Xiaomi AmazfitからG-SHOCKが出るって!?耐衝撃スマートウォッチが2020年1月1日に衝撃のリリース!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiの関連企業である『Huami』が、1月1日にスマートウォッチの新製品をリリースする。リリース日と共に名称も公開された。その名は『Amazfit T-Rex』。名前から堅牢感がモロに伝わってくる。これは男性陣の期待が膨らむモデルになる事間違いない。

HuamiはAmazfitシリーズを市場に投入後、売り上げの拡大と共に大きな成長を遂げた。最近リリースされた『Amazfit GTR』や『Amazfit GTS』ではそれが顕著に表れており、日本を含めた世界中にファンが拡大している。Amazfit GTRに関しては、つい先日日本語表示が可能になるアップデートが配信された。

Xiaomi Amazfit GTRが日本語表示に対応しました。LINEのメッセージ確認も可能に!

続きを見る

私はAmazfit GTRをすでに持っていたので、LINEの通知が文字化けしなくなり歓喜している。そしてAmazfit GTRの日本語化を待ってましたとばかりに、廉価版のAmazfit GTR Liteが登場。勢いに乗っているメーカーHuamiの怒涛のリリースが続く。

Amazfit GTRの弟分!Amazfit GTR Liteが発売開始!先着5,000名のみ1万2千円の激安価格!

続きを見る

そして次はやはりGTSにアップデートが展開されるのか。欲しいと思っている人たちは気が気では無いだろう。

しかしAmazfit GTSの日本語アップデートを待っている間に、新型のAmazfit T-Rexがリリースされてしまうというこの状況。1日1日のリリースを控え、すでにAmazfit T-Rexの画像は複数のメディアにリークされている。

このゴツさ、たまらない。Amazfit GTRAmazfit GTSの様にインテリジェンスを感じさせるスマートウォッチも悪くないが、やはり男はG-SHOCK。象が踏んでも壊れないスマートウォッチ、素敵じゃないか!

また、FCC認証に登録された情報によれば、Amazfit T-Rexは5気圧防水(水深50mの水圧に対応)、390mAhのバッテリー容量、Bluetooth5.0採用、GPSが内蔵される。今回は細かいスペックではなく耐衝撃性能の方が気になってしまう。G-SHOCKと同等にしてほしいというのは流石に無茶だろうか。しかし1月1日リリースというのは、流石にリアルタイムで記事に出来る自信は無い。話題性はあるが、止めてくれと思っている人は意外と多いだろう。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 05/22】OnePlus 7T『52,051円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 05/15】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【69,849円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.