ハイパーガジェットチャンネル

Huawei Honor V30 ProがDxOMarkに登場!上位モデルMate 30 Proを抜き去り世界第2位に!

Pocket

カメラの画質をベンチマークスコアで表す『DxOMark』において、Huaweiの『Honor V30 Pro』がリストに加わった。カメラ画質では圧倒的な優位性を見せつけるHuaweiのサブブランド、『Honor』が放つ新端末。今回も『122』と非常に高いスコアを記録している。

122というスコアは、Huawei Mate 30 Pro 5Gに次いで現在世界第2位。上位モデルとなるHuawei Mate 30 Proよりも高いスコアを出してしまっているということだ。サブブランドにスコアを抜かれ、Huaweiの幹部はやや複雑な思いだろう。

DxOMarkにはHuawei Mate 30 Pro 5Gとの比較撮影画像が掲載されているのだが、正直言ってどれも大差が無いように見える。ディテールや色表現も近い。その中でも明らかに画質が違い、目を引いたのが自動フラッシュを使った夜のポートレート撮影だ。

まずはHuawei Mate 30 Pro 5Gから。被写体となる人物に集中して光が当たり、クッキリと描写されている。

そしてこちらがHonor V30 Pro。人物だけではく背景も美しく。不自然な光の飛び方をしてない事や、ノイズの少なさも特長だ。これは凄い。

フラッシュを使わない夜景の撮影もとにかく美しい。雲にノイズが殆どのっていない。この画質を見ると、高感度撮影はやはりHuaweiが頭一つ抜け出ている印象だ。もしくは、Honor V30 Proが優秀すぎるのか。しかし繰り返しになるが、Honorはあくまでもサブブランド。

ちなみに、Honor V30 ProはHuawei製品の様に『Leica』の監修を受けておらず、独自の『Matrix Camera Technology』を採用している。さらにRYYBフィルターを備え、HuaweiとSONYが共同開発したカメラセンサー『Sony IMX600 40MP』、画像処理能力を増した『Kirin 990』のNPU、そこに強化されたアルゴリズムを組み合わせる事で、これまで以上に低光量による画質を安定、向上させている。

先日レンダリング画像が公開され、話題となっているP40 Pro PEも含め、Honor V30 ProもGoogleライセンスに対応していないので、日本発売は絶望的。これだけの画質を持ったスマートフォンが存在するのに、使えないというのは何とも歯がゆい状況だ。カメラ目的で買ってしまうのも…ありなのか。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, HUAWEI, Huawei Honor V30 Pro, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信