方をしっかりレクチャーすべきですね!

私は既にMi Note 10を所有しているので端末的なサプライズはありませんが、ファーストインプレッションはどうなるかは、とても興味深いところ。恐らく12月9日はお披露目の場となって、発売は少し先ですが、年末にスマホを買おうとしていた人にとっては迷いの種が増えましたね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

Xiaomi Mi Note 10開封レビュー!5つのカメラと立体デザインの虜に。スマホの価値を塗り替えた歴史的な1台に

Xiaomi Mi Note 10開封レビュー!5つのカメラと立体デザインの虜に。スマホの価値を塗り替えた歴史的な1台に

続きを見る

Xiaomi Mi Note 10のマクロカメラで逆光を撮るとこうなる

Xiaomi Mi Note 10のマクロカメラで逆光を撮るとこうなる

続きを見る

Xiaomi Mi Note 10のポートレートカメラで撮る昔の日本。美しい背景ボケ、被写体認識はどこまで進化するのか

Xiaomi Mi Note 10のポートレートカメラで撮る昔の日本。美しい背景ボケ、被写体認識はどこまで進化するのか

続きを見る

Xiaomi Mi Note 10は『5つのカメラ』『撮影モード』を使いこなしてこそ真価を発揮する!脱一眼向けだ!

Xiaomi Mi Note 10は『5つのカメラ』『撮影モード』を使いこなしてこそ真価を発揮する!脱一眼向けだ!

続きを見る

Xiaomi Mi Note 10の『夜景モード』は最新RAW合成技術採用!手持ち、しかもスマホコレかよ!実写レビュー!

Xiaomi Mi Note 10の『夜景モード』は最新RAW合成技術採用!手持ち、しかもスマホでコレかよ!実写レビュー

続きを見る

Xiaomi Mi Note 10の『マクロカメラで撮った画像』と『1億800万画素トリミング画像』を比較してみた

Xiaomi Mi Note 10の『マクロカメラで撮った画像』と『1億800万画素トリミング画像』を比較してみた

続きを見る

Xiaomi Mi Note 10の『光学5倍ズーム』が超すげぇ!やっぱりこれはカメラだぜ!!実写レビュー

Xiaomi Mi Note 10の『光学5倍ズーム』が超すげぇ!やっぱりこれはカメラだぜ!!実写レビュー

続きを見る

Xiaomi Mi Note 10の『1億800万画素カメラ』は拡大して衝撃が走る感動のデティール表現!実写レビュー

Xiaomi Mi Note 10の『1億800万画素カメラ』は拡大して衝撃が走る感動のデティール表現!実写レビュー

続きを見る

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.