Xiaomi Mi 9T Pro、Redmi Note 8 Pro / 8は値下げMAXの今が買い時!無くなる前に買えぇ

Pocket
Facebook にシェア

2019年を代表する真の最強コスパフラッグシップモデル『Xiaomi Mi 9T Pro』は在庫残り僅か

Xiaomiは今年もスマートフォン市場で最も存在感を示したメーカーの一つになった。そのXiaomiで最も売れたフラッグシップモデルが『Mi 9T Pro』。SocにSnapdragon 855を搭載し、最高の処理能力を持つのは勿論、ポップアップカメラを利用する事で、ノッチ無しの全画面ディスプレイデザインを可能とした。また、長い時間をかけて考えられた美しい背面も魅力的。非の打ちどころがないスマートフォンと言っても過言ではない。

『処理能力』『見た目のデザイン』『価格』、全て完璧を求めるなら恐らく『Mi 9T Pro』という選択肢が、全てのスマートフォンの中でもベスト。しかしある意味当たり前の話なのだが、完璧すぎるスマホの人気は凄まじい。殆ど在庫が無くなっている。Xiaomiで唯一残念なのは、新モデルへの新陳代謝が早すぎる事。後2年は売り続ける事が出来る性能でも、新モデル投入の為に生産を止めてしまう。これはかなりリスキーな事ではあるが、メーカーの成長を止めない為には必要なのかもしれない。現にXiaomiは成長し続けている。そして残念ながら、その新陳代謝に沿って、Mi 9T Proは市場から消えていこうとしている。

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

ミッドレンジモデルの頂点に立つ『Redmi Note 8 Pro』が2万円台で購入出来るという奇跡

そしてミッドレンジモデルのレベルを一つ上に押し上げたのが『Redmi Note 8 Pro』だ。このスマートフォンの登場により、ミッドレンジモデル=ソコソコ使えれば良いという概念が吹き飛ばされた。なぜならAntutuのベンチマークは30万近いという化け物スペックだからだ。Antutuのミッドレンジスコアランキングでは頭一つ抜け出した性能を持ち、フラッグシップモデルをも脅かす存在となっている。

しかしRedmi Note 8 Proの真骨頂は処理能力ではない。カメラだ。6400万画素の超高解像度カメラをフラッグシップモデルよりも早くに搭載し、その存在感を世界中にアピールしたのは記憶に新しい。さらにマクロに加えて超広角撮影も可能となり、カメラスマホの第一人者として今も業界をリードしている。Micro SDカードが使えるので、容量を気にせず使えるのも嬉しい。これだけ魅力だらけのRedmi Note 8 Proは、なんと2万円台で買えるのだ。どうにも信じられない。

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

最高の見た目と実用性を兼ね備える『Redmi Note 8』は全ての人を満足させてくれる

ミッドレンジなのかエントリーなのか、階級が分からないのが『Redmi Note 8 Pro』の弟分に位置づけされる『Redmi Note 8』だ。開封動画を撮影した際には、その品質の高さに開いた口が塞がらなかった。これが1万円台中盤で買えてしまうなら、他の格安スマホメーカーは全滅じゃないかと素直にそう思った。それくらいの高いクオリティ。クアッド(4つ)レンズカメラまで備える無双ぶり。1万円台で。あり得ないだろう。

さらにこのRedmi Note 8はトリプルスロットを備えている。SIMカード2枚とMicro SDカードを同時に使う事が出来るのだ。プライベート、ビジネス用途共に大活躍する事間違いなし。

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

Xiaomiの端末はギリギリの販売価格。返品率の上昇=赤字だから品質も高い

しかしRedmi Note 8の価格を基準にすれば、上位モデルとなるRedmi Note 8 ProとMi 9T Proがどれ程高性能でハイコスパかを想像できる。Xiaomiは安物を売っているのではない。コストを限界まで切り詰め、適正価格で販売している。ギリギリの価格で売るということは、不良率を極限まで抑えなければ赤字になる。だから品質も当然高い。

Xiaomiのスマートフォンにはかなり本格的な防水加工が施されている

また、知られていないのが、Xiaomiの端末にはRedmi Note 7以降から防水加工が施されている。しかもかなり本格的なものだ。日本ではIP規格をとっていなければ防水では無いという認識だが、あの規格は取得するのにかなりのコストがかかるのだ。XiaomiやOnePlusといった、コストをギリギリまで抑えているメーカーは、IPの取得より実用性を重視している。防水加工している事は自社の宣伝とユーザーの口コミで広まれば良いという考えだ。なので私はその考えに賛同し、Xiaomiの防水加工について拡散するつもりである。

How water-resistant is the Redmi K20 Series? | P2i splash-proof protection

Our partners at P2i has been developing liquid repellent nano coatings for more than a decade. Their flagship splash-proof technology makes devices water-resistant and improves their ability to survive everyday liquid damages. #RedmiK20Pro #RedmiK20 #AlphaFlagship

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 05/26】OnePlus 7T『51,933円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 05/15】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【69,849円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.