Xiaomi Redmi K30 Proはポップアップカメラ採用で3月登場!Redmi K30から一新されるぞ!

Pocket
Facebook にシェア

Redmiは、Redmi K20 Pro(Xiaomi Mi 9T Pro)を廃番にすることを正式に発表した。まだHP上にデータは残った状態だが、公式ストアから購入する事は完全に出来なくなった。Redmi K20シリーズに使われた高い技術力と斬新なデザインは、世界中から高い評価を受け、シリーズの累計販売台数は500万台を超えた。

そしてRedmi K20 Proの廃番と共に、次期モデルとなる『Redmi K30 Pro』のティザーが公式のWeiboに登場した。ティザーにはディスプレイ上部分の画像が描かれており、そこには下位モデルとなるRedmi K30には存在したパンチホールの姿が見当たらない。つまり、フロントカメラは仕様が異なり、ポップアップカメラが採用されることを意味している。

さらに本体右側には、『音量調節』と『電源』らしきボタンを確認する事ができる。Redmi K30はサイドに指紋認証が備えられていたので、ボタンとボタンの幅が広くとられていた。この事から、Redmi K30 Proはサイドの指紋認証が無くなり、ディスプレイ内に移動する事が想定される。また、ディスプレイ内指紋認証が採用されるという事は、液晶から有機ELに変更される可能性も高い。

背面デザインに関してはまだ明らかになっていないが、@Slashleaksによってリークされた画像では、Redmi K30のカメラデザインを多少変更するにとどまっている。このカメラデザインが市場で好評を得ているとは言い難いが、メタリックな雰囲気からフロストカラーに変更するなどすれば、カメラ回りが目立たなくなり、印象がガラッと変わるかもしれない。

Redmi K20シリーズは上位モデルと下位モデルのデザインが全く同じだったが、やはりコスト的に折り合いが悪かったのかもしれない。私はRedmi K20ことXiaomi Mi 9Tを所有しているが、ミッドレンジとしては出来が良すぎるので、メーカー側からしたら、明らかに利益がとれていないだろうと強く感じていた。

公開されたティザーには3月という具体的な日付も明記されているので、あと少し待てばいろいろとリアルな情報が流れ始めるだろう。超大人気モデルの後継機に注目が集まる。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.