Huawei Honor V30 ProがDxOMarkに登場!上位モデルMate 30 Proを抜き去り世界第2位に!

Pocket
Facebook にシェア

カメラの画質をベンチマークスコアで表す『DxOMark』において、Huaweiの『Honor V30 Pro』がリストに加わった。カメラ画質では圧倒的な優位性を見せつけるHuaweiのサブブランド、『Honor』が放つ新端末。今回も『122』と非常に高いスコアを記録している。

122というスコアは、Huawei Mate 30 Pro 5Gに次いで現在世界第2位。上位モデルとなるHuawei Mate 30 Proよりも高いスコアを出してしまっているということだ。サブブランドにスコアを抜かれ、Huaweiの幹部はやや複雑な思いだろう。

DxOMarkにはHuawei Mate 30 Pro 5Gとの比較撮影画像が掲載されているのだが、正直言ってどれも大差が無いように見える。ディテールや色表現も近い。その中でも明らかに画質が違い、目を引いたのが自動フラッシュを使った夜のポートレート撮影だ。

まずはHuawei Mate 30 Pro 5Gから。被写体となる人物に集中して光が当たり、クッキリと描写されている。

そしてこちらがHonor V30 Pro。人物だけではく背景も美しく。不自然な光の飛び方をしてない事や、ノイズの少なさも特長だ。これは凄い。

フラッシュを使わない夜景の撮影もとにかく美しい。雲にノイズが殆どのっていない。この画質を見ると、高感度撮影はやはりHuaweiが頭一つ抜け出ている印象だ。もしくは、Honor V30 Proが優秀すぎるのか。しかし繰り返しになるが、Honorはあくまでもサブブランド。

ちなみに、Honor V30 ProはHuawei製品の様に『Leica』の監修を受けておらず、独自の『Matrix Camera Technology』を採用している。さらにRYYBフィルターを備え、HuaweiとSONYが共同開発したカメラセンサー『Sony IMX600 40MP』、画像処理能力を増した『Kirin 990』のNPU、そこに強化されたアルゴリズムを組み合わせる事で、これまで以上に低光量による画質を安定、向上させている。

先日レンダリング画像が公開され、話題となっているP40 Pro PEも含め、Honor V30 ProもGoogleライセンスに対応していないので、日本発売は絶望的。これだけの画質を持ったスマートフォンが存在するのに、使えないというのは何とも歯がゆい状況だ。カメラ目的で買ってしまうのも…ありなのか。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.