高感度撮影対応!超カメラスマホHuawei P30が爆安で買えるのはOCN モバイル ONE!希少なGoogle対応端末

一部広告リンクを使用しています。

世界トップクラスの画質を誇るカメラスマートフォンP30 Proの兄弟機にあたる『P30』。SocにはP30 Proと同じ、デュアルAIエンジンを搭載した『Kirin 980』が搭載されています。さらに通常のスマートフォンは2倍程度の光学ズームが3倍。高度なソフトウェアによる解析を組み合わせたハイブリッドズームは5倍劣化をおさえたデジタルズームは30倍まで対応します。

そしてISO感度は204800という未知の対応領域に。暗い場所での撮影も手ブレせずにくっきりと。星空の撮影も可能です。最高の画質で写真が撮りたいけどP30 Proはちょっと高くて手が出ない。P30 Proの遺伝子を受け継いだP30がその希望をかなえます。

そんな最強のカメラ性能を有するP30。カメラ部分だけでもコストが相当かかっているので、お値段も当然高いです。コストを抑えて良い画質を得ようというのなナンセンス。ちなみにAmazonでの販売価格はコチラ。

73,800円。やはり中々。しかし注目したいのは評価です。7万超えながら評価はほぼ全ての人が満点評価。つまり価格に性能が見合っているという事。流石世界一のカメラスマホメーカーHuawei。しかしどうせだったら、もう少し安く手に入れたいですよね。

MVNO各社でもP30の取り扱いは行っています。その中でダントツで安いのがOCN モバイル ONE。1社だけダントツで安いです。驚きの価格がコチラ。

音声SIMと同時契約すれば、税込みで52,800円。Amazonより2万円以上安いです。そして更に注目なのが、他社からの乗り換えであればさらに5,000円安くなります。つまり税込みで47,800円Amazonより26,000円も安い!これはもう一台スマホが買えてしまいます。スマホが必要ない人にはタブレットがオススメ。P30で撮った超高画質写真を大画面で堪能しましょう。

あまりに安いので在庫切れが目立つOCN モバイル ONEの端末販売。今ダントツで安くて在庫が残っているのはP30くらいです。つまり次に売り切れるのはおそらくP30。超高画質なフラッグシップモデル。機種変のタイミングの人はOCN モバイル ONEP30ゲットだぜ!

P30はこんなスマートフォン

地球を感じる壮大なデザインテーマ

HuaweiのP30、ブリージングクリスタルは雄大な空や海といった自然をテーマにデザイン。最先端技術によるグラデーション鏡面加工は、見る角度や光の当たり方によってその表情を変えます。オーロラは超高感度撮影に対応し、星空を美しく撮影できるISO204800に対応するP30の性能をデザインにも取り入れています。美しすぎる夜空のアートがP30に宿ります。

 

 

世界最高品質のカメラを3つ搭載

世界的に有名なカメラメーカーLeica(ライカ)の監修を受けているHuaweiのPシリーズ。P30でもその進化した技術が存分に使われています。3つに増えたトリプルレンズはメインカメラが4000万画素の高解像度を実現。

1600万画素の超広角カメラ(35mm換算水平17mm、F2.2)はP30のデザインテーマともなっている大自然を撮るのに最適。さらに他のフラッグシップモデルと比較しても高倍率な光学3倍の望遠カメラ。Leicaの息のかかったカメラを3つも搭載している超贅沢仕様。それがP30です。

 

あなたのお気に入りを、 もっと近くに

P30搭載され注目されている技術の一つ。それが5倍のハイブリッドズームです。光学ズームは3倍までで、そこから先は独自のデジタル処理が施されます。4000万画素の超高解像に鮮やかな色表現、そして最高性能のAIによる手ブレ補正技術がデジタルズームの域を超え、これまでにスマートフォンでは実現出来なかった、美しさや解像度を維持した、実用レベルでの5倍ズームを実現しています。

さらに、5倍からはソフトウェア解析を駆使したデジタルズー厶に。倍率は30倍まで対応。流石に30倍までいくと画質が落ちますが、遥か彼方にある被写体を手前まで引き寄せて撮影出来ます。

進化した望遠レンズは画像劣化を抑え、光学ズームの可能性を広げます。約4000万画素のメインカメラの色彩とAI手振れ補正技術が合わさり、望遠レンズが今まで見たことのないような高解像で明瞭な5倍ハイブリッドズームを実現。さらに、30倍デジタルズームを使用すれば、例えば月をも目の前に引き寄せることもできます。

RYYBが作り出す新たな世界

センサーにはSONYのIMX 650を採用。殆どのフラッグシップモデルが採用しているのはIMX 586と言うモデルで、IMX 650を使っているのらHuaweiのP30 ProとP30のみ。また、通常はRGGBの色を使ったベイヤー配列と呼ばれる並びが一般的なのに対し、P30はRYYBに変更。

Yを増やした事により光の取得量を40%拡大。さらに業界最高性能を誇るKirin 980の画像処理能力、学習型AIアルゴリズムシステムの採用により、世界最高のクオリティで高感度撮影が可能になりました。

■他社のスマートフォンで撮った写真

■P30で撮った写真

 

高感度撮影による画質を異次元に

ISO感度204800。一眼レフで写真を撮った事がある人であれば、この数字をみてギョッとする事でしょう。ISOの数値が高くなればなるほど、感度が上がり、シャッタースピードが早くなります。つまり手ブレが少なくなります。

ただし、弊害として数値を上げれば上げるほど画像は劣化してザラザラに。とても常用はできないクオリティに画質が下がってしまいます。P30はRYYBという色の採用や画像処理能力の高さで画質の劣化をカバー。高感度撮影においてもザラつきの少ない明瞭な画像を提供します。

■他社のスマートフォンで撮った写真

■P30で撮った写真

 

プロが照明を当てたようにドラマチック

何十万種類に及ぶ逆光や光の少ない場所のデータを徹底的に分析し、それを元に高度なAI HDRシステムを構築。Kirin 980による世界最高スペックの画像処理能力により、被写体をそれぞれ別のパーツとして認識します。色や光のバランスも最適化したものが別々に設定されるので、立体感があり、まるで何かのワンシーンのような一枚に。

 

憧れの描写、川の流れを手持ちでアートに

デジタルカメラで川の流れを美しく撮るためには三脚が必須です。後は場合によって光を抑えるレンズフィルターの用意も。それくらい撮るのに手間がかかり、難しいということです。

P30の場合、AI機能が手ブレを補正し、手持ちで長時間露光が可能に。手持ちで糸を引くような、撮り方が分からない人は確実に憧れるあの写真が撮れるんです。もう三脚もフィルターも不要です。

広がる絶景の感動を持ち帰る

ただ広く撮れるだけでは意味がない。P30が搭載する世界最高スペックの画像処理エンジンやセンサーが無ければ、ここまで繊細かつ躍動感のある自然を撮ることは出来ません。広角こそ、是非他のスマートフォンと撮り比べてみて下さい。山、海、川。同じ構図でも、そこには別の世界が広がっています。

 

マクロ中毒になる人続出。撮りすぎ注意

P30は2.5cmの距離まで被写体に近づいて撮影をすることが出来ます。実際2.5cmの距離で何かを見ることってありますか?殆どないと思います。そこに自分が小人にでもなったかのような光景が。

通常のカメラではピントが合わないので接写は不可能。一度マクロ撮影を覚えると、マクロばかり撮る人も多いです。それくらい魅力的で面白い。P30を購入したら、まずはじめに使ってもらいたい撮影機能の一つです。

 

流れる曲線を描いた両面3D加工

両面立体的に3D加工された、流れるように美しいデザインは、どこかGalaxyを彷彿と。ノッチスペースは極限まで小さく設計され、画面占有率を高めています。6.1インチの大き目なディスプレイに使われているのは勿論有機EL。撮った写真や動画の発色をハイコントラストで目いっぱい楽しめるのと、ダークモード表示で省エネ設定も簡単。

 

見た目と実用性を兼ね備えたベストデザイン

両面に立体的な3D加工を施したことにより、片手で持った時のフィット感は抜群に。また、ディスプレイ内には光学式の指紋認証センサーを搭載。美しいデザインを損なわず、セキュリティの精度も高めています。

 

AI機能の強化がもたらす最高のパフォーマンス

P30が搭載しているのはHuawei至上最高スペックのKirin 980。Kirin 980にはNPUというAI専用のプロセッサーが2つも搭載されています。NPU性能の大幅な向上により、AIのパフォーマンスは226%、さらに連続駆動時間が高める電力効率は182%。さらに高速処理まで実現しています。別人のように頭が良くなって、オートマチック機能が遥かに上昇。そしてスピードも加速した。そんなイメージです。

 

あっという間に充電が終わる超急速充電機能

P30の充電機能は22.5Wの超急速充電に対応。あまり充電速度が速いと安全面で心配になりますが、ティュフラインランド(製品安全試験・認証、マネジメントシステム認証を行う国際的な第三者機関)の安全認証を取得。世界的に有名な第三者機関の認証を得ることで、信頼線は抜群です。朝に充電をし忘れていても準備の間に1日の利用分は充電完了。充電ストレスから解放されます。

OCN モバイル ONEのオススメポイント

OCN モバイル ONEはデータ通信と通話がセットで1,298円(税込)

1GBのデータ通信量に加え、通話用の電話番号がしっかりと付与(SMSメッセージ送受信にも対応)されて、月々たったの1,298円(税込)。この利用料金で、スマートフォンを利用するための環境が整ってしまう。LINEを連絡手段のメインとして使っている人が殆どだとは思うが、電話番号は何かと必要。通話をする為の最低限の装備と考えれば格安だ。

OCN モバイル ONEは光回線と同時契約するとさらにお得に

OCNは光回線も提供しているので、スマートフォン用のSIMと同時に契約すると、月々220円の割引を受ける事が出来る。1,298円の利用料金が更に安くなり、月々1,078円で電話番号付きのスマートフォン通信環境が手に入る。SIMを乗り換えるのであれば、同時に家の回線変更も検討してみては。

OCN モバイル ONEの先着2万名『10分かけ放題』500円割引キャンペーンが超お得

OCN モバイル ONEには『10分間のかけ放題サービス(回数制限なし)』が用意されている。通常かけ放題サービスを追加するとは935円(税込)かかるのだが、先着2万名限定(3月31日(火)まで)で6ヵ月間の500円(総額3,000円)割引になるキャンペーンを行っている。6ヵ月の間は、10分のかけ放題がついて『1,733円(税込)』という信じられない安さでスマートフォンを利用出来る。

ちなみに光回線と同時契約による『OCN光モバイル割』との併用も可能(オペレーターに確認済)。その場合1,733円が1,513円(税込)に。10分間のかけ放題がついているとは思えない安さ。ちなみにOCN モバイル ONEは解約金なし。6ヵ月を過ぎたら解約しても問題なし。キャンペーンは定員数に到達次第予告なく打ち切られるので、注意が必要だ。

OCN モバイル ONEは通信量を気にせず音楽聴き放題

格安SIM各社が提供している、オリジナルサービス『カウントフリー』。特定のサービスが、通信量カウントフリーで使い放題になるというもの。OCN モバイル ONEが提供しているカウントフリーは『MUSICカウントフリー』。『amazon music』『Spotify』『Google Play Music』『LINE MUSIC』といった、有名どころの音楽配信サービスはほぼ聴き放題に。

音楽が好きな人は一日何時間も聞いているので、通信量を気にする人はわざわざ端末に曲をダウンロードしている。端末内に曲を入れるとストレージ容量が圧迫されてしまうのでストレスに。そのストレスから解放されるというだけでも、OCN モバイル ONEを契約する価値ありだ。『MUSICカウントフリー』サービスを利用するには、OCN モバイル ONEが公開している専用ページから登録が必要なので、その点だけ注意が必要だ。

OCN モバイル ONEは節約モード(低速)でもある程度は快適に使える

通信量を使い切ってしまった後の『通信速度制限』時や、高速通信をOFFにした『節約モード』使用時のスピードは200kbps。同じ状況で『128kbps』という格安SIMもあるので、比較すると若干速め。そしてOCN モバイル ONEの節約モードは『バースト転送機能』にも対応する。バースト転送機能のは低速時のオマケ的なもので、ある一定の通信容量までは高速通信を行い、読み込み速度を早めてくれる。バースト転送機能がついている、いないでは大違いなのでOCN モバイル ONEのサービスは優良と言える。

OCN モバイル ONEなら全国のWi-Fiスポットが使い放題

OCN モバイル ONEユーザーであれば、『カフェ』『駅』『空港』『ホテル』といった、全国8万か所以上のアクセスポイントを無料で利用する事が出来る。Wi-Fiを無料で使えるスポットは全国的に増えてきているが、セキュリティの問題から、使うのを躊躇してしまう。OCN モバイル ONEはWPA2方式での暗号化を行う『Secured Wi-Fiエリア』に対応。セキュリティが万全なので、仕事のやりとりにも安心して使える。

OCN モバイル ONEではスマホ本体が超安い

OCN モバイル ONEではスマートフォン本体の購入と回線の契約が同時に可能。そしてそのスマートフォン本体価格が信じられないほど安い。他の格安SIM業者と比較してみたが、なぜかOCN モバイル ONEだけが圧倒的に安い。どうしてここまで安く出来るのかは謎だが、どうせ買うなら安い方が良いに決まっている。人気端末も揃っている。自分の欲しい端末が販売されているか、一度覗いてみるとも良いかもしれない。

OCN モバイル ONEはモナWi-Fiとの組み合わせが最強

OCN モバイル ONEの一番の魅力は格安で『通話対応SIM』の契約が出来る事。ガッツリ使うのであれば、まずはOCN モバイル ONEで電話番号をゲットし、通信用には、別のデータ用SIMを用意するのが理想だ。そこでオススメしたいのが『モナWi-Fi』。

モナWi-Fiであれば、2,980円(ハイガジェ限定クーポン利用時)で100GB(300GBの裏SIMプランもアリ)の通信量を手に入れる事が出来る。電話番頭付きの通話環境と、100GB(正確には101GB)の通信超大容量がセットで5,000円以下docomoSoftbankauで契約している人からしたら、目玉が飛び出しそうな激安料金。通信料を抑えたいスマホヘビーユーザーには、『OCN モバイル ONE』と『モナWi-Fi』の組み合わせがベストマッチだ。

OCN モバイル ONEは解約金がゼロ

『1年以内に解約した場合は9,500円の解約金が発生します』といった注意書きが、小さく書いているのを見た事があるのでは無いだろうか。契約してからその事実を知り、愕然とすることも。安いサービスには、やはり注意が必要だ。OCN モバイル ONEも、明らかに安い部類に入るサービス。解約金を請求されても何らおかしくはない。しかしOCN モバイル ONEの解約金は『0円』。いつ解約するかは、契約者次第だ。

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, HUAWEI, Huawei P30, Kirin 980, OCNモバイル, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報
-, , , , , , ,