『スマホ』『モバイルディスプレイ』『ミラキャス』があればどこでも大画面&ワイヤレスでPUBGが出来ちゃうんだぜ~?

Pocket
Facebook にシェア

ずっと気になっていたアイテムの一つがモバイルディスプレイです。USB Type-Cが登場し、スマートフォンがディスプレイ出力に対応してから、欲しい欲しいと思っていました。しかし最初は種類が少なかったのと、価格がかなり高めだったので手が出せませんでした。

最近ようやく価格もこなれてきたので、試しにはと購入してみました。私が購入したモバイルディスプレイはコチラ。今回はお試しということなので、タッチパネルにも対応していません。あくまでもどんな感じで使えるかどうかの検証目的です。
13.3インチと画面サイズは大き目。しかしハードが入ってないので、ノートパソコンなどと比べて重さは比較にならない程軽い(公表されている重量は599g)です。

フタをしていると完全に一回り大き目なタブレット。カーボン調のテクスチャがオシャレです。汚れも着きにくい感じですね。安っぽくも無く、中々好感が持てます。

フタ部分はSurfaceなどと同じくスタンドとして使用する事ができます。角度は2段階に調整可能。結構しっかり止まるので、ディスプレイの重さで倒れてしまうといったことは無いと思います(そもそもディスプレイ自体が軽いので)。

ディスプレイにはHDMIポートが搭載されているので、ディスプレイ出力に対応したスマートフォンであれば、通常USB-Type-C→ HDMIケーブルを購入すれば有線接続が可能です。しかし、USB Type-Cポートを搭載していても、ディスプレイ出力に対応していないモデルもあります。調べても仕様がのっていたり、いなかったり。いざディスプレイを購入してから使えませんでしたでは困ります。

そこで、もしスマートフォンがディスプレイ出力に対応していなくても、確実にこのディスプレイが使える方法を今回は紹介します。しかもそのやり方はコードレス。有線の煩わしさから解放されます。ゲームをする時も完全にフリー!その為に私が購入したのはコチラAmazonで2,000円くらいで売ってます。お察しの通り、まぁ見た感じは完全にクロームキャストですよね。価格はお安いですが。

実物はこんな感じです。コネクタはHDMIに対応(ディスプレイポート対応など、色々と種類があるので購入する時は間違えないようにしてください)。USB-Aポートから電源を撮る必要があります。

クロームキャストもどきとモバイルディスプレイの電源をとる為に充電器も用意。私は普段使っているANKER16,000mAhがあったのでそれをそのまま使用します。結構使っているのでボロボロですが・・・ちゃんと使えました(ディスプレイ側は1ポート5V/1A以上の出力が必要)。

モバイルディスプレイと充電器を接続する為のケーブルはコチラ(ケーブル同梱されてました!しかし今回使ったのはこのケーブルです)。コンビニで購入したUSB-A→USB Type Cのケーブルです。USB Type-Cコネクタを搭載したケーブルであれば基本的にそれなりの出力に対応しているので、あまり神経質になって選ぶ必要は無いと思います(再三になりますが付属してます!)。

クロームキャストもどきを使ってキャストするには『EZMira』というアプリを使います。簡単ですが、設定方法については別記事で書こうと思います。ひとまず紹介したアイテムを使って接続するとこの様になります。

スマホは完全にコントローラーとして使えるようになりますね。ROG Phone 2なんかは、ガッツリ設定して遊べばかなりやばい感じになるかと。

モバイルディスプレイの良いところは、スマートフォン用の充電器で動いちゃうところですね。後はやはり圧倒的な軽さ!映すに特化しているからこそ。そしてクロームキャストもどき、安いので心配でしたがいい仕事してくれます。ゲームするなら絶対にワイヤレスの方が良いです。ファミコンかPS4かの違いですよね。

モバイルディスプレイはOSも言語も関係ないので、海外から購入した方が安くてオススメです。4K解像度が2万円台ですからね・・・。格安モデルから高性能モデルまで、一通り紹介するので良かったらぜひ!

オススメのモバイルディスプレイはコチラ!

ASUSのモバイルディスプレイをBanggoodで購入する

ASUS モバイルディスプレ MB16AC 15.6インチモニター(ダークグレイ) 34,536円 【20枚限定】

ASUS モバイルディスプレ MB16AC 15.6インチモニター(ダークグレイ)のクーポンコードをコピーする

 

ASUS ZenScreen MB16AHPポータブルモニター 15.6インチモニター(ブラック)45,673円

ASUS ZenScreen MB16AHPポータブルモニター 15.6インチモニター(ブラック)のクーポンコードをコピーする

 

ASUS ZenScreen Touch MB16AMTポータブルモニター 15.6インチ(ダークグレイ)56,487円

ASUS ZenScreen Touch MB16AMTポータブルモニター 15.6インチ(ダークグレイ)のクーポンコードをコピーする

 

BlitzWolf®の モバイルディスプレイをBanggoodで購入する

BlitzWolf® BW-PCM4  UHD 4K 15.6インチモニター(ブラック) 27,688円 【20枚限定】

BlitzWolf® BW-PCM4  UHD 4K 15.6インチモニター(ブラック)のクーポンコードをコピーする

 

BlitzWolf® BW-PCM3 Touchable FHD 15.6インチモニター(ブラック) 19,920円 【20枚限定】

BlitzWolf® BW-PCM3 Touchable FHD15.6インチモニター(ブラック)のクーポンコードをコピーする

 

BlitzWolf® BW-PCM2 FHD 13.3インチモニター(ブラック) 16,268円 【20枚限定】

BlitzWolf® BW-PCM2 FHD 13.3インチモニター(ブラック)のクーポンコードをコピーする

 

BlitzWolf® BW-PCM1 FHD 11.6インチモニター(ブラック) 13,059円 【20枚限定】

BlitzWolf® BW-PCM1 FHD 11.6インチモニター(ブラック)のクーポンコードをコピーする

 

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 05/20】Xiaomi Mi Note 10/Pro『43,018円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 05/22】OnePlus 7T『52,051円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 05/15】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【69,849円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.