OPPO Find X2のディスプレイはGalaxy S10シリーズよりハイスペックになる可能性!

一部広告リンクを使用しています。

2018年にリリースされたOPPOのフラッグシップモデル『Find X』。いち早くスライド式カメラを搭載し、全面ディスプレイデザインを実現。さらに3D認証による、精度を高めたiPhone並の顔認証システムも披露。OPPOの技術力の高さを世界に知らしめた。そして2020年、その最新モデルとなる『Find X2』がリリース予定。徐々に詳細がリークされはじめている。

Digital Chat Stationによると、Find X2はSamsungの6.5インチ立体型有機ELディスプレイを採用。解像度はFHD+(1080×2340)からQHD+(3168×1440)にアップデート。さらに表示速度は120Hzに対応予定となっている。

ディスプレイの解像度と表示速度は、ユーザーの設定に合わせて調節可能とのこと。Galaxy S20シリーズは解像度がフルHD+との情報が流れている事から、ディスプレイに関して、Galaxy S20シリーズよりはFind X2の方がハイスペックになる可能性が高い。

QHD+(3168×1440)解像度に120Hzのハイスピード表示だと電池の消費がかなり激しくなるので、外出時は設定を切り替える事が無難だ。いちいち設定項目から切り替えるのは絶対に面倒なので、家にいる時と外出時で、自動的に表示設定が切り替わる等の一工夫が欲しいところ。

また、ディスプレイの左上にはパンチホールカメラが搭載される事も付け加えられている。2020年は同じ様な見た目のディスプレイを採用したスマートフォンが更に増えそうだ。

SocにSnapdragon 865搭載、5G回線対応が既定路線か。日本でも認知度を高めているOPPOだが、恐らく10万を超えるであろうFind X2を市場に出しても動きは鈍い気がする。Find Xの時の様にとりあえず展示し、技術力の高さアピールとして使われる事になりそうだ。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

サイト内検索はコチラから

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO Find X, OPPO Find X2, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , , , ,