OnePlus Concept Oneのブラックカラーが公開!プレミアムモデルならレザーもアリか?過去にはHuaweiも

Pocket
Facebook にシェア

OnePlusは年始に開催された『CES 2020』において、『OnePlus Concept One』というコンセプトモデルをリリース。展示されたConcept Oneは人目を引く黄色いレザーボディが特長だった。レザーはマクラーレンの『720S』に使用されているものと同じ『プレミアムレザー』が採用されている。

今回OnePlusの公式ブログに投稿された画像は、Concept Oneのニューカラー。光の当たり方によってブラック、グレーどちらにも見える。イエローモデルはマクラーレンのスポーティーな雰囲気を表しているが、ブラックモデルは対照的にファッション性を高めている。個人的にはマクラーレンにあまり興味が無いので、ブラックモデルの方が断然好みだ。

OnePlusデザインチームメンバーの『Kevin Tao』は、今後市販モデルでレザーバックデザインを採用する場合は『環境に優しく衛生面にも考慮した素材を使って、革の外観と質感を再現したい』と述べている。

OnePlusはこれまでレザーバックデザインのスマートフォンをリリースした事がないが、実は他メーカーでは既に採用されている。日本では発売されていないし、知っている人も少ないだろうがHuaweiの『Enjoy Max』というモデルがそれにあたる。

Enjoy Maxの評判がどうだったかというと、正直そこまでは良くなかった。大部分の人はスマートフォンを傷つけない為にケースをつけてしまう。もしレザーの質感を楽しみたいのであれば、レザーのケースを着ければその願望は叶ってしまう。

手に持った時の質感などはレザーの方が良いに違いないが、レザーの上からケースを着けるというのはやや抵抗がある。つまり、レザーバックデザインは、ケースを着けずにスマートフォンを利用する事を前提としたものだ。

しかしケースを着けて傷を防ぎ、出来るだけ綺麗に使って機種変する時に高く売りたいという考えは、あくまで私の様な一般人の考え。20万を超えるようなスマートフォンを購入する人は、誰かに売るという概念が、もしかしたら存在しないのかもしれない。

Enjoy Maxにはややチープな印象を受けるが、Consept Oneからはそれを感じない。もし同様の質感を再現出来るのであれば、それはそれで需要があるのかもしれない。しかし大量生産しないプレミアムモデルとして出すのであれば、マクラーレンと同じ『プレミアムレザー』のままで良い気もするが。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.