OnePlus 7Tは2019年度ハイガジェランキング第1位!満足する事を知らないメーカーの努力が詰まった最高傑作

Pocket
Facebook にシェア

OnePlus 7Tは低めに設定した期待値の遥か上を超えてきた

私がはじめて手に入れた『OnePlus』のスマートフォンが、OnePlus 7Tの前モデルとなるOnePlus 7だ。元々一部のスマホ好きから絶大な支持を受けていているメーカーだという事は知っていた。しかしそういう評判の良いメーカーに限り、実際に使ってみるとイマイチだったりする。OnePlusではそういった思いをしないようにと期待値を低めに設定。

しかしその低めの期待値の、遥か上を超えてきたのがOnePlusだった。スマートフォンなんてどれも同じだろう。グローバルモデルは日本モデルの様に無駄な装飾がされていないので、特にそう感じさせられる。しかしこいつは違う!操作していて体感的に感じる違い、それは『速さ』だった。このスタイリッシュなボディに、その圧倒的な速さを引き出すチカラが秘められているのだから驚かされる。

OnePlus 7Tは『速さ』がさらに進化

OnePlus 7Tではその『速さ』がさらに上がっている。フラッグシップモデルで体感速度を上げる事はもはや至難の業。SocはSnapdragon 855からSnapdragon 855 Plusにアップデートされているが、それを考慮しても難しい筈。一体どんな神業を使っているのか完全に謎。一つ考えられるのは、旧モデルとの差別化を図る為に、システムの最適化をより強化しているということ。後は電池が増量されたのに、本体重量がOnePlus 7より軽くなっているので、動作も持った時の感覚もどちらも軽くなり、軽さ=速さという錯覚を起こしているのかもしれない。どちらにしても、私にとって軽さはプラスの要素でしかない。

OnePlus 7Tは高速ディスプレイ搭載で上位モデルを脅かす存在に進化

また、OnePlus 7Tには90Hzの高速表示ディスプレイが導入された。高速ディスプレイは元々上位モデルとなるOnePlus 7 Proのみが搭載していたが、今回のアップデートではその部分での差別化が無くなったカタチに。フラッグシップモデルでもまだ搭載している端末の少ない高速ディスプレイ。つまりプレミアムスペックということだ。このプレミアムスペックは良い事ずくめ。90Hz表示に対応するゲームをプレイすれば、動作がヌルヌルになり没入感が向上。PUBGは最高設定でプレイする事が可能になるので試してみた。実際にやってみると、普段ゲームをしない私でも違いに気づくレベル。滑らかな動きの虜となり、あっという間に時間が経過していた。これは危ない。

そしてスマホヘビーユーザーは、スクロールして情報を探す時間が圧倒的に長い。スクロールする度に目の疲れは増している。その疲れを軽減してくれるのが高速ディスプレイだ。元々1秒60コマで表示していたのを90コマに。つまり、ディスプレイの中で動いている世界がより現実に近づいたわけだ。コマ数が上がれば上がる程目の疲れは軽減されるので、長時間スマートフォンの画面を見ている人にとって、これはとてつもなく大きな進化と言える。

OnePlus 7Tのカメラにはユーザーの要望と開発者の本気が詰まっている

さらに大幅に強化されたのがカメラ機能。正直他のスペックがあまりに高いので、カメラは普通よりちょっと良いレベルで、OnePlus 7Tの場合は満足していたかもしれない。しかしカメラにも手を抜いていないのがOnePlusという武骨なメーカー。OnePlusのカメラは元々そこまで定評が無く、本格的にカメラの開発が行われたのはOnePlus 7 Proから。その時に専門の研究開発チームが発足し、カメラ画質が大幅に向上した。OnePlus 7Tではその技術が引き継がれているだけでなく、カメラの数が2つから3つへと物理的な進化も遂げている。

進化したOnePlus 7Tのカメラには、OnePlusの公式コミュニティに寄せられていたユーザーからの要望が反映されている。例えば動画を撮る時に広角撮影が可能に。広角になった事により、アクションカメラ並みの広い画角を手に入れた。さらにポートレートモード時のズーム撮影、夜景撮影時の広角撮影機能が追加され、撮れるシーンが大幅に拡大。更にマクロモードが追加され、マクロ撮影時も広角とズーム(スーパーマクロ)を選択する事が出来る。もはやOnePlue 7のカメラと比較すると、完全に別モノになった。

OnePlus 7Tの新しいデザインはより多くのユーザーに水の様に浸透する

これだけでもう十分なのだが、OnePlusというメーカーは満足する事を知らないのだろう。外観デザインもさらに向上しているのだ。OnePlus 7をはじめてみた時、レンダリング画像との違いに愕然とした。実物の方が圧倒的に格好良かったのだ。これまでに使ってきたスマートフォンの中で、一番格好良いと素直に思った。OnePlus 7Tはそれを超えてきた。フロストカラーが採用され質感も変化。見た目のテイストは当然変わっている。

イメージがガラッと変わった場合、大体は前モデルの方が評価が高くなる。なぜこんな無駄なイメージチェンジをしたのかと、批判にさらされる事が一般的と言えるだろう。しかしOnePlus 7Tは超えてきた。ラグジュアリーという言葉がお似合いだったOnePlus 7に上品さをプラスしてきたのだ。ラグジュアリーという表現は、聞く人が聞けば敬遠したくなる言葉だ。私はたまたまそっちのテイストが好きなのでドンピシャだったが、大人しめのファッションが似合う人であれば、ラグジュアリーはハマらないのかもしれない。しかしOnePlus 7Tであれば問題ない。洗練された面影は残しつつ、しっとりとしたオーラを纏う事で透明感が増した。日本であれば和服にも似合うだろう。

OnePlus 7Tのカメラデザインは最高のバランスをいち早く定義

見た目を向上させている要素にはカメラデザインも含まれる。カメラが性能的にどれだけ良くなったかは前述している通りだが、進化したのは性能だけではないのだ。スマートフォンのカメラデザインは、どんなレイアウトにしてもどこかしら似てしまう。なのでどのメーカーも頭を悩ませている。しかしその難関を突破し、見せびらかしたくなるようなカメラデザインを採用したのがOnePlus 7Tである。完璧にバランスがとれたレイアウトはまさに圧巻。スマートフォンの顔と言える背面の主役はココにありだ。

頂点の世界は、いくところまでいけば行き止まりになり、何も見えなくなるはず。OnePlusはすでにフラッグシップモデルの世界では頂点に君臨すると言っても過言ではない。見えなくなってきているものも必ずある筈だ。しかしそれを微塵も感じさせない強さ。その強さこそが、一度掴んだファンを離さないのかもしれない。

実際に使ったスマホ 2019年ハイガジェランキングTOP3

OnePlus 7Tは2019年度ハイガジェランキング第1位!満足する事を知らないメーカーの努力が詰まった最高傑作

OnePlus 7Tは低めに設定した期待値の遥か上を超えてきた 私がはじめて手に入れた『OnePlus』のスマートフォンが、OnePlus 7Tの前モデルとなるOnePlus 7だ。元々一部のスマホ好 ...

続きを見る

Xiaomi Mi Note 10は2019年度ハイガジェランキング第2位!あらゆるシーンを記録してその場で共有できる!

続きを見る

ROG Phone 2は2019年度ハイガジェランキング第3位!軍用車並みのモンスタースペック!どんな悪路も突き進む!

続きを見る

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 05/22】OnePlus 7T『52,051円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 05/15】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【69,849円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.