Xiaomiが躍進、Realmeは後退。Samsung、Vivo、Oppoは現状維持な、世界第二位のインド市場2019

Pocket
Facebook にシェア

大手スマートフォンメーカーである『Xiaomi』は、インド市場でも高い支持を受けている。IDCのデータによると、2019年度7月から11月にかけてはトップシェアをキープ。7月時点では3%程度だった2位Samsungとの差も、11月時点では9%近くまで開いている。

5位となっているRaelmeの出荷台数は、9月がピークとなり『16.74%』。しかし翌10月には9.33%まで一気に下降し、11月には8.23%と更にシェアを落としている。IDCによると、Realmeの売り上げの8割はオンラインチャンネルによるもの。それが何かしらの影響を及ぼしているのかもしれない。

Samsungは9月時点で16.19%までシェアを落とすも、11月には21%まで回復。これは9月に10.3%程度だったオンラインシェアが11月時点で18.77%に回復したことが要因として挙げられる。Galaxy M30sがインドのオンライン市場のニーズと合致したようだ。

この数字を見ると、Samsungの急激なオンラインシェア拡大により、オンライン依存率の高いRealmeのシェアが急激に低下したのは納得が出来る。対照的なのは3位のVivoと4位のOppoだ。7月から11月にかけて大きな変動はなく、平均的な数字を維持。Xiaomiのような上昇は見られないものの、しっかりとバランスのとれた経営スタイルがうかがえる。

『Apple』と『Huawei』の名前が見当たらない、中国に続き世界第2位のスマートフォン市場とされるインド。ここでの躍進がメーカーの今後を左右するのは間違いない。Xiaomiはエコシステムを浸透させる事で、更にインド市場での存在感を増す事になるだろう。そこでようやく、AppleやSamsung、Huaweiの背中が見えてくるのかもしれない。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.