Xiaomiが約1630億円かけて建てた要塞がコレだ!一目で分かる圧倒的なチカラ!こんな会社で働きてぇ!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiは約2年間かけて、中国のWuhan Cityに新たに本社を開設しました。Xiaomiは日本に参入したばかりの企業なのでまだあまり詳しく知らない人の方が多いかもしれませんが、この建物を見ればどれほどの企業なのか少しは伝わるはず。もうこれはヤバイですよね。

本社は技術に関する専門の従業員約2,400~3,000人程度が働く、複合施設としても稼働します。建設コストは約1630億円。敷地面積は約52,000平方メートルに及びます。

Xiaomiはこの施設を利用して、今後スマートフォン以外にも新たな技術開発も行っていく予定です。最先端の技術がより企業としての強みを増し、Xiaomiという名前を多くの場所で聞く機会を増やすでしょう。

増収増益できたXiaomiですが、主軸のスマートフォン部門で頭打ちとの情報も多く流れる中、日本も含め来年はどんな動きを見せてくれるのでしょうか。楽しみですね!

格安SIMフリースマートフォン リアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 05/20】Xiaomi Mi Note 10/Pro『43,018円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 05/22】OnePlus 7T『52,051円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 05/15】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【69,849円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.