Xiaomi Mi 10シリーズのメモリは最新規格の『LPDDR5』に準拠するらしい!高速&低消費電力化が見込めるぞ!

一部広告リンクを使用しています。

Xiaomiのプロダクトディレクターである『Wang Teng Thomas』は、自身のweiboにおいて、『Mi 10』『Mi 10 Pro』に搭載されるメモリに関する投稿を行った。その内容は、メモリが最新規格の『LPDDR5』に準拠するというもの。

同じタイミングで、大手半導体製造メーカーの『Micron Technology』は、フラッグシップスマートフォン市場に向けて、『LPDDR5』DRAMの量産を開始する事を発表した。『LPDDR5』DRAMを搭載する最新のフラッグシップモデルは、Samsungの『Galaxy S20シリーズ』『XiaomiのMi 10シリーズ』のどちらかになる可能性が高い。

Micron Technologyの『LPDDR5』DRAMは、最大6.4Gbpsの高速伝送を可能に。これは『LPDDR4』DRAMの約2倍、『LPDDR4x』DRAMよりも約20%速い事になる。さらにデータにアクセスする速度も50%アップ。アプリの処理速度と操作速度が向上する事で、バッテリー寿命は5~10%延びるとしている。さらに20%の消費電力削減にも成功。高速かつ低消費電力という理想的なアップデートを遂げている。

向上したパフォーマンスにより、高度な動画編集に加え、1億画素の画像編集、さらにARゲームにも対応。100個のアプリケーションを同時に実行する事も可能だという。

せっかく最新のメモリを採用するのであれば、是非ストレージも『UFS2.1』からバージョンアップして欲しい。リリースされたばかりの『UFS 3.1』は難しいとしても、OnePlus 7TRealme X2 Proが搭載している『UFS 3.0』に変えるだけでも十分だ。体感速度は確実に向上する。『LPDDR5 DRAM』とUFS 3.0の組み合わせ。どれだけ速くなるのだろうか。それだけで十分買う価値アリだ。

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Mi 10, Xiaomi Mi 10 Pro, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , ,