ジャパネットたかたのスマホは高齢者がスマホに移行する為の最強プランがウリだった!実用性を高めたカスタマイズも好印象!

Pocket

今日ファミレスで昼ご飯を食べていました。隣には主婦らしき3人組。かなりの声量なので、聞く気が無くても会話の内容はこちらに筒抜けです。話していたのは偶然にもスマートフォンについて。これは興味深い!

『ジャパネットのスマホ高すぎるわよね~!分割だからって合計にしたらいくらになると思ってるのかしら!?私は騙されないわよ!』こんな感じの内容でした。日本のスマホにも、ジャパネットたかたにも疎い私からするとなんのこっちゃ状態。どうせジャパネットが旧型をごり押ししてるんだろう。質が悪い。その時はその程度に思っていました。

それから数時間経ち、なんとなく『ジャパネット』『スマホ』というワードが頭に浮かんだので調べてみることに。検索するとすぐに『これだろ』というのが出てきました。スマホ単体ではなく、通話やネットもセットになった、通信業者がやっているようなコミコミプランです。

月々にかかる料金は4,380円(税込)※新規、docomo、auから乗り換えの場合

4,380円の内訳は下記の通り

通信料金:2,290円/月

1.何時間でも、何回でも、誰とでも通話し放題

2.インターネット通信容量 9GB

機種料金:2,090円/月(初回は頭金が必要)

頭金10,780円+2,090×24=60,940円

※docomo、auから乗り換えの場合は頭金10,780円が100円(12/27までキャンペーン中)

頭金100円+2,090×24=50,260円

自宅までスマホの使い方を教えてに来てくれる

専門のスタッフが自宅まで出向き、設定や利用方法をレクチャーしてくれるとの事。これは非常にありがたいサービス。私の家でも祖母(80代後半でもうすぐ90歳)がスマホに移行する時は、とんでもない苦労をしました。あまりに拒否反応を示しているので無理なのではないかと思ったレベル(私が帰省した時に最初の触り程度を教え、残りは母親の努力によりなんとか移行出来ました)。専門のスタッフであれば、要所をわきまえているはずなので、スムーズに移行出来そうな予感。

さらにアフターサポートも対応しているので、分からなくなった時は電話で質問する事ができます。アフターサポートに関しては、電話が全く繋がらないといった状況は避けて欲しいですね。折角のサービスが台無しになってしまいますから。

それから、もしレクチャーを受けて、無理だったら返金しますという保証もつけてくれたら完璧ですね!本当に無理な人は無理ですから。

本体のカスタマイズがとにかく高齢者向け

私は祖母と接する機会がそこそこ多いので、高齢者が普段の生活で相当の苦労をしている事を、なんとなく理解しています。当たり前の事ですが、『文字は見えづらくなる』『耳は聞こえづらくなる』。これが老化というものです。

『読みやすいフォントを使う』『声を聴きやすくする』『話すスピードをゆっくりに調整する』『話した声をクリアに届ける』など、高齢者には至れり尽くせるのカスタマイズ。

らくらくスマホという類はみなこういった仕様なのでしょうか?Snapdragon 865の圧倒的な処理能力は、高齢者にとっては逆に速すぎて負担となります。老化に合わせた実用性、利便性こそが、高齢者にとっての全てです。

大変なのは最初だけ。慣れれば後はスムーズに

ガラケーをやっと覚えたと思ったら、今度はスマートフォンか!というのが一般的な高齢者のご意見だと思います。意欲的にというより、急き立てられて渋々といった方の方が多いでしょう。しかし一度移行してしまえば、ガラケーの時ように、基本的な操作は一緒です。

スマートフォンを使えば、大きくなった画面で調べものをしたり、カラオケだって出来ます。最初は文字が打ちづらいなどクレームが出るかもしれませんが、それもすぐに慣れます。家族皆がスマホになれば、後々どこの回線でも自由にファミリープランを組んで、トータルの通信料を下げる事も出来ます。『高齢者がガラケーから移行する為』のスマートフォン、時代に合ってるじゃないですか。意外と高くないかもよ!?

ジャパネットたかたの高齢者スマホ移行プランは→コチラ

ジャパネットタカタより圧倒的に安い!格安SIMフリースマホリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/31】Xiaomi Mi Note 10/Pro『42,027円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

AnkerがANC対応TWS、Soundcore Liberty Air 2 Proをリリース!本気度MAXな仕上がりに

バッテリーメーカーとしても有名なAnkerが、TWSの最新モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』をリリースしました。 Soundcore Liberty Air 2 Proは ...

Xiaomi Redmi K40シリーズはDimensity搭載モデルも登場するぞ!1月20日の最新Soc発表に注目

Snapdragon 888を搭載し、2月中にリリースされる事が公式にアナウンスされているXiaomiのサブブランドRedmiの最新シリーズ『K40』。同社のゼネラルマネージャーLu Weibingは ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.