Banggoodのシステムが信じられなくなったのでとりあえず晒す

Pocket
Facebook にシェア

このブログは中国のオンラインショップ『Gearbest』『Banggood』という2つのオンラインショップの商品リンクを掲載しています。掲載しているリンクから商品が買われると、僅かばかりの報酬を得られるという仕組みです。クーポンや価格は毎日変わるので、情報の変更には毎日数時間を費やしています。

それなりに時間と命を削って行っているブログの更新なので、取引先にはちゃんとしていてもらわなければ困ります。しかしとある日、事件は起こりました。Banggoodのコミッション(購入された後に発生するお金)が大きく変動しているのです。一日の変動額としては明らかにあり得ない数字で、内部的に何かしなければ起こりえません。大規模なシステム障害が起こったのであれば、直ちに報告すべきでしょう。仮にGoogleやAmazonで同じ自体になったらどうなりますか?世界中に大ニュースとして広まりますよね。

その事についてすぐに報告しようと思いましたが、私はBanggoodからの報告を待ちました。しかし何の報告も無く、数日後に数字は元に(正確な数字なのかは分かりません)戻りました。その件で私は、Banggoodのシステムが全く信用出来なくなりました。

それからスクリーンショットを撮り、数字が正しく動いているか数字合わせを始めました。そしてすぐにおかしな事に気づきます。Banggoodの報酬は、買われてから45日して『確定報酬』となります。確定報酬になった時点ではじめて出金が出来ます。その45日間が何を意味するか分かりません。が、今はその意味が分かりました。

数字合わせの内容は、45日前のコミッションと45日後に増える確定報酬の金額について。通常、キャンセルを省いたコミッションが確定報酬に変わるという計算です。5000円の報酬があり、1000円キャンセルされていたら4000円が確定報酬になる。小学生でも分かりますよね。しかし確定報酬に変わっている金額は限りなく0(確定前報酬だけがすごい勢いで減っていく)なのです。

そこで考えた原因は以下の通り。

  1. 意図的にデータが改ざんされている
  2. システムがエラーを起こしている
  3. キャンセル分だけは45日経たず即時に反映されている

今可能性として高いと思っているのは3番です。これが事実だとした場合、45日分のキャンセル料に報酬が追い付かなくなった場合、限りなく確定報酬はゼロの状態が続きます。そして仮に、Banggoodが倒産した場合は45日分の報酬を失うだけでなく、45日分のキャンセル分も失うということになります。これってとんでもなくリスキーじゃないですか?

コミッションが大変動したことから、システムが信頼できるレベルに無い事は明らか。それに対する報告が無かったので企業としても信用できない。しかしここでリンクの掲載をとりやめ、取引を停止したら相手の思うツボです。奴らは新しくブロガーを探すだけです。最近では未成年への営業が目立ちますね。流石に取引をやめるブログが増えているのでしょう。

Banggood、Gearbestも自社でASPのシステムを運営しています。つまり逆に言えばやりたい放題。信頼を失ったらアウトなのです。一体どんな状態で運営されているのか、しばらく検証を行いたいと思います。私との取引を両社が停止したら、確実に不正を行っているという判断で間違無いかと。逆に何か私に勘違いがあるのであれば、その事を正して改めて記事にしたいと思います。しかし上記からして、そもそも運営の仕方に問題がありそうですね。

もし検証にご協力いただける方がおられましたら、当ブログから何かご購入された際に、注文番号と一緒にhypergadget7@gmail.comまでご一報いただけると幸いです。この検証を行う事は、もしきちんと運営がされているのであれば、店の信頼を高める事にも繋がります。長い目で見れば良い事なのかと。そしてもし不正が発覚した場合は、当然ですが日本から出ていってもらいます。そんな店はいらねえ。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 07/31】Xiaomi Mi Note 10/Pro『42,027円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.