OnePlus 7TとXiaomi Mi Note 10の夜景モードを比較!『画質で選ぶ』か『画像で選ぶ』か!

Pocket

先日OnePlus 7TとXiaomi Mi Note 10を使って、簡単な撮り比べをしてみました。撮影シーンは夜景です。どちらの端末も『夜景モード』で撮影。レンズもソフトウェアも違うので、同じ撮影結果になる事は絶対にあり得ません。

まずはOnePlus 7Tの夜景モードで撮影した画像から。OnePlusの端末は、前モデルのOnePlus 7も含め、アップデートの度に夜景モードの画質を強化しているイメージです。

続いてXiaomi Mi Note 10の夜景モードで撮影した画像。

2つの画像を見比べて、イメージがかなり異なっている事に気づきます。そう感じさせているのは『色』です。OnePlus 7Tは『暖色系』、Mi Note 10は『寒色系』なので、同じ場所で撮影しているにも関わらず、ここまではっきりと受ける印象が変わってくるのです。

カメラとして優秀なのはMi Note 10

Mi Note 10OnePlus 7Tより大きなカメラセンサーが使われていたり、『Night Shot 2.0』という、RAW形式から書き出す最新の夜景モードが搭載されています。よって、ディテールの細かさだったり、ノイズの少なさではMi Note 10が優れています。

Mi Note 10の夜景モードは寒色系。季節感は出せるが求められている色とはちょっと違う

ただし、画像から少し冷たい印象を受けるのは、今が冬という季節であり、色が寒色系だから。『冬の季節を表現したい』時にはこの色表現は有効です。雪が降り積もっている状態で撮影すれば、さらに冬の季節感を高める事が出来るでしょう。しかし今回撮影した画像では『木が枯れている』くらいしか冬を連想させる要素が無いので、少し中途半端な印象に。

夏の広告に『青い色』が多用されるのは、人の求める色が『寒色系』に変化するから。例えば、真夏に模様がえをしてカーテンの色を選ぶとします。『オレンジ』と『水色』の2色しか選べない場合、殆どの人が『水色』を求めるでしょう。理由はオレンジは『暑さ』、水色は『涼しさ』を連想させるから。実際カーテンの色を変えることで部屋の温度は下がらないので、これはあくまで『イメージ』の話です。

OnePlus 7Tの夜景モードは暖色系。わざとらしさはあるけど冬に求められているのはコッチ

カメラ性能に関して言えば、OnePlus 7TMi Note 10より劣ります。しかし、OnePlus 7Tで撮影した画像は『暖色系』。冬に求められるのは暖かさを連想させる暖色系なので、『受ける画像』という意味では、『OnePlus 7T』の方が優れていると判断します。実際昨日の夜、OnePlus 7Tで撮影した夜景画像をTwitterに投稿したら、それなりの数の『いいね』をいただきました(ありがとうございます!)。受けそうな構図であった事も確かですが、暖色系である事も関係しているなと。

OnePlus 7Tのアルゴリズムがどこまで進化しているのかは分かりませんが、季節の時間軸まで考慮して色の補正を加えているのであれば、これは他メーカーから一歩リードしていると言えるでしょう。しかし夏に同じ場所で撮影してこの色だった場合、アルゴリズム云々ではなく、それはOnePlus 7Tの色特性という事になりますね。

違う夜景画像でも比較してみる

違う場所でも撮影してみましたが、やはり結果は同様。夏でも祭りなどで活気を表したい場合は暖色系が有効なので、その辺りは正直調整が難しいですね。シーン認識として『祭り』があるのかどうか。

Mi Note 10の画像も暖色系に変える事ができる

画質のクオリティ自体はMi Note 10の方が高いので、後は一手間かけられるかどうか。暖色系の色味に加え、HDRを少し強めにすれば、OnePlus 7Tのイメージに近づきます。私はPhotoshop以外の画像編集ソフトに詳しくないのでPhotoshopを使いましたが(加工は2,3分程度。5分かかりません)、スマートフォンのアプリでも、この程度の加工であれば問題なく出来るでしょう。

色の最適化はスマートフォンカメラの明暗を分ける

季節に合わせて撮影した画像の色を変えるというのは、とても大切なことです。SNSに投稿する目的であればそれは猶更のこと。端末名が入ったウォーターマーク付きの画像が拡散される事は、メーカーからすればコストもかからない最強の宣伝方法です。つまり『SNSで高評価を受けやすい画像の作り込み』は何よりも重要で、色の最適化は絶対なのです。

また、色の重要性が増している背景には、使用されているディスプレイの変化があります。元々スマートフォンのディスプレイには『液晶』が使われていましたが、今は『有機EL』にシフト。有機ELはハイコントラストな画像表現を得意とします。つまり『HDR』で撮った画像は、有機ELディスプレイで見る事によって真価を発揮するわけです。各メーカーが『夜景モード』の搭載を標準化させたのは、センサーや画像合成技術の進化に加えて、『夜景が有機ELディスプレイに映える画像だから』というのも、理由の一つとしてある様な気がしています。

折角一生懸命撮影した写真なので、パソコンの大画面で見て欲しいとの思いもありますが、実際はスマートフォンの小さな画面で見ている人が殆ど。スマートフォンで見て『映え~』な画像を撮れるカメラ。まだ開発の余地はありそうです。

格安SIMフリースマートフォン リアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/31】Xiaomi Mi Note 10/Pro『42,027円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
色々と『ラク』になったMi Band 6が国内リリース!Mi Band 5との違いとは?画面が大きくなっただけじゃない

Xiaomiは6月24日、最新スマートフォンMi 11 Lite 5Gと同時にMi Band 6をリリースしました。販売予想価格は5,990円(税込)で発売開始は7月9日から。 Xiaomiより Mi ...

OPPO A54 5G セール
OPPO A54 5Gが9,900円で買えちゃう!?Amazon、楽天、格安SIMで販売価格を比較!安く買えるのはココ

5G世代になり大きな進化を遂げたエントリーモデル。『OPPO A54 5G』が搭載するSnapdragon 480のantutuベンチマークスコアは30万超え。もうすでにエントリーモデルという括りは存 ...

OPPOの5Gスマホ
格安5Gスマホ『OPPO A54 5G』『OPPO Reno5 A 5G』の違いとは?価格と性能を総合的に比較してみた

OPPOの最新スマートフォン『OPPO A54 5G』『OPPO Reno5 A 5G』。5G世代のエントリー、ミッドレンジモデルです。メーカー希望価格はOPPO A54 5Gが31,800円(税込) ...

mi 11 lite 5G
iPhone 12より軽いMi 11 Lite 5G遂に登場!5nmのスナドラ780がシャオミのイメージを大きく変える

記事に書かれている内容1 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが日本市場に登場!2 Mi 11 Lite 5Gの取り扱いを行う店舗3 Mi 11 Lite 5GはXiaomiのイメージを覆す超軽量 ...

Galaxy Watch Active 4
Galaxy Watch Active 4のレンダリング画像がリーク!Wear OS搭載で無敵になりそうな予感

世界中にファンを持つSamsungのGalaxy Watch Activeシリーズ。最新モデルとなるGalaxy Watch Active 4のレンダリング画像をGIZNEXTとOnLeaksがリーク ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OnePlus, OnePlus 7T, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Mi Note 10, Xiaomi Mi Note 10 Pro, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ファブレット, 総合レビュー
-, , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信