JBLが『無限に音楽を聴き続けられる』ソーラー発電対応ヘッドフォンをリリース!Indiegogoで今なら10,800円!

Pocket
Facebook にシェア

こんなガジェットあったら絶対面白い!という、どちらかと言えばアイディア商品。サンコーレアモノショップとかが販売しそうな変わり種ヘッドフォンを、なんとあの『JBL』がリリースしました!

JBLと言えばBOSEと並ぶ超有名オーディオメーカー。デザインで遊び心は見せても、変わり種を作るといったイメージはありません。今回JBLがリリースしたヘッドフォンは、なんとヘッド部分がソーラーパネルになっていて、屋外では自己発電しちゃうんです!これはもはやドラえもんの世界。かなりメカチックな、あまり格好良くないデザインを想像してしまいます。しかしそこをスタイリッシュに仕上げてくるのが流石のJBL。その機能と見た目のデザインを融合させた、ソーラー発電機能搭載ヘッドフォンがコチラ。

なるほど。一部ではなく全面をソーラーパネルにしたことでデザインとして一体化してますね。これはお見事。面積も広くなっているので発電効率も向上。改めてすごいデザインだ・・・。

ヘッドフォン自体には700mAhのバッテリーが搭載されていて、1度の充電による連続駆動時間は約24時間。仮に1日3.5時間音楽を聴くとして、その内屋外で聴いている時間が1.5時間だとすると、駆動時間は68時間に。2時間だと168時間。そして2.5時間で無限リスニング状態に突入します。

あくまでこれは直射日光の元での計算だとは思いますが、外でばかりこのヘッドフォンを使っていれば、充電要らずの環境が構築できるかもしれません!試した過ぎる・・・。有線においては15分の充電で2時間の駆動時間を確保。まぁ早いとは思いますが、もはや興味なしですね。ソーラー充電機能がついてて、音質がソコソコであればそれだけで満足です。

カラーは明るめのグリーンと暗めのレッドの2色。随分とイメージが違いますね。

すぐにでも欲しくなるこのソーラーヘッドフォン。さらに欲しくなるのがそのお値段。Indiegogoの早割価格はなんと10,800円程度!安い!しかし発送予定日は2020年の10月とかなり先。忘れた頃にやってくる感じでしょうか。今後他のメーカーでも、是非出して欲しいアイディアデザインですね!

SIMフリースマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 07/31】Xiaomi Mi Note 10/Pro『42,027円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.