Xiaomi Black Shark 3が3月3日に登場!ロゴもリニューアルしてガチモードだ!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiが出資しているゲーミングスマートフォンメーカー『Black Shark』。初期モデル『Black Shark』が市場に投入したのが2018年。そこからまだ2年も経っていないが、すでに『Black Shark』『Black Shark 2』『Black Shark 2 Pro』と3モデルをリリースしている。

先日、Black Sharkは企業ロゴデザインを刷新。これまで使われていたBlack Sharkのロゴがコチラ。

そして新しいデザインのロゴがコチラ。スタイリッシュになり、少し洗練されたイメージだ。ブランド名の由来からきている『2匹のサメ』は新しいロゴにもしっかり踏襲されている。

そしてロゴデザインリニューアルのタイミングに合わせ、Xiaomiの創業者であるLei Junは、自身のWeiboで新モデルとなる『Black Shark 3』のリリース情報を告知。公開画像には『3月3日』という具体的なリリースの日付もしっかりと明記されている。

mydrivers.comの情報によると、Black Shark 3は800回のサイクルが可能な5,000mAhの充電池を搭載。65W充電に対応し、フル充電にかかる時間はわずか38分間とのこと。ディスプレイ解像度は2K、リフレッシュレートは120Hzに対応。SocにはSnapdragon 865を搭載し、メモリはMi 10シリーズと同じ最新のLPDDR5。ストレージもUFS3.0と、現状最高のスペックを詰め込んだ贅沢仕様になる見込み。

先にリリースされたMi 10シリーズは価格が高騰。Black Shark 3に関しても、前モデルよりは確実に高い価格設定になるだろう。Mi 10がややゲームフォンよりのスペックなので、価格次第ではMi 10を購入した方が無難かもしれない。生産が遅れていて在庫が確保出来ていないのか、先行販売を行っている中国ではすでに奪い合い状態に。日本で手に入る日は、当分先かも。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.